海上自衛隊特殊部隊『特別警備隊』の装備と部隊概要

特別警備隊 Special Boarding Unit 通称、SBUと海自の新任務「臨検」および「海賊対処」

海上自衛隊特別警備隊は2001年に自衛艦隊の直轄部隊である広島県の海上自衛隊江田島地区(基地)に創設された3自衛隊で初の特殊部隊だ。陸海両用部隊とされ、陸上自衛隊の特殊作戦群と同様、隊員のレベルは究極だ。

海上自衛隊の本来任務の一つに、有事や海上警備行動発令時における外国船舶に対する臨検があるが、近年では工作船で日本人拉致を公然と行う北朝鮮政府への対応や、国際協力活動としての海賊問題対処など、任務は多様化するばかりだ。

また、海上自衛隊にはレーダーなどを用いて海峡などを行き交う外国艦船の監視警戒を行なう「警備所」があり、重要施設を敵軍のゲリラ・コマンドゥ攻撃から警備するためにも特殊部隊の必要性が議論されていたなかでのSBU創設であった。

特殊部隊『特別警備隊』創設の直接のきっかけは『不審船事件』と自衛隊史上初の海上警備行動の発令

SBU創設には1999年に発生した不審船(工作船)事件が大きくかかわっている。当時の工作船事件の詳しい解説は以下のページで行った。

特殊部隊SBUや護衛艦付き立入検査隊編制のきっかけとなった北朝鮮の工作船事件とは

結果的に、この事件は海上自衛隊に3自衛隊初となる特殊部隊が生まれたきっかけとなった。

特別警備隊のモデルは米国海軍特殊部隊Navy SEALs

ホバーリングするヘリから海中へ降下するNavy SEALs隊員

ホバーリングするヘリから海中へ降下するNavy SEALs隊員。『Navy SEALs 特殊部隊ネイビーシールズのデモンストレーション』より 出典 USA Military Channel

SBUはどの国の特殊部隊を手本としたか。自衛隊の同盟軍たる米国海軍の特殊部隊Navy SEALs(ネイビーシールズ)だ。Navy SEALsは米軍を代表する精鋭部隊であり、各国軍のエリートフォーセスが教本とする部隊だ。海自特警隊も例外ではなく、Navy SEALsの根城であるサンディエゴ米海軍基地へ派遣されて訓練を受けている。

一方、平成12年2月から3月の間、イギリス海兵隊の特殊舟艇部隊SBS(Special Boat Service)関係者が、特別警備隊に対して基礎訓練を行ったことが報じられている。

また、陸上自衛隊の第1空挺団空挺教育隊にて空挺レンジャーの訓練も実施しており、特警隊員も空自のパラメディック同様、陸自のレンジャー資格を取得していると推測される。

蝙蝠とサソリがモチーフの”特別警備隊徽章”とは

海上自衛隊の徽章

特警隊の徽章は「特別警備隊徽章」として2001年の発足と同時に制定されているが、その意匠たるや、不気味さを感じさせずにはいられない。

海上自衛隊の各職種の徽章はこれまでどれも、艦艇や翼、錨など海軍としてオーソドックスなシルエットがモチーフとなっていたが、新たに制定された「特別警備隊徽章」は中央に”羽ばたくコウモリ”、その下には”毒尾を持ち上げ鋏を振り上げるサソリ”を配しており、海自の徽章としては威圧的で一種異様な印象を見る者に与えるはずだ。

実際、海上自衛隊の公式サイトでは特別警備隊徽章について、以下のように説明する。

海上警備行動下における不審船の武装解除および無力化を主任務として2001年に創設された特別警備隊(SBU)に所属する隊員に授与される。中央にコウモリ、下にサソリを配したデザインで、特殊部隊の徽章であり他とは全く雰囲気が異なる。

出典 海上自衛隊八戸航空基地

また、海上自衛隊によるソマリア沖・アデン湾における『海賊対処行動』作戦への派遣を機会に新しくデザインされ、第2次隊の特別警備隊員から実際に使用されているパッチも同じくコウモリとサソリがモチーフだが、さらに髑髏が追加され、より挑発的で平和を愛する人々にはさらに刺激が強い図柄になっている。”所属部隊名が敢えて無表記なのがパッチの大きな特徴”とのことで、マニアが萌える要素満点の実にミステリアスな仕様だ。


スポンサーリンク

SBU隊員の出身職種と部隊

特別警備隊員の多くは海上自衛隊の基地防備部隊である陸警隊出身であるという。一方で、パイロットや警務官からの選抜も行われているという。特警隊員の選抜は原則として、三等海曹以上且つ30歳未満の隊員が対象。身体能力では射撃、運動、水泳などに優れていることが要件だ。

ジャーナリストでカメラマンの宮嶋茂樹氏の公式サイトにて、SBU隊員の装備写真が詳しく掲載されているが、同氏がキヤノンの白レンズで撮影した写真には荒海を飛沫を上げて駆ける真っ黒い特別機動船に乗船した黒ずくめの隊員たちが、鈍く光る89式の銃口を四方八方に向けている姿が収まっている。

さらに上空からはSH-60J対潜哨戒ヘリがローターを響かせながら飛来する。武装解除と無力化への序曲だ。

ヘリに乗った隊員たちは後部キャビンから89式小銃折り畳み式銃床型を突き出して荒海をねめつける。特別機動船からは小銃を背負った手足の長いSBU隊員らが、不審船に見立てた海自護衛艦にラダーを使って次々に乗り移る。

不審船に見立てられた護衛艦の甲板上では、敵役を務めるジャージ姿の海自隊員らが、すでにヘリからラッペリングで降下してきたSBU隊員によって短銃で威嚇され武装解除された。隊員の手に鈍く輝くのは警視庁や神奈川県警特殊部隊、それにモルダー捜査官も使用している15+1発(9mm)のシグ・ザウアーP226(R)けん銃と見られる。銃身下部には艦内に潜む敵のアブリダシとメクラマシに威力を発揮する強力なフラッシュライトが装着されている様子だ。

自衛隊の9mm拳銃(P220)とP226Rの性能とは?

 

出典 宮嶋茂樹 儂・サイト
http://www.fushou-miyajima.com/gekisya/080528_01.html

空からの機動的な展開手段を持つ最強ヤバイ特警隊(SBU

空からの機動的な展開手段を持つ特別警備隊

宮嶋茂樹氏の写真でも判るとおり、SBUの作戦展開には護衛艦や特別機動船のほか、ヘリコプターが用いられている。艦艇にも搭載されているSH-60J/K対潜哨戒ヘリ(魚雷&機銃搭載)に乗り込んで、海上すれすれを飛び、敵船めがけて上昇するとファストロープで次々とSBU隊員が降下、敵兵を強襲制圧する手はずだ。

MCH-101

アグスタウエストランド MCH-101

なかでも海自が2003年(平成15年)から新規配備した『アグスタウエストランド MCH-101』は機動性と輸送能力に優れた大型ヘリで、民間向けのAW101 VIP仕様では簡易キッチンやトイレといったオプションまで設置できるほど機内収容に余裕がある。海自のMCH-101は掃海、哨戒、さらに輸送が本来任務で、1機あたり1個小隊(16から24名)が搭乗可能だ。

SBUではMCH-101による機動的な部隊展開を想定しており、離島占拠への対処、工作船、覚せい剤輸送船などに対して迅速な強襲と逮捕制圧が可能なのだ。

ソマリア沖の海賊対処ミッションへも派遣

一方、日本政府は国際社会と共同して行うソマリア沖の海賊対処において、海自艦艇ならびにP-3C対潜哨戒機とともに、特別警備隊員も少数派遣している。

また、今回の海賊対処では海上自衛官ではなく、海上保安官による海賊の逮捕を第一義的に想定しており、海上保安官も同じく護衛艦に同乗して派遣されているが、海上保安官で対処できない場合、特警隊員はまさに海賊制圧のカードとなるものと見られている。

防衛省ではジブチ共和国へ派遣部隊の主力かつ自衛隊初となる「海外基地」が建設された。建設された日本国海上自衛隊ジブチ基地の施設郡はオフィスビル、宿舎、P-3C哨戒機格納庫、体育館など合計27億円相当の大規模なもので、イラク・サマワ派遣の際の「宿営地」と異なり、近代的だ。

ただし、防衛省はあくまで時限的な基地であり恒久的なものではないとしている。

SBUに配備される個人装備と銃器を考察

“俺はM4持った日本版シールを見た” と小林源文氏。防衛省の公開した公告には「H&K製HK416」ならびに「H&K製MSG-90」の名称も……。

特別警備隊員に貸与される戦闘服、防炎バラクラバ、戦闘靴、ヘルメット、タクティカルベストやレッグホルスターに至るまで装具は全身真っ黒に統一されている。

荒れた海でも臨検や強襲を可能とさせる「特別機動船」RHIBゴムボートにいたるまで真っ黒だ。素顔を隠すバラクラバの目元以外は。

Strike And Tactical (ストライクアンドタクティカルマガジン) 2016年 1月号 [雑誌]

“特殊部隊での私物着用”は諸外国ではポピュラーだが、SBUでは装具の統一感は強めだ。特殊部隊ではないが同じ海自の『立入検査隊』、陸自では『水陸機動団』においては隊員の私物着用が比較的多いと指摘されており、各個人によってはゴーグルやブーツなどに違いが見られる。

ほかにもSBUではアメリカ海軍と酷似している海上自衛隊の新型迷彩服の着用も想定されている。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。しかし、特殊部隊であることから、今なお厳しく情報は統制されており、当時、海自の広報担当者が言った「これが最初で最後の公開です」というセリフは重い。実際にこれ以降、海自は特別警備隊の演習や装備品をメディアに公開していないのだ。そのため、個人装備などの多くはベールに包まれており、やはり陸自の特殊部隊「特殊作戦群」の装備同様に装備品調達情報などからの類推が必要となる。現在までに確定している装備品は軍事専門誌「J-GROUND」Vol.16にスッパ抜かれたことで発覚した89式小銃では都合の悪い、狭い艦内でも取り回しの良い伸縮式ストックを装備したMP5サブマシンガン、2007年6月28日の公開訓練でお披露目されたP226R拳銃、先述した宮嶋茂樹氏のキヤノンでゲキシャされた89式小銃の3点だ。

しかし未確定ながら、装備品はこれだけに留まらないようだ。防衛省が自ら公開している海自の装備品調達に関する公開文書にて、株式会社JALUX経由でHeckler & Koch社のHK416およびMSG-90を取得したと想起させる記載がある。株式会社JALUXといえば、双日グループの商社。女子高生向けコンビニスイーツをヒットさせたことが知られているが、実は同社はHeckler & Koch社の日本総代理店でもある。なお、MSG-90についてはアジア太平洋企業という企業が輸入している可能性もある。

一方、著名漫画家で自衛隊の激裏情報も入手できる小林源文氏の発言も興味深い。同氏は過去にウェブ上で「俺は裏から流れた映像に写真は見たよw」、商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。「拡大した写真では米軍のM4を持ってる日本版シールが見える」とコメントし、特別警備隊がM4(HK416の元となったコルト社のオリジナル)を配備していることを示唆した。

なお、隊員は普段、第一術科学校において和歌山県の「PDI」というエアガン改造部品および警察向けの対・暴走族用エアガンを製造する企業が納入した訓練用のMP5型ペイントボール・エアガンを使用してClose Quarters Battle(近接戦闘CQB)のトレーニングを行っていることからも、海上自衛隊SBUにおいて、MP5の配備はほぼ裏付けがとれていると言える。

また、サイドアームでは”装弾数の少ない9mm拳銃では強襲制圧時の攻撃力に乏しい”と判断されたのか不明だが、ダブルカラムマガジン化により15+1発が最大の改良点となった多弾数のシグ・ザウエルP226Rを配備。前述のPDI社ではP226R型の『官公庁向け訓練用』も製造しており、警察のみならず、海自へ納入されていても不思議ではない。

自衛隊の次期拳銃についてはすでに『H&K SFP9』の導入が決定されており、陸自を中心に配備が進められているが、SBUでも配備される可能性がある。

“東京オリンピック警備公式けん銃”!?日本警察でのH&K SFP9(VP9)配備が北海道にて確認される

防衛省がSBUへの女性自衛官配置制限を撤廃へ

平成24年7月11日の防衛省男女共同参加推進本部決定によると、一部部隊や危険性の高い職種において女性自衛官の配置制限が行われており、海上自衛隊特殊部隊においても女性隊員はいないものと見られていた。これは防衛省の母性保護という政策に起因するものだ。

しかし、2016年3月15日に防衛省が突如として女性自衛官の配置制限をさらに緩和。陸上自衛隊の攻撃ヘリパイロットのほか、海上自衛隊特別警備隊への起用を発表したのだ。産経新聞社の報道によると、訓練を経て2017年度以降に配置(任用)が始まるとしている。

防衛省は15日、これまで男性自衛官のみ配置してきた陸上自衛隊の戦闘ヘリコプターのパイロットや、海上自衛隊の特殊部隊「特別警備隊」に、女性自衛官を起用すると発表した。女性の活躍推進の一環で、訓練などを経て2017年度以降に配置が始まる見通しだ。

典拠元

http://www.sankei.com/politics/news/160316/plt1603160013-n1.html

すでに特別警備隊に女性隊員が誕生しているかもしれないのだ。

SBUまとめ

  1. 特別警備隊SBUは海上自衛隊の特殊部隊。その創設は陸自の特殊作戦群より早い。
  2. 装備は89式のほか、MP5、HK416、MSG-90、P226Rなど一般隊員の装備とは異なる。
  3. 訓練および装備は二度と公式に公開されない。
  4. 2016年3月、防衛省は母性保護政策を緩和し、SBUへの女性自衛官配置を解禁
  5. 徽章がコウモリとサソリ。超怖い。

いずれにせよ、日本版シールズも時代の趨勢から今後は国内外で国際平和サービスを提供していく可能性は大有りだ。しかし、中東某国の砂漠地帯でSBUの女性自衛官が持つHK416が砂を咬みながらも、TOYOTAの軽装甲ピックアップに乗った黒覆面のテロリストたちを猛烈にプスプスとピアッシングし、人質となった日本大使館職員や現地スタッフ、同盟国の人々を華々しく救出し「忘れなさい。私たちは存在しないのよ」などと呟いて、いずも型護衛艦で便所掃除しながら帰国するなんてことが実際に起きないことを心から願うばかり。今後も引き続き、変わらずの平和を希求することでこの記事を終えたい。

バナー写真引用元 時事通信社公式サイト『特集「ソマリア沖の海賊」』から
http://www.jiji.com/jc/v2?id=20090428somalia-pirates_03


スポンサーリンク