自衛隊の5.56mm機関銃MINIMIはFN M249 MINIMIを住友重機で国産化した装備品

「5.56mm機関銃MINIMI(ミニミ)」は米軍も採用するベルギーFNハースタル社のM249″MINIMI”を住友重機で国産化した軽機関銃(LMG)です。2019年度までライセンス生産で、4,922丁が生産されています。

それまで自衛隊が広く配備していた分隊支援火器である7.62mmの62式に比べ、5.56mmへ小口径化されていますが、一般隊員用の標準火器である89式用の弾薬と共通化できる利点があります。

62式7.62mm機関銃を崇めなさい

5.56mm機関銃MINIMIの脚(バイポッド)を掴んで射撃姿勢をとる陸自隊員と猫シャンの絵の箱。近年陸自では5.56mm機関銃MINIMIにもスコープを装着している。射手は標準装備のアイアンサイトではなく、照準眼鏡で狙いをつけている。(写真引用元:陸上自衛隊公式HP


スポンサーリンク

暴発事故やデータ改ざんなど

住友重機製5.56mm機関銃MINIMIは特定条件下では弾詰まりや暴発してしまうことがあり、現在その特定条件に至る方法を行うことは禁止されています。

ミニミ

また、5.56mm機関銃MINIMIをめぐっては、2013年に自衛隊の要求する性能を満たしていないにもかかわらず、満たしているかのようにデータを改ざんして10年以上にわたって納入されていたことも発覚しています。

典拠元 朝日新聞社 http://www.asahi.com/articles/TKY201312130454.html

62式から順次更新されるも射程距離を危惧する声も

自衛隊のミニミ

日経BPによれば「自衛隊が62式機関銃を5.56mm機関銃MINIMIに更新すれば、敵軍が5.56mm以上の口径の機関銃を装備している場合、MINIMIの有効射程外から、一方的に敵は有利な銃撃を浴びせられ、62式からの解放は同時に恐ろしいハンディキャップになる」という主旨の指摘をしています。

2019年から後継機関銃の選定試験が開始されており、ベルギーのFMハースタル MINIMI、ドイツのHK MG5、そして住友重機の開発した新型機関銃の3種でトライアルが行われたようです。

しかし、この開発中の新型機関銃を巡っては住友重機の下請け企業が日本政府に無許可で同銃の設計図を中国企業へ提出する政治的な問題が起きており、日本政府は遺憾を表明。2021年、日経新聞の報道では同社は機関銃の製造から撤退するものと見られています。

このため、後継は先述のベルギーのFMハースタル MINIMI、またはドイツのHK MG5になると見られ、ライセンス生産ではなく輸入になるものと見られています。


スポンサーリンク