自衛隊の狙撃手(スナイパー)

記事読了までの目安時間: 1150


自衛隊の狙撃手・・・・日本の自衛隊におけるスナイパー狙撃手)の歴史


スポンサード リンク

2WAcqtD

米国内で訓練中の陸上自衛隊西部方面普通科連隊の狙撃手狙撃手の横には観測員(スポッター)と呼ばれる隊員が付く。米軍の観測員は周囲の警戒も任務となっており、無防備な相方のスナイパーをカバーし、狙撃に集中させる。自衛隊ではそのような運用を行っていないとされる(写真引用元・アメリカ軍公式サイト)。

映画の題材にもなることが多い狙撃手、いわゆるスナイパー

陸上自衛隊に高性能対人狙撃銃「レミントンM24」が配備され、狙撃手スナイパー)の専門教育が本格的に始まったのは平成14年(2002年)からと、諸外国の軍隊と比べると後進と言えるでしょう。

現在、陸上自衛隊で各普通科連隊、特殊作戦群などに専門の狙撃手を配置されるほか、海上自衛隊では特別警備隊狙撃手が配置されています。

航空自衛隊には基地警備隊や基地警備教導隊が編制されていますが、あくまで自基地警備が主任務であり、現在までに狙撃銃は配備されていません。

このうち、陸自の狙撃手はM24SWS狙撃銃を用いて「指揮官を守るための狙撃」に専従しているとされます。

自衛隊の対人狙撃銃M24

DSC02888

陸上自衛隊においては平成14年からの対人狙撃銃M24導入まで、普通科小隊から選ばれた狙撃班員がスコープおよび、ストックにチークパッドを追加装着した集弾性の極めて良好な64式小銃を用いて狙撃手としていました。現在、陸自の多くの職種では89式小銃に更新されており、64式小銃は主力から退き後方職種への配備となっていますが、空自と海自では現在も主力の個人火器で、海上保安庁や警視庁特殊部隊でも配備されています。

なお、日本の都道府県警察における狙撃銃は豊和工業のゴールデンベアがかつて広く配備されており、現在ではゴールデンベアの後継モデルM1500(サイトが搭載されていないバーミンター銃身モデル)が、SATや銃器対策部隊、福井県警察の原子力関連施設警戒隊などに配備されています。

海自特別警備隊の狙撃銃については行政公開文書上からの情報として、H&K製のMSG-90であることが類推されています。

典拠元 海上自衛隊の狙撃銃 某弾日誌

http://blog.livedoor.jp/jkbn4568/archives/254163.html

さて、陸上自衛隊では平成14年からレミントン社製のM24 SWSを対人狙撃銃として配備していますが、M24はk340104pアメリカ製の「レミントンM700」を米軍のミリタリーオペレーション用に改造した狙撃銃で、多くの派生型が生まれています。米軍ではそれまで、ウインチェスターM70やレミントンM40、そしてM14からフルオート機構を外してスコープを搭載したM21などを狙撃銃として使用してきました。現在はM24のほか、イギリス軍や日本警察も採用するアキュラシー・インターナショナルのL96を使用しています。アキュラシー・インターナショナルといえば、日本の銃器代理店である日本特装株式会社さんが自社のカタログの中で『日本警察へ「アキュラシーインターナショナル」の対物ライフルを納入した』と、まさかの情報公開済みですが、警察は未だ公開訓練で同製品を一般公開していません。

M24はシンプルで信頼性の勝る単発式の発射方式であるボルトアクション機構を持ち、撃発のたびに手でボルトを後退させ、次弾を装填し撃鉄をコッキングします。このため自動小銃の様に連射できませんが、シンプルな機構ゆえに精度が抜群です。

そして、使用弾薬は7.62ミリという比較的大きなサイズを使うため、風の影響を受けにくく、長距離射撃に優れています。ただ、海兵隊ではすでに旧装備扱いであり、2008年からは後継機種のナイツアーマメント社製M110狙撃銃に順次更新されていきました。しかし、M110は構造的な問題を抱えており、耐久性や寿命が低さが要因となって、2016年には新たにヘッケラー&コッホ製M110Aが導入決定されています。

自衛隊が採用しているM24のモデルは、”SWS(Sniper Weapon System)”というスコープやバイポッド(二脚)がセットになっている基本形のタイプで、最高級スコープ製造メーカー「レオポルド」製の「Mark4 M3スコープ」が標準搭載されます。ストック後部は伸縮式で、射手の体格にあわせることが可能。

沖縄の新聞、琉球新報様によれば「(アメリカ)陸軍で最も普及している対人狙撃銃M24の有効射程は約1100メートル、最大射程は3700メートル」とのことです。

典拠 琉球新報様
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-5559-storytopic-3.html

photo by LCpl Ricardo Hurtado(許可 Public domain photograph from defenseimagery.mil.)

本来、ストックの色はブラックで納入され、そのまま運用される場合が大半ですが、部隊によってはストックにスプレーで迷彩塗装を施しています。

なお、2006年に放送されたテレビドラマ版の「戦国自衛隊」でも早々に、M24(のプロップ)が劇中に登場していましたが、普通の主婦に「何で立って狙撃しているんだ?」と懐疑的な見方をされていました。

通常、狙撃手は自らの存在を秘匿させるために夜の闇に紛れたり、体を伏せて狙撃を行うことがセオリーです。

しかし、その身を隠して戦うという手法をとる狙撃手は、ある意味イモスナ野郎卑怯だぞと大戦中から敵味方問わず嫌われていたという話も興味深いものです。あのマイケルムーア監督も2015年、アメリカンスナイパーという映画に対するtweetでスナイパーは卑怯だ。だって後ろから撃つんだもん』という主旨の発言をして話題になったことがあります。

800px-Sniperscope

在沖縄米国海兵隊の狙撃訓練の様子。スコープで数百メーター先の標的を覗くと、このように映る。映し出されるヒト型の標的は思いのほか小さく、十字のヘアラインを重ね合わせて引き金を引かねばならない。通常、人間は心臓の鼓動や身体の微動を止められない。そのため、僅かなブレが命中率に影響する。山猫ことベケット曹長は「狙撃は適性だ。好きだから、ではダメだ」と、これまで戦死していった相棒のスポッターの認識票(ドッグタッグ)を指で擦り、指の感覚を鍛えつつ冷めた目で言うのである。

陸上自衛隊の運用構想

過去にはミリタリー専門誌「SATマガジン」にて、自衛隊スナイパー特集が組まれたことがあり、自衛隊の取材協力のもと、銃、装備、運用について詳しくレポートされています。陸自のスナイパーは陸自独自の戦術で運用されており、諸外国の狙撃手とは運用思想が異なるそうです。陸自では指揮官を守るためにスナイパーを配置しており、映画のように積極的に敵地へ潜入して任務を行うなどの作戦構想はないとのことです。

陸自でも諸外国軍同様、通常は狙撃手1人に観測員が1人つきますが、この観測員は周囲の警戒ではなく、あくまで目標の監視を行います。下記は「東長崎機関」サイト様より引用いたしました。

自衛官:
狙撃手1人には観測1人がつきます。

東長崎機関:
周辺警戒は、観測手1人だけですか?

自衛官:
周辺警戒という考え方ではなく、ターゲットの観測です。

東長崎機関:
その観測手は、狙撃手からどのくらい離れた位置ですか?

自衛官:
狙撃手のすぐ隣です。

東長崎機関:

観測手は、敵に先に発見される危険が高いと思うのですが、狙撃手の近くにいるのでは、狙撃手の位置も暴露されやすいのでは?観測手は、10メートル以上はなしたほうがよくないですか?

自衛官:
自衛隊では、敵を撃ちに潜行させるという形では狙撃手を使わず、味方部隊の指揮官を守るという戦術運用なので、そのような隠密行動はしません。

典拠元:東長崎機関「自衛隊独特の狙撃戦術」
http://www.higashi-nagasaki.com/c2007/C2007_33.html

そのほかの参考サイト

参考 陸上自衛隊11旅団 第18普通科連隊本部管理中隊狙撃班のワッペン
http://usy.sakura.ne.jp/m/page018.html

福島駐屯地公式HP(茂みに隠れて敵指揮官を狙う狙撃手の写真引用元)
http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/kakusta/fukusima_sta/news2013kami.html

最新スナイパーテクニック

最新スナイパーテクニック
4890632891 | ブランドン ウェッブ | 並木書房 |  2012-05-21

狙撃銃だけがシゴト道具ではない。ギリースーツやバーラップロールが無ければ。

japan-sniper-rifle-(1)

米国ヤキマ練兵施設で米兵から貸し出された消音装置付き狙撃銃のスコープを調整中の陸自隊員。ホコリまみれの銃に見えるが、これは擬装のための塗装。黒一色の銃でも意外と目立つのだ。

japan-sniper-rifle-2擬装を施したブッシュハットを着用する狙撃手。軍事行動での狙撃任務には、高度なカモフラージュの技術が求められる。

狙撃手は任務中、迷彩服の上から自分の体を森林に溶け込ませるため、ギリースーツを着用します。ギリースーツは植物を模した化学繊維素材でできており、被ることで周りの植生にあわせた擬装を行います。また、人間の体のラインを浮き上がらせずに背景に埋没されることで、さらに発見が困難になります。

これらギリースーツを含む、狙撃任務に必要な一式をまとめた陸自の装備が「隠密行動用戦闘装着セットです。春・夏用 秋・冬用があり、M24対人狙撃銃とほぼ同時期に配備されています。写真のように擬装を施しますが、銃が無ければ一見どこに潜んでいるかわかりません。なお、射手だけではなく銃にも擬装効果のあるテープを巻いたり、迷彩模様を描いたりすることでさらに擬装効果が高まります。

写真引用元
American, Japanese snipers train on common ground September 8, 2013 By Staff Sgt. Miriam Espinoza-Torres, 5th Mobile Public Affairs Detachment

http://www.army.mil/article/110863/American__Japanese_snipers_train_on_common_ground/

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
Bushy Ridge ボディーベール ヘッド用ベール、ライフル用ベールと、ポンチョ(フリーサイズ)型ボディーベールの3点セットです。 OD/TANのリバーシブルタイプ

10,584円 税込み

89inyou89666
89式小銃でも狙撃用眼鏡を載せれば、狙撃はできる。しかし、弾頭の軽い5.56ミリ弾では遠距離狙撃に適さない。5.56ミリのM16でそのキレイな顔をフッ飛ばすなんて、やはりリイド社や少女漫画の世界だけ・・?でも、米軍特殊部隊は軽狙撃銃としてM16を発展させたSPR Mk12狙撃銃を配備しているし・・。

 

アメリカ軍のスナイパーとフィクショナル作品

さて、スナイパーを主題にした作品は過去何本も公開されています。ハリウッド映画では「山猫は眠らない」シリーズ。

ベテランでストイックな米国海兵隊の狙撃手・ベケットを演じるトム・ベレンジャーとオリンピックのメダリストで警察SWAT隊員の生意気な若造・ミラーを演じるビリー・ゼインのデコボココンビ(し語)が、お互いにぶつかり合いながら困難な任務にチャレンジするというバディ物(王道)です。

二人が使う銃はベケット曹長がM40風M700、それにサイドアームはP226。「海兵隊の音楽隊員かつ幕僚」ことミラーは一見、あのPSG-1と間違えそうになるMSG90というセミオートライフル。

主人公ベケット曹長が、7.62ミリ弾の弾頭をナイフで削って「精度を高める」場面など変な演出もあり、ミリタリー雑誌でイチローナガタ氏がその弾頭削りをけなしたことがありますが、世界的にミリタリーマニアには定評がある映画です。

なお、このトーマス・ベケットのモデルはあの有名な実在の狙撃手、カルロス・ハンコックだそうです。ちなみに自衛隊にも通称「山猫部隊」と呼ばれる精鋭部隊がいますが、こちらは陸上自衛隊の対馬警備隊の愛称であって、スナイパー部隊ではありません。

米軍の狙撃手は有名人?

本来、高名な軍人などは指揮官やエースパイロットなど一部に限られるでしょうが、狙撃手もまた注目を集める軍人と言えるでしょう。それが戦乱の世であれば、戦意高揚のために讃えられることもあります。

古くはソビエト赤軍が女性の狙撃手を大量に任用していたことも特筆に値するでしょう。昨今ではイラクやアフガニスタンに従軍する米軍兵士の狙撃手が注目を集める場合が多いようです。

中でも元ネイビーシール隊員でスナイパーのクリス・カイル氏はイラク戦争従軍中、武装勢力から「悪魔」と呼ばれるなど恐れられていたそうです。同氏は2014年に公開された映画『アメリカン・スナイパー』のモデルでもあります。

除隊後は米国内で射撃のインストラクターや著書を出すなどの執筆活動のほか、PTSDに苦しむ兵士らの支援を行うなど慈善活動でも注目されていましたが、米国テキサス州でPTSDの元米兵に命を奪われるという悲劇に見舞われています。

まとめ

指揮官を討たれると味方の指揮命令系統は混乱してしまう。各国の軍隊や自衛隊が構想するカウンタースナイプという運用は重要な役割を持つ。

 


スポンサード リンク

あわせて読みたい