自衛隊の曲技飛行隊

記事読了までの目安時間: 724

自衛隊の曲技飛行隊・・・実は「ブルーインパルス」だけではなかった!

世界各国の陸海空軍ではその技術の高さと戦技の練度の高さを納税者に対して示すために、曲技飛行を中心とした展示飛行を行う特別な部隊を編成維持しています。

たとえばアメリカ空軍にはサンダーバーズ。同海軍にはブルーエンジェルズが編成されており、様々な国家的イベントの他、航空ショーにおいて展示飛行を行っており自国のみならず、同盟国や友好国においてもその存在をアピールしています。

もちろん、日本の自衛隊でも曲技飛行を展示する部隊が編成されており、高い人気を誇っています。

それでは陸海空3自衛隊の曲技の展示を目的とする部隊をご紹介していきます。

スポンサード リンク

 

現在、自衛隊には陸海空それぞれに曲技飛行隊がいます。

海上自衛隊には小月航空基地第201教育航空隊の教官による曲技飛行隊ブランエール(BLANC AILE)。

ブランエールの機体と誘導員

ブランエールは教官パイロットによる臨時編成の曲技専門チームです。また観客の前に出る誘導員らのは背中にROOKIEの文字が入ります。

一方、陸上自衛隊は最新型初等練習ヘリTH-480Bによるブルーホーネットが存在し、こちらも人気。

えええ。これが本当に陸上自衛隊の新型制式ヘリ?本当です。Dr.コトーではありません。あれは酷かった・・・。

しかし、陸上/海上の部隊は臨時編成で、常設されていません。そして航空自衛隊には有名なブルーインパルスがいます。やはり航空自衛隊のブルーインパルスが自衛隊の曲技飛行隊としては一番有名かもしれません。

 

ブルーインパルスの正式名称は航空自衛隊松島基地第4航空団に所属する「第11飛行隊」

ブルーが現在使用するT4 愛称ドルフィン。

ブルーインパルス(Blue Impulse)の正式名称は航空自衛隊松島基地第4航空団に所属する「第11飛行隊」です。

ブルーインパルスの歴史は数十年にも及んでおり、またそのレベルの高さと技量は世界の諸外国軍の曲技飛行隊と比べても引けを取りません。

 

白地に鮮やかな青のストライプを描いた機体はまさに青い衝撃破と呼ぶにふさわしい。

彼らは日夜厳しい訓練を行うとともに航空自衛隊の航空祭のみならず、オリンピックの開会式など民間の各種イベントにおいても展示飛行を行っていますので、たいへん多くのファンがいます。

一見こうした曲技飛行のための部隊の編成は単なる広報のためだけに行われるもので、軍事組織にとっては余計なものではないかと思われがちですが、実はこうした部隊の存在はその国の航空戦力の実力の一端を示すものであり、決して評価をおろそかにできないものなのです。

つまり曲技飛行において見られる密集した編隊飛行はパイロット個人の飛行操作上の技術の高さだけでなく練度の高さをも示すものなのです。

極めて高い技術による曲技飛行を行うことのできる部隊の存在は、それだけの技能を兼ね備えた搭乗員と地上勤務員の裾野の広さを示すものであり、航空戦力全体の質の高さを示すものと言えるでしょう。

ブルーインパルスの使用機体・・エンジン双発、油圧・操縦系も2重で安全性の高い練習機T-4を使用

過去、ブルーにおいては設立当初、当時の主力戦闘機であるF-86F戦闘機や国産練習機T-2を使用してきました。

かつてブルーで使用されていたT2練習機後期型。戦闘訓練での使用や、補助戦闘機としての運用も構想されていたため、練習機でありながら機関砲を搭載している異色の機体。練習機としては優秀だったが、曲技機としては旋回半径の大きさから種目が限られた。

現在、ブルーでは丸みを帯びた可愛らしいドルフィンデザインの国産練習機T-4を使用しています。

二人乗りの亜音速中等練習ジェット機として配備されているT-4

T-4は1988年から納入されており、これまでに212機が生産されました。

全体機に丸みを帯びているその理由は空力特性を考慮されたものであり、パイロットの卵を育成する亜音速のジェット練習機としては抜群の安定性を持っています。

戦闘機からパイロットが脱出する場合、通常なら火薬でキャノッピーを吹っ飛ばしてから座席を射出させます、T-4の場合、ハリアーと同じくキャノッピー破砕方式。バリーンと割ってしまいます。

機外にはパイロットの手荷物や連絡用書類などを運搬するための旅行かばんをぶら下げることも可能。

まあ、かばんというよりトラベルポッドと呼ばれるそうですが。

戦争の際はガンポッドを翼下に吊り下げて攻撃機として運用することも可能ですが、音楽隊が銃を持ち戦闘に参加するようになることと同様に『そんなことするまでになったら自衛隊の戦況は相当やばいことになっている』とされますので、実際には運用されないようです。

ブルーで運用されるT-4は戦技研究仕様機と呼称する特別な機体です。

何故特別な機体なのかと言えば、低空を飛ぶことが多いために、空中でのバードストライク(鳥との衝突)対策として、キャノピーが強化されているほか、本来ガラス製のヘッドアップディスプレイがプラスチック製に変更されています。

ほかにも当然、曲技を行うためのスモーク発生装置はもちろんのこと、低高度警報器なども搭載されています。

本来、T-4は2名乗機ですが、ブルーのT4はパイロット一名のみの乗機です。

またブルーインパルスには専属の整備士もおり、T-4がイルカに似たデザインから彼ら整備士は「ドルフィン・キーパー」と呼ばれています。

なお、現在のところブルーインパルスに女性パイロットはいませんが、航空自衛隊では2015年に女性自衛官の戦闘機パイロット任用の制限を解除したことから、将来的にはブルーインパルスでも女性パイロットが誕生するかもしれません。

ブルーは世界に羽ばたく!

ブルーの曲技飛行は主に国内各地で行われる航空祭で披露されますが、時として国外で展示される場合もあります。

初の国外遠征は1996年のアメリカ

96年にアメリカ空軍から航空自衛隊のブルーが招待を受け、ブルーは初の海外公演を行っています。大きな爆音とともに空高く舞い上がり、高速かつ複雑に絡まるツタのように青空に描かれるブルーインパルスによるスモークの航跡は、繊細!アメリカ人らも思わず、『オースゴイネ!』と驚いています。

ブルーが披露する様々な妙技

ダイヤモンド・テイクオフは4機でダイヤモンドの形を作り離陸します。

大空に描くバーティカルキューピッド&スタークロスは5機のブルーが上昇し、5方向に広がり「星」を描きます。

バーティカルキューピッドは2機のブルーインパルスがハートを描き、もう1機が左下からハートマークの中央を抜けてスモークの矢を描く情緒的な演技です。

滅多に目にすることのできないジェット機のアクロバットには観客も大興奮です。

ブルーをめぐる逸話!?

2013年5月12日、安倍晋三首相は東日本大震災の津波で被害を受けた航空自衛隊松嶋基地へ赴いて、ブルーの機体に試乗したことがありますが、首相が試乗した機体番号が731だったことが気に食わないとして韓国人が怒ったそうです。

また一方で、ブルーが民間の祭典に登場することについては「平和の祭典に自衛隊が出てくるのは危険だろ」「威圧的だ」とか、「不安な気持ちになる」という、意見も一部であったようです。

航空ファン 2017年5月号

航空ファン 2017年5月号
B01MUEDZ1I | 文林堂 | ¥ 1,337 | 2017-03-21

ブルーインパルスの展示飛行スケジュール

http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/schedule/

ブルーインパルスのまとめ

  1. 納税者に航空自衛隊の練度の高さを明示するため
  2. ブルーの演技は国内外のアクロバットチームと比べてもひけを取らず、スキルが高い。

 

このようにまとめました。

元来、ブルーは戦技を研究するための部隊として設立されたものであり、曲技飛行が主目的ではありませんでした。

しかし、いまでは世界的に見ても空中で絵を描く能力はズバ抜けており、米軍などの曲技飛行隊とも肩を並べるほどにレベルが上がっています。

過去には東京五輪や各種の式典での展示飛行などを行って民生協力を数多く行ってきました。

こうした高い技術を身につけたパイロットたちに日本の国土が守られているということを改めて認識します。

非常に美しくダイナミックなブルーインパルスのアクロをぜひ一度目にされることをお勧めします。


スポンサード リンク

あわせて読みたい