9ミリ機関けん銃は99年から戦車隊員や指揮官用として配備された新しい機関拳銃。だが「従来の9mm拳銃や折り曲げ銃床式の89式の方がはるかにマシ」などという意見も……。



一部評論家に「使い勝手の悪いギャング向けの銃」とさえ言わしめた9mm機関けん銃は究極の駄作か、それとも・・・。

9mmkikanjyuinyou9mm機関けん銃は1999年から3自衛隊に配備されているミネベア製の新型国産短機関銃です。一丁当たりの調達価格は付属品を含めて約40万円となっています。制式名称は「機関けん銃」ですが、諸外国の短機関銃とカテゴリーは同じです。なお、愛称は公募でつけられた「エムナイン」ですが、米軍の採用しているベレッタM9ピストルとは関係がなく、隊員もあまりこの名称を好みません。左の画像は陸自が公式サイト上で掲載している試作モデルで、実際に配備されている本製品とは細部が異なっています。陸上自衛隊では機甲科、第一空挺団、第12旅団、西部方面普通科連隊など、航空自衛隊では基地警備隊、海上自衛隊では艦艇搭載の個人用火器、さらに臨検部隊の立入検査隊に配備されています。

また、特殊部隊である特別警備隊にも配備されたようですが、その扱いにくさから、より高性能のMP5短機関銃に更新されたともされています。

機構はセミ/フル切り替え式のオープンボルト撃発式になっており、全長339mm。重量は約3キロ。有効射程距離はおよそ25メートル。口径9ミリ、25発装てんの箱型グリップマガジンを備えています。

銃の前部下面にフォアグリップを備えますが、ストックはなく、スリングで体に固定し射撃します。外見的な特徴は誰が見ても明らかですが、イングラム、イスラエル製のマイクロUZIを模倣していますが、ガンビズ専門の弁護士から訴訟を起こされたという話は無い様子です。裏で話が着いていたりして。

なお、本銃にダットサイトやサイレンサーが装備された写真が公表されたことは無いため、現状ではアクセサリー類は皆無と見られています。

米国ヤキマのトレーニングセンターで訓練中の陸上自衛隊員が携行している9mm機関けん銃。64式同様に、部品脱落防止のため本体にビニールテープが巻かれている点に留意。

当初は全国の陸自部隊の指揮官や戦車乗員の個人防衛火器として配備される予定でしたが、実際のところ計画は変更され、第一空挺団や西部方面普通科連隊など一部に配備されたのち、配備計画は終了しています。

このため、北海道の北部方面隊などではまったく配備されておらず、陸自では”ご当地装備品”であるとも言えるでしょう。ただ、海自と空自では今なお調達されており、全国の海自および空自基地では警備用火器としてポピュラーです。


スポンサーリンク

折り曲げ銃床式の89式の方がはるかにマシなんだぞ

機関けん銃の評価は高くないという意見もある。むしろ89式の折り曲げ銃床式のほうがマシであるという指揮官の意見が元自衛官の著書『そこが変だよ自衛隊!』などに掲載されています。また、軍事ジャーナリストの清谷信一氏も著書「防衛破綻」において、本プロダクツに懐疑的な見方を示しており、下記のように評しています。

「機関けん銃は「マイクロUZIの劣化コピーで、使い勝手の悪いギャング向けの銃。切り札である第一空挺に玩具とは」

典拠元 清谷信一著「防衛破綻」より

このように、本プロダクツの部内外からの評価は決して高いものとは言えないのが実情です。

この9mm機関けん銃は各部隊に配備されたのち、不具合が確認されたとして陸自では新たな配備が打ち切られています。

海自特別警備隊でも、外国軍のアドバイザーからの助言により、早々に諸外国で主流の高性能サブマシンガンMP5を導入したと言われています。一方で、海自の立入検査隊や空自の基地警備隊ではMP5を使用せず、今も9ミリ機関けん銃の調達が進んでいます。

なお、余談ですが「女性自衛官が機関拳銃を持つことは実際ない」と、自衛隊地本加茂地域事務所長が、同公式ページ内に設けられた趣味の自作フィギュア(女性自衛官)制作のページにて言及されていました。なかなか興味深いプロダクツですよね。


スポンサーリンク