Pocket

自衛隊の曲技飛行隊・・・実は「ブルーインパルス」だけではないのだっ!

世界各国の陸海空軍ではその技術の高さと戦技の練度の高さを納税者に対して示すために、曲技飛行を中心とした展示飛行を行う特別な飛行隊を編成しています。

たとえば、アメリカ空軍ではサンダーバーズ、同海軍にはブルーエンジェルズが編成されており、さまざまな国家的イベントの他、航空ショーにおいて展示飛行を行っています。自国のみならず、同盟国や友好国においてその存在をアピールすることも少なくありません。

もちろん、日本の自衛隊でも曲技飛行を展示する部隊が編成されており、高い人気を誇っています。

それでは陸海空3自衛隊の曲技の展示を目的とする部隊をご紹介していきます。

スポンサーリンク

現在、自衛隊には陸海空それぞれに曲技飛行隊がいます。

海上自衛隊には小月航空基地第201教育航空隊の教官による曲技飛行隊ブランエール(BLANC AILE)。

ブランエールの機体と誘導員

ブランエールは教官パイロットによる臨時編成の曲技専門チームです。また観客の前に出る誘導員らの背中にはROOKIEの文字が入ります。

一方、陸上自衛隊は最新型初等練習ヘリTH-480Bによるブルーホーネットが存在し、こちらも人気。

えええ。これが本当に陸上自衛隊の新型制式ヘリ?本当です。Dr.コトーではありません。

しかし、陸上/海上の部隊は臨時編成で、常設されていません。そして航空自衛隊には有名なブルーインパルスがいます。やはり航空自衛隊のブルーインパルスが自衛隊の曲技飛行隊としては一番有名かもしれません。

ブルーインパルスの正式名称は航空自衛隊松島基地第4航空団に所属する「第11飛行隊」

ブルーが現在使用するT4 愛称ドルフィン。

ブルーインパルス(Blue Impulse)の正式名称は航空自衛隊松島基地第4航空団に所属する「第11飛行隊」です。

ブルーインパルスの歴史は数十年にも及んでおり、またそのレベルの高さと技量は世界の諸外国軍の曲技飛行隊と比べても引けを取りません。

白地に鮮やかな青のストライプを描いた機体はまさに青い衝撃破と呼ぶにふさわしい。

彼らは日夜厳しい訓練を行うとともに航空自衛隊の航空祭のみならず、オリンピックの開会式など民間の各種イベントにおいても展示飛行を行っていますので、たいへん多くのファンがいます。

一見こうした曲技飛行のための部隊の編成は単なる広報のためだけに行われるもので、軍事組織にとっては余計なものではないかと思われがちですが、実はこうした部隊の存在はその国の航空戦力の実力の一端を示すものであり、決して評価をおろそかにできないものなのです。

つまり曲技飛行において見られる密集した編隊飛行はパイロット個人の飛行操作上の技術の高さだけでなく、練度の高さをも示すものなのです。

極めて高い技術による曲技飛行を行うことのできる部隊の存在は、それだけの技能を兼ね備えた搭乗員と地上勤務員の裾野の広さを示すものであり、日本の航空戦力全体の質の高さを示すものと言えるでしょう。

ブルーインパルスの使用機体・・エンジン双発、油圧・操縦系も2重で安全性の高い練習機T-4を使用

ブルーにおいては設立当初、当時の主力戦闘機であるF-86F戦闘機や国産練習機T-2を使用してきました。

かつてブルーで使用されていたT2練習機後期型。戦闘訓練での使用や、補助戦闘機としての運用も構想されていたため、練習機でありながら機関砲を搭載している異色の機体。練習機としては優秀だったが、曲技機としては旋回半径の大きさから種目が限られた。

現在、ブルーでは丸みを帯びた可愛らしいドルフィンデザインの国産練習機T-4を使用しています。

二人乗りの亜音速中等練習ジェット機として配備されているT-4

T-4は1988年から納入されており、これまでに212機が生産されました。

全体機に丸みを帯びているその理由は空力特性を考慮されたものであり、パイロットの卵を育成する亜音速のジェット練習機としては抜群の安定性を持っています。

戦闘機からパイロットが脱出する場合、通常なら火薬でキャノッピーを吹っ飛ばしてから座席を射出させます、T-4の場合、ハリアーと同じくキャノッピー破砕方式。バリーンと割ってしまいます。

翼下にはパイロットの手荷物や連絡用書類などを運搬するための旅行かばんをぶら下げることも可能。

ただ、かばんというよりトラベルポッドと呼ばれるそうですが。

また戦争の際はガンポッドを翼下に吊り下げて攻撃機として運用することも可能ですが、音楽隊が銃を持ち戦闘に参加するようになることと同様に『そんなことするまでになったら自衛隊の戦況は相当やばいことになっていますわよオホホ』とされますので、実際には運用されないようです。

ブルーで運用されるT-4は戦技研究仕様機と呼称する特別な機体です。

なぜ特別な機体なのかと言えば、低空を飛ぶことが多いために、空中でのバードストライク(鳥との衝突)対策として、キャノピーが強化されているほか、本来ガラス製のヘッドアップディスプレイがプラスチック製に変更されています。

ほかにも当然、曲技を行うためのスモーク発生装置はもちろんのこと、低高度警報器なども搭載されています。

本来、T-4は2名乗機ですが、ブルーのT4はパイロット一名のみの乗機です。

またブルーインパルスには専属の整備士もおり、T-4がイルカに似たデザインから彼ら整備士は「ドルフィン・キーパー」と呼ばれています。

なお、現在のところブルーインパルスに女性パイロットはいませんが、航空自衛隊では2015年に女性自衛官の戦闘機パイロット任用の制限を解除したことから、将来的にはブルーインパルスでも女性パイロットが誕生するかもしれません。

ブルーは世界に羽ばたく!

ブルーの曲技飛行は主に国内各地で行われる航空祭で披露されますが、時として国外で展示される場合もあります。

初の国外遠征は1996年のアメリカ

96年にアメリカ空軍から航空自衛隊のブルーが招待を受け、ブルーは初の海外公演を行っています。大きな爆音とともに空高く舞い上がり、高速かつ複雑に絡まるツタのように、青空に描かれるスモークの航跡は繊細!アメリカ人らも思わず、『オースゴイネ!』と驚いています。

ブルーが披露するさまざまな妙技

ブルーの編隊のうち、5番機と6番機はソロと呼ばれ、他機よりもさらに派手な演目を演じる花形役者です。そして5番機と6番機は離陸直後に天候調査をして、アクロバット飛行の区分を決める役割も担っています。

ダイヤモンド・テイクオフは4機でダイヤモンドの形を作り離陸します。

大空に描くバーティカルキューピッド&スタークロスは5機のブルーが上昇し、5方向に広がり「星」を描きます。

バーティカルキューピッドは2機のブルーインパルスがハートを描き、もう1機が左下からハートマークの中央を抜けてスモークの矢を描く情緒的な演技です。

滅多に目にすることのできないジェット機のアクロバットには観客も大興奮です。

ブルーをめぐる逸話!?

2013年5月12日、安倍晋三首相は東日本大震災の津波で被害を受けた航空自衛隊松嶋基地へ赴いて、ブルーの機体に試乗したことがありますが、首相が試乗した機体番号が731だったことが気に食わないとして韓国人が怒ったそうです。

また一方で、ブルーが民間の祭典に登場することについては「平和の祭典に自衛隊が出てくるのは危険だろ」「威圧的だ」とか「不安な気持ちになる」という、意見も一部であったようです。

ブルーインパルスの展示飛行スケジュール

http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/schedule/

まとめ

  1. ブルーインパルスの編成目的は戦技を研究するため
  2. ブルーインパルスの曲技飛行は納税者に空自の練度の高さを明示するため
  3. ブルーインパルスの演技は国内外のアクロバットチームと比べてもひけを取らず、スキルが高い。

このようにまとめました。

元来、ブルーは戦技を研究するための部隊として設立されたものであり、曲技飛行が主目的ではありませんでした。

しかし、いまでは世界的に見ても空中で絵を描く能力はズバ抜けており、米軍などの曲技飛行隊とも肩を並べるほどにレベルが上がっています。

過去には東京五輪や各種の式典での展示飛行などを行って民生協力を数多く行ってきました。

こうした高い技術を身につけたパイロットたちに日本の国土が守られているということを改めて認識します。

非常に美しくダイナミックなブルーインパルスのアクロをぜひ一度目にされることをお勧めします。

そして、航空自衛隊 飛行教導群

空戦における調査研究と教育指導を目的とする航空自衛隊最強のエリート教官パイロット集団

航空自衛隊の中で最も優秀な操縦士のみなれるのが、2014年に航空総隊直轄の飛行教導隊から新編された航空戦術教導団隷下の「飛行教導群」。

同部隊はアグレッサー部隊とも呼ばれており、詮ずるところ、彼らの普段の任務は「敵役」です。それもかなり手ごわい強敵です。

飛行機を自分の手足のように動かすためには、まず計器飛行とアクロバットのマスターが基本であるとプロ・パイロットは言いますが、飛行教導隊の教官は航空自衛隊の中でも最高峰の技量を持っています。

この”教官集団”は全国各地の飛行隊を巡り、空の上で実際に模擬訓練をしながらパイロットに教育などの戦術指導を行うことを恒常任務としています。

ちょっとメモ。TACネームとは?

TACネームは戦闘機パイロットがもつニックネームのことで、機体ごとにつけられた「コールサイン」とは別です。自衛隊におけるTACネームという慣習ですが、不思議なことに陸自と海自には存在せず、航空自衛隊でも、TACネームがあるのはファイター(戦闘機)パイロットのみで、輸送機やヘリのパイロットは持っていません。航空雑誌を読むと良くわかると思いますが、通常は戦闘機の機体の横やパイロットのヘルメットにTACネームが書かれていたりします。でも、なぜ戦闘機のパイロットのみがTACネームを名乗るのでしょう。確定的な理由は不明ですが、戦闘機の場合は一人乗りが大半で、また、機体同士で連携というよりは、やはりパイロット同士が連携して作戦を行う上で、関係を密にしてお互いを呼び合うために、このようなTACネームが必要なのかもしれません。また、同姓の隊員だった場合、姓で呼ぶと混乱したり、航空自衛隊の無線と言えど、航空無線は誰でも聞けますから、氏名を公にしてしまうのも問題があると言えるでしょう。なお、航空自衛隊では慣例的にTACネームをつけてくれるのは先輩や教官ですが、あまりに変なネームだと基地司令など偉い人からダメ出しを受けることもあります。ちなみに航空自衛隊千歳基地を舞台にF-15イーグルのパイロットたちを描いた映画「ベストガイ」では、主人公の織田祐二が「GOKU(ゴクウ)」というTACネームでした。たしかにサルっぽい!?でも本当は「第五航空団から来たのでゴクウ」とのことです。故・ロック岩崎氏の「ロック」も空自時代のTACネームに由来しています。

飛行教導群の使用機体はなにか?

1981年に福岡の築城基地に編成された当時の飛行教導隊では、T2超音速練習機を主力として配備していました。性能的にはF86とF104の中間的な性能を持っており、T2練習機は両機種のつなぎとして使用されました。

通常の空自F-15はロービジと呼ばれる灰色の制空迷彩となっておりますが、彼らの現在の乗機は「わざと目立たせる」ために赤や青などのまだらの迷彩で塗られた副座のF-15DJになっています。

その鮮烈で挑発的なカラーリングは見る者に強烈なインパクトを与えます。

米軍にも同様の部隊「アグレッサー部隊」がありこれの日本版と言えます。

なお、米軍のアグレッサー部隊を主題としたコミック作品には笠原俊夫さんの「レッズ・イン・ブルー 」があります。

戦技競技会で全国の空自飛行隊と戦う!

戦技競技会は、3自衛隊でそれぞれ行われる大規模な大会です。各隊員、各部隊がそれぞれの専門分野で能力を競い、技術を向上させ、士気を向上させるためのものです。陸自では偵察技術、射撃、持久走、調理までさまざまな種目があります。空自では戦闘機による空中戦からヘリの救難までが対象になっていますが、やはり戦闘機の戦況こそが命をかけた戦いという意味においては華でしょう。ノーズアートとして描かれるキャラクターも逸品。新谷かおるや笠原俊夫など、そのスジのプロ漫画家が協力して公式のイラストを描いていました。スジが見たくてマニアが基地周辺にドッと押し掛け、熱心に撮影するほどでした。飛行教導隊は仮想敵役として毎回、選ばれた各飛行隊のパイロットと戦闘機での空中戦で勝敗を付けます。

※参考文献 『学校で教えない自衛隊』荒木肇 著/並木書房 発行

なお自衛隊におけるアグレッサー部隊、つまり仮想敵部隊については陸上自衛隊にも部隊訓練評価隊が編成されています。同部隊は敵役を演じるために特別な迷彩服を着用し、特別な迷彩を施した専用車両を運用するところは航空自衛隊の飛行教導隊と同じです。

スポンサーリンク