航空自衛隊のレーダーサイトは全国28カ所で領空侵犯機に目を光らせる



誰も近づけない見晴らしの良い山頂にはハイテク機器と数百人の人員、そして謎の超巨大ゴルフボール・・・!全国28カ所で全力で目を光らせる、知られざる空自の秘密施設を解説!

山へ登山やハイキングをしに行った先で、頂上にそびえたつ白いドーム状の建物を見たことがあるだろうか。これらは「レーダーサイト」と呼ばれる航空自衛隊の施設だ。


スポンサーリンク

レーダーサイトの多くは高くて見晴らしの良い山頂(一等三角点の場合もある)に設置されており、まさに航空自衛隊の”秘密”基地と言える(ただ、電話帳に電話番号は出ているが…)。

防空指令所(DC)と協力して対領空侵犯措置に対応

レーダーサイトは日本周辺を飛行する航空機や大陸間弾道ミサイルの監視など、いわゆる要撃管制に関する業務が主な任務となっている。

レーダーサイトの管理運用を行うのは航空自衛隊『航空警戒管制団』の警戒管制隊だ。これらレーダーサイトは稚内から沖縄宮古島まで全国に28箇所設置され、日本の四方を絶え間なく見張っている。

我が国の領空を侵犯する可能性がある航空機(彼我不明機という)を確認した場合は、必要に応じて「対領空侵犯措置」が発令され、戦闘航空団(ロシア機に対処する北海道なら千歳基地の第2航空団、青森県三沢市の第3航空団が担任する)から戦闘機が離陸する。これがいわゆるスクランブルだ。

スクランブルにおいては防空指令所(DC)がレーダーサイトと協力しながらスクランブル発進した邀撃戦闘機に対する目標までのコース指示など管制を行う。

稚内市に所在するレーダーサイト

一方、そのロケーションの良さを活かし、外国の各種無線の傍受など知られざる任務も。例えば北朝鮮から日本国内の工作員へ向けて発射される奇怪でヘンテコな短波無線の暗号指令。これらの情報は防衛省情報本部で解析され、明日降ってくるミサイルの予測にも役立てられている。このような電波情報の解析による諜報活動は以下のページで詳しく紹介している。

自衛隊にも諜報や防諜といった情報部隊はあるの?中国軍美人兵士のハニトラには美人女性自衛官でカウンターハニーすべきなのか!

なお、海上自衛隊でもレーダーを用いて監視をする「警備所」が全国にあり、こちらの任務は海上を行き交う船舶の監視だ。

山の頂上で気が抜けない24時間態勢の空域監視はまさに最前線で、牧歌的でハイジ的生活とは程遠い。雪国の厳しい環境下にある北海道当別分屯基地の航空自衛隊北部航空警戒管制団第45警戒群では百人以上もの人員が勤務している。レーダーサイトの所在する山にはたいてい、山頂まで車の通れる「防衛道路」が通っており、この道路は自衛隊の車両しか通ることができない。

網走分屯基地の三次元レーダーFPS-4。グラスファイバー製のレドームは、過去、白色カラーであったが、近年は暗緑色カラーも多い。典拠元 航空自衛隊公式サイト

もともと当別分屯基地は昭和29年に米国空軍が開設したレーダーサイトであったが、当時米兵と米軍属が240名ほど居住しており、当別はだいぶ活気付いていたという。その後、昭和34年にレーダーと兵舎2棟が自衛隊に移管された。

勤務する隊員たちはサイトの分屯基地内に併設している宿舎で寝起きする。レーダーサイトでは電源が確保できなければレーダー装置を作動させることができず、このため、サイトではいかなる時も電源を喪失しないよう、非常用電源の確保も万全だ。

また、北海道内では奥尻島にも奥尻分屯基地があり、山頂にレーダーサイトが設置されている。島へはCH-47Jによる物資輸送が行われ、隊員への物資補給が欠かせない。

航空自衛隊の分屯基地(Sub air base)の種類

航空自衛隊の分屯基地(Sub air base)には主にレーダー基地(レーダーサイト)と、地対空ミサイル基地の二つがある。レーダーサイトでは主に日本の領空に近づく外国の航空機を監視したり、外国の無線傍受が任務だ。一方、地対空ミサイルが配備されている分屯基地は航空自衛隊の基地や施設を敵の航空機や大陸間弾道弾から防空するのが任務。

通常、これらの分屯基地は基地に比べて敷地は広くなく、ヘリポートのみ。しかし、北海道の八雲分屯基地だけは航空自衛隊で唯一滑走路を有する分屯基地なのだ。

この滑走路は基地の滑走路と比べてそん色なく、大型ジェット輸送機も離着陸可能となっており、95年に函館空港で起きたハイジャック事件では警視庁のSAP(SATの前身部隊)隊員を秘密裏に展開させるため、空自のC-1輸送機が八雲に降り立ったこともある。

八雲飛行場はバトルオーバー北海道が起きた際に代替滑走路として使用されることを想定しているほか、民間機の緊急着陸の際にも使用が想定されているんだよコナン君。室蘭に降りるより八雲のほうが良かったんじゃない?

つまり分屯基地はどちらも航空自衛隊の任務上、重要な施設であり、欠かすことができないのだ。

ゴルフボール”から”ガメラの甲羅”へ?

レーダーサイトの象徴ともいえるのが、前述したゴルフボールの様な球形ドームのレーダーJ/FPS-2だ。現在はさらに高性能なレーダーが配備されており、まるでガメラの甲羅のようなユニークなタイプもある。

これは日本が開発した防空用の固定式警戒管制レーダー装置「J/FPS-5」と呼ばれるレーダーでステルスや弾道ミサイルも補足できる超高性能レーダーだが、一基あたりの設置費用が100億円以上とあまりに高額すぎ、配備は打ち切りとなった。今後しばらくはJ/FPS-2で運用されるが、後継の”丸見えステルス”J/FPS-7の開発も進められている。

サイトを一般人が見学できる?

年に一回、開庁記念日に一般人も見学ができる場合があるが、行われないことも。機密のカタマリである自衛隊レーダー施設は当然レーダーそのものから付近の木々の様子まで写真撮影が制限される場合もある。さらに私服の警務隊や保全隊に熱烈歓迎されて写真を撮られ、公安警察と情報共有される覚悟があるのなら。

サイトのメシは美味いのだろうか?・・ダレが作っている?

レーダーサイトと一言で言っても、総務、人事、その他基地全般に関わる事務を行う群本部や、メイン部隊の監視管制隊、それにレーダーを保守整備する通信電子隊などなど、いろいろな部隊が混成だ。

さらに補給、施設、車両、警備、厚生、給食、会計、消防、除雪などといった、サイト運営に関するあらゆる任務を遂行するための「何でも屋さん」である業務隊。

ご飯を作るのも業務隊のお仕事。福岡と佐賀の県境の山頂に位置する背振山分屯基地は元自衛官で漫画原作者の武論尊氏が勤務した部隊としても知られているが、隊員はやはり九州出身者が多く、毎日の食事はできれば郷土の料理が食べたいとの声が多いことから、同サイトの隊員食堂では給養隊員が日々その声に応えているそう。そのなかでも、佐賀の郷土料理とも言える「シシリアンライス」が人気だ。これはメシの上に生野菜と、いためた牛肉を載せた料理で、佐賀県の喫茶店ではド定番。無論、隊員にアキが来ないようにアレンジもしているのだ。

そして、航空自衛隊ではからあげ(北海道ではザンギだな)に異常なこだわりを持っており、空自の部内ではからあげを、より上を目指すという意味というか願いを込めて『空上げ』を呼称するなど独特の価値観を持っているのだ。このため、基地や分屯基地ではご当地の「空上げ(からあげ)」が出てくるのだ。

前述の北海道の当別分屯基地でも『当別空上げ』がある。こいつがそのメニューだ。同じく道内のミサイル基地である長沼分屯基地の『長沼空上げ』はジンギスカン風味だ。青森の車力分屯基地の『車力空上げ』では、やはり摩り下ろしたリンゴをソースに使うなどご当地ならではのアイデアが光る。

ううむ、レーダーサイトと一言で言っても、いろんな役割を持つ部隊がそれぞれ配置され、メシも特色があるわけだ。どの部隊もサイト運営には欠かせないんだね。

レーダーサイトでは殉職事故も起きうる

山の上のレーダーサイトは静かで空気の良い(薄い)高原の別荘地に思えるかもしれない。しかし、これが北海道の奥尻島や当別などの真冬の積雪地なら話は別。

敷地内から、サイトに通じる道路までの除雪はもちろん、航空自衛隊の航空施設隊の自前作業だが、過去にはあるレーダーサイトでは防衛道路の除雪作業において車両ごと谷へ転落するなどして、2名の殉職者が発生している。

レーダーサイトの警備・防衛について・・ダレが警備している?

さて、そんな重要施設であるレーダーサイトの警備はどうなっているのか。山の上に戦車が配備されるのか。ゲリラ・コマンドゥ攻撃に対してどのような体制を取っているのだろうか。

サイトの警備を行うのは航空自衛隊基地警備隊。隊員には64式小銃や9ミリ拳銃が配備されている。航空自衛隊の基地警備隊が配備する64式小銃にはダットサイトとフォアグリップが装備されており、”CQB特化仕様”が特徴だ。

しかし、空自に戦車は当然無く、陸自と色違いのOD単色カラーになった「軽装甲機動車」が唯一の戦闘車両だ。世界的に見ても戦車を持つ空軍というのはおそらく無いだろうから、特別変Jasdf_lavな事ではないが(むしろ、戦車があるほうが変か)。当然、陸上自衛隊が貸してくれるわけでもない。また、普段、陸自隊員が分屯基地内に警備要員として、いてくれるわけでもない。

このため、警備要員は航空自衛隊員(業務小隊)であり、自前での警備というわけだ。

最近になって、陸自と空自合同によるサイト警備訓練が行われるようになったが、有事には真っ先に敵の特殊部隊からゲリコマ攻撃によるロケット弾攻撃で壊滅させられる恐れがある重要施設なだけに、今後の防御力向上が期待されるところだ。

なお、航空自衛隊で最強の陸戦部隊は「基地警備教導隊」で、全国の基地警備隊へコンバット・トレーニングを施す一方、有事には空自が自前で空自の関連施設を防護する特殊部隊的活動を行うものと見られている。

航空自衛隊の基地警備隊/教導隊解説!建物内など、より狭いエリアでの戦闘をも想定した彼らが小銃やけん銃のほか、防弾楯やドア・ブリーチャーを使う理由も頷ける

そんなレーダーサイト勤務になるには・・・?

レーダーサイトには幹部の要撃管制員と曹士の警戒管制員が配置されているが、当然、隊員は航空自衛隊の中でも高い状況判断能力と機密保持能力を持つ者が選ばれる。航空自衛隊の職種でも戦闘機パイロット同様、最前線。希望者の倍率は高く、なれるのは一握りの適格者だけ。僻地だからと言って、決して島流しなんかじゃないのである。僻地手当てもあるよ。

警戒管制員も空を飛ぶ!空飛ぶ管制室、E-2Cホークアイ&AWACS


実はレーダーサイトで活躍する警戒管制員は地上以外でも勤務できるチャンスがある。それが空中警戒管制機(E-767:AWACS)や早期警戒機(E-2C:AEW)の搭乗員としての道だ。

航空自衛隊では各部隊が味方の戦闘機に対する管制を行うレーダを載せた航空機を用いて、広大な空域をそれぞれ警戒監視している。

グラマンE-2Cホークアイは本来、米軍の配備する艦載機だが、US_Navy_081111-N-9565D-040_t._Brett_Whorley,_left,_and_Lt._Andrew_Leatherwood,_assigned_to_Airborne_Early_Warning_Squadron_(VAW)_115,_the昭和62年度より航空自衛隊で”実戦配備”されている。4時間程度の哨戒飛行が可能で、地上や海上のレーダーでは発見できない遠距離目標を空の上から補足できる能力を持つ。さらに、250もの目標を同時に追尾して30の目標を要撃管制することも可能だ。胴体の上には大きな円盤型レーダーが搭載され、毎分6回転して360度をカバーし、最大で500キロ以上も離れた遠距離を飛ぶ航空機を発見する。E-2Cホークアイはパイロットとコパイ、そして電子システム担当のレーダー手の5名クルーで運用されている。低空侵入機の早期発見は重要な任務だが、自衛隊の歴史の中でも汚点となったソ連空軍軍人による函館空港ミグ強行着陸がE-2Cホークアイの導入理由になっている。さらに捜索・救難においても活躍し、通信の中継なども行える。E-2Cホークアイは配備から30年が経ち、防衛省では新たにE-2Dアドバンスド・ホークアイの導入を決定している。

さらに高性能!早期警戒管制機 AWACS エーワックス

AIR_E-767_AWACS_Top_JASDF_l

さらに、平成12年からは新型の「早期警戒管制機」として日本の空の目を担う、超高性能レーダー機E-767、通称AWACS(エーワックス)が配備されている。

E-2Cホークアイも管制を行うことはできるが、その能力は限定的だ。そこで敵機を機上レーダーで捕捉、さらに味方の迎撃機の誘導もできる機能がより強化され、機体を大型化かつジェット化したことにより、長時間の哨戒任務を可能とさせたのがE-767 AWACSだ。

E-767 AWACSも背中に「お皿」型のレーダー・アンテナを載せているが、実は背中の円盤アンテナ、飛行中はクルクルと約10秒で一回転しており、離陸時など電波を照射しない場合はそれより遅く回転する。レーダーは地上で電波を発射することは法令で許されないほど強力だ。

そのためこのエーワックスには強烈な電波から防護するためコックピット以外に窓がないのも特徴で、強い電磁波の影響で乗員のお子様が将来女の子ばかりになってしまってはたまらない。アマチュア無線家かよ・・・。

なお、安全な自軍の制空域でのレーダー監視が任務であり、戦闘空域での飛行は考慮されないため、固定武装はないが、有事では随伴の護衛機が任務に就く。

長時間のフライトでは当然、乗員の食事も空の上で機上食だが、乗員にはレトルトタイプや弁当の食事が配給されている。密閉された4万フィートの上空で電子機器に囲まれて牛丼食べてるのだ。

なお、AWACSは空中目標のみを補足する空のレーダーだが、アメリカ軍には地上の車両などを補足する専門のE-8 J-STARS(Joint Surface Target Attack Radar System ジョイントスターズ)も配備されている。

このように警戒管制員は適性、健康状態、能力等を満たせば、”空飛ぶレーダー基地”での勤務も可能だ。また、AWACSには女性乗組員も存在する。機上管制官である彼女のことを知りたければフォトジャーナリスト・宮嶋茂樹さんの「空飛ぶ大和撫子」を一読したい。

まとめ

  1. レーダーサイトやAWACSは外国の航空機や弾道ミサイルを監視し、無線の傍受も行っている。
  2. レーダーサイトは要撃管制もする航空自衛隊の分屯基地
  3. レーダーサイトは機密性が高く、一般公開されてもレーダー自体は撮影禁止が多い。
  4. レーダーサイトには任務ごとに各種部隊が配置されている
  5. レーダーサイトの警備は空自が自前で行う
  6. レーダーサイトのごはんは美味しい
  7. 未確認飛行物体がレーダーにとらえられれば、直ちに戦闘機がスクランブル発進を行う
  8. スクランブルのために24時間体制でパイロットは待機している
  9. 侵犯機には国際緊急周波数による呼びかけや、信号射撃などにより、警告を行う
  10. 警告に従わなければ日本の基地に強制着陸させられる

日本の空は24時間、レーダーサイトの警戒監視によって守られていることがよく分かったはずだ。

参考文献

日本防衛秘録/守屋武昌、MAMOR 2013年5月号

なお、スクランブル任務については以下のページにて解説している。

外国機による領空侵犯に対処する航空自衛隊のスクランブル任務とは


スポンサーリンク