特殊部隊SBUや護衛艦付き立入検査隊編制のきっかけとなった北朝鮮の工作船事件とは

海上自衛隊の特殊部隊であるSBUの創設には、過去に発生した北朝鮮の工作船が日本の領海内に不法侵入した重大事件が深く関係している。本稿ではこれらの工作船事件を解説する。

海上自衛隊特殊部隊『特別警備隊』の装備と部隊概要

能登半島沖不審船事件(1999年)

1999年3月23日、能登半島沖に突如として外国政府の武装工作船が出現した。これは北朝鮮が対日有害活動を行うために漁船を装った船舶であった。いわゆる能登半島沖不審船事件である。

日本政府では平成8年度(1996年)より、警察白書において北朝鮮の非公然の工作活動を『対日有害活動』と呼称しているが、対日有害活動とは北朝鮮の工作機関が日本国内で日本人拉致、日本人になりすます(背乗り)ための工作員を送り込む、日本国内の反社会勢力と連携して覚せい剤を密輸するなどの極めて悪質な日本への敵対行為だ。

このような『対日有害活動』は80年代から一部の漫画作品でもフィクションとして仄めかされていた。たとえば、主人公とその家族の戸籍を「背乗り」する謎のアジア人らを描いた釋英勝の「ハッピーピープル」の「I Love 日本」。

これら非公然の工作活動のため、日本の漁船に偽装し、強力なエンジンと格納式の対空機関砲などを搭載した武装工作船を北朝鮮は何隻も日本海へ送り込んでいることが発覚したのが、能登半島沖不審船事件なのだ。

不審船出現の数日前から兆候があった

北朝鮮の対外工作機関が日常的に乱数暗号とアマチュア無線のHFバンドを用いて工作員に指令を出すために使われる通称『A3無線局』。この無線局の通信に普段と違う兆候が見られることを北海道北広島市などにある警察庁通信所や鳥取県にある自衛隊美保通信所が補足したこと(シギント活動を参照)、北朝鮮の工作船基地から工作船が出港したという情報を米軍が日本に伝えたことなどが事件の発端だ。

日本国内では『A3無線局』の放送を受信するアンテナは、大抵ぱちんこ屋さんの屋上に展張されている。アナタの街のぱちんこ屋さんが怪しい無線局。怪電波発信源。おいおい、滅多なことを言うもんじゃない。良き社会人たるアマチュア無線局かもしれないじゃないか。

不審船への初動対処、史上初となる海上警備行動の発令

この事件では自衛隊、海上保安庁、警察庁の3機関が対処に当たっている。

初動対処にあたった海上保安庁の艦艇が搭載の20mm砲や13mm機銃で合計185発、さらに海上保安官が9丁の64式自動小銃で1,050発もの威嚇射撃を行ったほか、緊急出動した海上自衛隊のP-3C対潜哨戒機が工作船付近めがけて150キロ対潜爆弾を12発投下するなど、日本の防衛史上に残る大きな事案となった。

このとき、海上自衛隊に発令されたのが、国会承認が不要かつ防衛大臣が海上における治安の維持のために必要と判断した場合に命ぜられる『海上警備行動』だった。


スポンサーリンク

海上自衛隊の艦艇に装備される20mm機関砲(JM61-M)と海自隊員。

『海上警備行動』は海上保安庁の対処能力では限界を超えており、自衛隊でなければ対処できないと思慮される場合に発令され、能登半島沖不審船事件で実際に発令された。これは史上初である。

しかし、当時はまだ臨検のための専従部隊『護衛艦付き立入検査隊』が編制されておらず、海保と同時に追跡していた海自護衛艦内ではミネベア9mm拳銃と64式小銃で武装した即席の臨検部隊が臨時編成された。

そして、1999年成立の周辺事態法を受けて翌年に制定された『周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律』により、まずは護衛艦ごとに臨検を任務とする「立入検査隊」(立検隊)が編制され、2001年に強襲・臨検を任務とする海上自衛隊特殊部隊「特別警備隊」(SBU)が編制されたのである。

護衛艦付き立入検査隊と海自の行う臨検任務とは?

2度目の事件……九州南西海域工作船事件(平成13年)

さらに、この事件の2年後の2001年(平成13年)12月22日にまたも北朝鮮の工作船が日本の領海へ不法侵入する九州南西海域工作船事件が発生。日本の海上保安庁が初めて外国のテロリストと激しい銃撃戦を行った事件である。

工作船は追跡する巡視船に対して機関砲や小火器、対戦車ロケット弾による極めて苛烈な攻撃を開始。テロリストから攻撃を受けて、海保側に刑法上の正当防衛が成立。テロ工作船と巡視船側の間で激しい銃撃戦が繰り広げられたのだ。このとき、日本政府は海上自衛隊の特殊部隊、特別警備隊(SBU)に初めて出動待機命令を命じるも、その直後テロ船は工作員たちが朝鮮語で何か叫んで(マンセー?)自爆、自沈。

後日、自沈したテロ船は引き上げられて中身を外事警察に浚われたが、ライフル、ロケット砲などの強力な兵器、さらには日本の暴力団員の携帯番号が入ったプリケーや北朝鮮の首領に忠誠を表すバッジが発見されている。

なお引き上げられたテロ船は東京お台場の「船の科学館」にて多くの人々の前へ晒され、曽野綾子・日本財団会長により、日本人の美徳として敵にも敬意を払うためなのか、テロリストたちへ、ゆりの花束も手向けられる。

軍用船にまったく見せない漁船として偽装された船型、塗色。そして秘匿装備された40mm対空機関砲のギャップが異様で背筋が凍る。こんな工作船で日本に来て人拐い。さらに海上保安庁から攻撃された弾痕が銃撃戦の激しさを物語る上に、船内内部から爆発物によって自爆し、船体が膨らんでひしゃげた様子も丸わかり。

北朝鮮に連れ去られた多くの日本人の消息がいまだわかっておらず、拉致された日本人をどのように救出するのかが、自衛隊特殊部隊の課題と言える。

そんな国際問題をそのまんまマンガにしたのが『奪還を命ず―拉致被害者を救出せよ!!』という作品。少数の独立偵察部隊でどのように潜入し、拉致被害者奪還するのか……その方法とは。


スポンサーリンク