これが自衛隊漫画の世界!



自衛隊漫画が今熱い!

自衛隊を主題とした漫画をご紹介いたします。レビューは筆者の独断と偏見です。

右向け左!

右向け左!(1) (KCデラックス)

4063723801 | すぎむら しんいち | 講談社 |  2007-10-23

原作の史村翔は自衛隊の内情を知り尽くした元隊員で、いわゆる少年自衛官上がり。それにギャグとシリアスに定評のある、すぎむらしんいちが作画を担当。1989年から1991年まで連載された作品だが、描かれる陸上自衛隊の営内生活がリアル過ぎて、マンガとしては面白いのに笑えない・・という現職隊員が続出したという快作だ。

角刈り班長、インキン地獄の営内生活、いじめの仕返しに64式で自作実包発砲、民間人のサバゲーマーに森の中で襲撃される自衛隊・・・などなど有川浩には描けない世界が過去そこに。

今の感覚なら「なんでこんな奴が自衛官に合格できるんだ?」って思えるほどの主人公・坂田だが、実際、元自衛官の大宮ひろ志氏は著書の中で「昔は自衛官採用試験で試験官が答え教えてた」って書いてるから、坂田2士みたいな自衛官はバブル時代に多数いたのかもしれない。

どのキャラも問題児ばかりで個性的だが、やはり強烈なのは主人公で19歳の新隊員・坂田、そして彼をはじめとする教育隊の班長で昇進に意欲を燃やす山口3曹の二人。ニート気質で楽天家の坂田は訓練に手を抜くどころか、上官かつ麗しの女性自衛官・浅野3曹に言い寄るなど、数々の服務事故を起こすやりたい放題の問題児。それに手を焼き、昇進が遠のいて焦る山口3曹。

山口3曹は中卒で工場勤務をしていたが、親に数万円で、ぴんから兄弟に似た自衛隊広報官に売られたという。山口は自分の2曹昇任の足を引っ張る坂田を隙あらば自衛隊から厄介払いしてしまおうと画策する一方で、坂田をはじめとする自分の班員たちにピンチが降りかかれば、守ってやる上官らしさを時折見せるなど、王道の憎い演出には格好良さを感じてしまう。とくにお互いいがみ合う坂田と山口には元隊員の徳山という共通の敵がおり、徳山がらみで共闘を張る二人の場面もいい。徳山のラジコンにされ続けてきた坂田は、最終回でついに徳山に挑む・・・。

ある意味、今のように自衛隊がチヤホヤされた時代と違い、バブル時代「自衛隊に入るやつは落ちこぼれ」とされた時代に入隊した若者を描いたマンガ作品というだけでも価値がある。バブル時代の若者、つまり今の定年退職オヤジたちの多くは自衛隊というか、就職先に公務員を選ばなかった。刑事ドラマは人気だったのにねえ・・。

主人公の坂田などは徳山への命乞いの代わりに自衛隊に入っているし、彼らを見ると「落ちこぼれ」というイメージもある。今で言うブラック企業に使い捨てにされた就職失敗型のニートたちの最後の砦が自衛隊だったのかもしれない。それを打ち消すように自衛隊の中の落ちこぼれである30歳近い万年士長に「自衛隊は落ちこぼれの救済施設じゃねえ!」と叫ばせるなど、皮肉り方も笑わせてくれる。

妙にけんかの強い子持ちや、銃が撃ちたくて警察の試験に落ちて自衛隊に入ってきたいじめられっこ、元相撲部屋・・・一癖ありそうないろんな同期たちがいる教育中隊第21班。

中でも三輪という純朴な隊員の志願動機はツボだ。少年時代の三輪はある日、山で昆虫採集をしていた。その最中、ふいに地雷をした彼であったが、ほっとしたのもつかの間。尻を拭く紙がないことに気づき、パンツをおろしたまま、山の中で身動きできず泣き叫んでいた。そんな彼に「葉っぱの尻拭き紙」をそっと差し出したのは、顔面をドーランで偽装し、国防色の服を着て64式小銃を背負った男だった。緑のおじさんは『そういう時は葉っぱをもんで柔らかくして使うんだ』と言い、ヘビを食いながら去って行った・・・・・・。三輪が将来、陸上自衛隊へ入隊しレンジャーを志願するキッカケとなった強烈な体験だったのである。

とまあ、いろんな隊員たちの女日照りの日々と、かゆくて臭~いインキン地獄を描いており、現役自衛官から見れば非常にリアルな作品と評価されているという。

余談だが、1960年代、60年安保直後で人手不足となっていた当時の自衛隊には当然のごとく、若い志願者は集まらなかったという。その中であっても「銃が撃ちたいから」と志願してきた少年ライフル魔は不合格だったという。あの当時でも自衛隊落ちる奴がいたんですね。というか、しっかり落としていたようで、自衛隊も一線は超えていなかったんだなと思う次第。

それにしても、連載当時は制服がまだ91式以前の70式の時代だったので、なんだか制服姿の女性自衛官がミアコスのコスプレみたい。あ、婦人自衛官と呼ばれていた時代でしたね。

最近、自衛隊を退職後の主人公らを描いた続編が出ました。


スポンサーリンク