自衛隊に配備された小火器は国産が主だが、今や特殊部隊や一部職種の隊員に限り、外国製の高性能銃器をも配備! そう書くとなんか国産が低性能みたい!



レミントンM24SWS

ボルトアクション式対人狙撃銃。本銃は「自衛隊のスナイパー」のページでご紹介しています。

64式小銃(豊和工業)

64_new_2010_003tgert

陸上自衛隊による対テロ訓練展示にて銃剣を装着状態の64式7.62mm小銃を持つ小銃手。(撮影者・jieitaisaiyou.com)

長らく陸自の主力部隊に制式配備された64式。現在は後方職種へ・・

陸上自衛隊の主力部隊である普通科では近年、広い部隊で89式小銃が行き渡りましたが、64式小銃も後方職種や航空自衛隊基地警備隊/教導隊、海上自衛隊の陸警隊では現役です。航空自衛隊の一部の64式はフォアグリップを追加で取り付けて、近接戦闘向けに改良されていることも特筆に値するでしょう。

今でこそ、陸自特殊作戦群では米軍の標準カービンM4や、MP7、海自特警隊ではH&K HK416、さらに警察SATも使用するMP5を採用するなど、最新の銃を垣根無く取りいれる動きも活発な自衛隊ですが、64式は戦後半世紀にわたって今なお現役ですから、いい加減、引退させたげて……という一部の声もあります。

警察もかつてはSATの前身部隊であるSAPにて64式を配備しており、海上保安庁においては現在も主力小銃として配備が行われています。なお、自衛隊と警察の64式は処女ですが、海上保安庁の配備する64式は工作船事件で戦闘を経験しており、バトルプルーフされています。

642016000534

製造メーカーは豊和工業

空・油圧機器、工作機械を製造している豊和工業では自衛隊の制式小銃である89式、64式のほか、警察SATも採用するM1500(民間向けの猟銃)、果ては迫撃砲も製造販売しています。かつてはM16の原型となったAR-18の単発オンリーモデルをライセンス生産して海外輸出していましたが、連射できるように改造されてIRAに使用されたため、製造中止になったという逸話があります。

この64式小銃には普通弾のほか徹甲弾、曳光弾なども用意されています。被覆鋼弾はフルメタルジャケット弾とも呼ばれる通常弾で、ハーグ陸戦条約に基づき「人体に不必要な苦痛を与えない」として、各国の軍隊が使用しています。ホローポイント弾に比べると体内で変形しないとされます。

5.56mm機関銃MINIMI

「5.56mm機関銃MINIMI」は米軍も採用するベルギーFN社のM249″MINIMI”を住友重機で国産化したものです。カテゴリーはいわゆる軽機関銃、ライトマシンガン(LMG)です。口径も5.56ミリと、それまで自衛隊が広く配備していた分隊支援火器である62式の7.62ミリ口径に比べ、小口径化されていますが、一般隊員用の標準火器である89式用の弾薬と共通化できる利点もあります。
160209-M-VZ995-106近年陸自では5.56mm機関銃MINIMIにもスコープを装着している。
minimi634563467u875
5.56mm機関銃MINIMIの脚(バイポッド)を掴んで射撃姿勢をとる陸自隊員と猫シャンの絵の箱。

5.56mm機関銃MINIMI 2D-RI-8 (方面隊総合戦闘力演習)_R

5.56mm機関銃MINIMI 2D-RI-8 (方面隊総合戦闘力演習)_R(写真引用元:防衛省陸上自衛隊公式HP) 射手は標準のアイアンサイトで狙いをつけている。

暴発事故やデータ改ざんなど

住友重機製5.56mm機関銃MINIMIは特定条件下では弾詰まりや暴発してしまうことがあり、現在その特定条件に至る方法を行うことは禁止されています。また、5.56mm機関銃MINIMIをめぐっては2013年、自衛隊の要求する性能を満たしていないのに、満たしているかのようにデーターを改ざんして10年以上にわたり納入されていたことも発覚しています。

典拠元 朝日新聞社
http://www.asahi.com/articles/TKY201312130454.html

62式から順次更新

5.56mm機関銃MINIMIは62式から順次更新されていますが、日経BPによれば「自衛隊が62式機関銃を5.56mm機関銃MINIMIに更新すれば、敵軍が5.56mm以上の口径の機関銃を装備している場合、自衛隊の5.56mm機関銃MINIMIの有効射程外から、一方的に敵は有利な銃撃を浴びせられ、62式からの解放は同時に恐ろしいハンディキャップになる」という主旨の指摘をしています。

89式 プラスチックを多用した軽量小銃・・・最近の流行はゴテゴテ装備の”市街地戦闘仕様” CQBモード

日本の豊和工業が、かつてライセンス生産していたフェアチャイルド社のアーマライトAR-18を基に開発した5.56ミリ口径の自動小銃です。

64式7.62mm小銃の後継として開発され、1989年に制式化されました。主に陸上自衛隊に配備され、海上自衛隊では特殊部隊、陸警隊、立入検査隊にも少数が配備されていますが、航空自衛隊には全く配備されていません(隠しているかもしれませんが)。

自衛隊の他では海上保安庁、警察のSAT(特殊急襲部隊)に配備されています。警察ではSAT以外にも、機動隊の銃器対策部隊に配備する計画案が浮上しています。その際は連射モードを廃した”警察仕様”に?
訓練中の隊員。89式は光学照準器を装着している。

yaei89shikiinyou

昨今、自衛隊では市街地戦闘における閉所戦闘の重要性を意識しており、89式を対テロ・ゲリコマ仕様にアップデートしています。レーザーサイト、ダットサイト、フラッシュライトを取り付けてのサイティング向上、バーチカルグリップを装着しての取り回し向上化などを行って、もっぱら閉所、つまり屋内戦闘型に特化。

敵軍の艦艇に強襲する海上自衛隊特殊部隊でも、ハンドガードの下部にグリップハンドルを取り付けているのが公開訓練で確認されています。空自では64式にフォアグリップを付けるなど、さらに豪快です。

89koushikirikuji001 89inyou00535

マガジンに装填中の写真。弾は5.56ミリの小口径高速弾を使用。ただし、火薬は減らされている。
Iron_Fist_2012_jgsdf_type_89_0001

陸自特殊作戦群においてはM4の使用が防衛省の公式資料と日本人元米兵による犯罪の裁判などで明らかになっていますが、一般部隊にM4を配備するには莫大な費用、それに89式からM4への転換訓練が不可欠であり、一般部隊にM4が配備される可能性は少ないと見られています。

最近は外国製銃器もお安くないですしね。

89式の全長は固定ストック式で916mmと、米軍が現在広く配備しているM4カービンの840mmより、やや長いだけで実にコンパクトな設計です。

89式のセレクターは、なぜ銃の右側面に設けられているのか?

160201-M-HF454-800日本の制式小銃を手に頬を緩ませる海兵隊員は何を思ったか。
89inyou89666
89式小銃は単発、連発、そして3点射(バースト)の3つの発射モードを任意にセレクター・レバーによって切り替え可能です。通常の操作では、この3つのモード、それにセイフティ(安全)を加えた4つの位置をレバーで随時、切り替えてoperationを行います。切り替えレバーは軸を中心に円を描くように移動し、その順序はア(安全)、レ(連発)、3(3点制限点射)、タ(単発)となり、それぞれのモードに切り替え可能です。しかし、構造上、”ア”(安全位置)からすぐ隣の”タ”(単発位置)へ、ダイレクトにレバーは動けず、”レ”と”3”の位置を通過してから”タ”位置へ移動させねばなりません。また、諸外国の現代的な小銃が銃の左側面に設置しているこのセレクター・レバーが、89式では標準で右側面に設けられています。レバーの操作にあたっては、いったんグリップから右手を離し、レバーを親指と人差し指で挟んで操作することになっています。ただ、セレクター・レバーの軸自体は銃の左側面に貫通しており、この軸の端に設けられた白線の指標によって、射手がレバーのモードを左側からでも目視で確認できるように工夫されています。このセレクターの位置は、これまで長らく89式の及第点と考えられてきましたが、イラクの復興のための派遣時に改修が行われ、89式の左側面にも切り替えレバーを追加することで右手の親指でレバーを動かせるように画期的な改修が成されました。現在では陸自の各普通科連隊で同じ改修が進んでおり、これには現場の隊員もおおむね喝采を送っています。小銃の発射モード切替は戦闘中、とくに重要な機能の一つとなっており、米軍の制式小銃M4もレバーによる切り替え方式を採用し、通常は右手の親指で容易に切り替え可能です。旧ソ連で開発されたAK-47も実は89式と同様に右側セレクターですが、こちらは89式よりもずっと大型かつ直線的で扱いやすく工夫されており、人差し指一本で操作できます。中にはオーストラリア軍のステアーAUGのようにトリッガー(引き金)を途中で止めると単発、引き切ると連射に切り替える特殊な方式や、ストック下面に大型のセレクターレバーを持つFA-MASのような特異な方式もあります。ただ、89式の開発参考となったAR-18は左側面に設けられていますが、64式の開発母体となったM14は右側にセレクターレバーが設置されており、これに倣った64式も右側面設置で設計されました。ですから、その思想自体は自衛隊独自ではなく米軍における小銃運用からの流れを汲んでいると言えるでしょう。また、小銃の切り替えレバーは自衛隊の行う「匍匐前進」とも密接に関係しています。通常、地面の上を匍匐前進する場合は小銃の被筒を右手でつかみ、横にして前進します。その際、銃の右側面が上で、左側面が下方です。つまり、レバーは引っ掛かり防止の観点から、右側面にあったほうが意図せぬ切り替えが起こる危険性を排除できるため、都合が良いわけです。

先進個人装備システムと先進軽量化小銃について

08gihon106

防衛省自衛隊では現在、89式をバージョンアップもしくは派生させた「先進軽量化小銃」の試験開発をメーカーの豊和工業と共同で進めています。これは、防衛省技術研究本部の行っている、隊員の先進個人装備システムのなかの計画の一つで、隊員にカメラGPS、バイタルセンサなどを装着させ、隊員の位置や負傷の程度などの情報を無線LANによる中継で指揮所で一括管理または共有させる計画です。08gihon107

上記の画像は「防衛技術シンポジウム2008」にて参考展示された先進軽量化小銃のモックアップ・モデルですが、ハンドガードがピカティニータイプにされ、アッパーフレーム上部にもレイル搭載となり、ダットサイトなどの搭載が容易になるようです。89式は試験配備から20余年を経て、ようやく大規模な実戦的改修に入ったといえるでしょう。日本政府の行っている未来自衛隊プログラムは自衛隊員人一人を高度な戦闘マシンにします。

Modernized-Howa-Type-89-660

こちらは、防衛博覧会で展示されたモックアップとは、別の参考品。ストックが2008年に展示されたものと異なり、米軍の配備するスカー小銃と似た、射手の体格に合わせることが可能な伸縮式スライド型ストックになったほか、レシーバー上部に搭載された大型のサーマルビジョンらしき装備が目を引く。なお、これらは東京マルイの電動ガンを改造したモックアップ・モデル。

このように、89式をアップグレードしながら使うのか、新たな次世代小銃を新規配備するのか注目を集めています。

富士駐屯地に所在する陸上自衛隊開発実験団では陸自の装備品の実験と開発を行っていますが、その研究において、必要であることから外国製の小銃や武器を入手して性能試験を行っています。

現在、陸上自衛隊開発実験団が参考品として保有する外国製の小火器はAK-47、スカー新型小銃、ステアーAUG、ヘッケラー&コッホG36、HK416などといったモデルです。89式の後継銃を開発するにあたり、これらを参考としています。

89式小銃まとめ

  1. 陸上自衛隊の多くの第一線部隊は64式から89式小銃に更新されている。
  2. 海上自衛隊では最近配備が始まった。
  3. 89式小銃は警視庁や海上保安庁も配備しているが、航空自衛隊では配備されていない。
  4. 89式小銃は近代的改修が進んでいる。
  5. 89式の後継となる新型小銃も開発中と見られる。

このようにまとまりました。


スポンサーリンク