Pocket

挑戦、献身、誠実を実施せよ!がモットー!体育学校は国営オリンピック選手養成機関だっ!

自衛隊に設置されている「自衛隊体育学校」はアスリートの育成と体育教官の育成を担っている3自衛隊共同の教育機関です。自衛隊員の体育指導に必要な知識及び技能を習得させるための教育訓練を行うとともに、体育に関する調査研究を行うことを任務としています。専用のグラウンド・体育館・射撃場を有しており、充実した練習が可能です。また、近代050442五種競技のトレーニングに対応できるよう、馬の飼育もおこなわれています。2007年には新たにセンサーなどを使ったハイテク測定など多用して科学的にアスリートを育成するスポーツ科学科が設立されています。

自衛隊の中には学校が多く、給養や通信や整備、パイロット、スパイ活動など様々な分野のエキスパートを育てる学校がいくつもありますが、自衛隊体育学校もそんな学校機関の一つ。

教育が行われている競技はレスリング、ボクシング、射撃、競歩、競泳、重量上げ、近代五種など多岐にわたります。 その中でも、自衛官がとくに強い競技は前述した「近代五種」であり、同競技は走ったりライフルで撃ったり泳いだり馬を駆ったり剣で突きあったりする複合種目で、大変軍事色が強く「自衛隊のお家芸」とも呼ばれています。自衛隊体育学校では5種目すべてで教育できるように設備が整っています。だから馬術に対応するため体育学校では馬も飼育しているんですね~。

MIL SPEC MAGAZINE(ミルスペック マガジン)vol.2 陸上自衛隊編 (ホビージャパンMOOK 283)

MIL SPEC MAGAZINE(ミルスペック マガジン)vol.2 陸上自衛隊編
(ホビージャパンMOOK 283) 4894258382 | ホビージャパン | 2009-03-31

また、銃にも精通しているのが自衛官ですのでライフル射撃やピストル射撃も優秀な選手を多く輩出しています。ライフル射撃競技はアンシュッツの最高級競技用ライフルに身を託し、スリングでガッチガチに体を固定し制限時間内に全弾撃ち込むというストイックな競技であり、まさに「自分自身」に挑戦する種目でもあります。

1964年、東京オリンピックにおけるウェイトリフティング・フェザー級の三宅義信3曹が見事、自衛官初となる金メダルを獲得しました。

選手として引退すると、今度は自分が教える立場となって後進の教育に力を入れる監督などになれるほか、一般の部隊で勤務することも可能です。

なお、事前予約をすると施設の見学ができます。見学内容は自衛隊選手が獲得したオリンピックのメダルなどが展示されている広報展示室、それにレスリング道場、ボクシング道場、射場などの練習施設、さらにサラブレッドを目前に見られる馬術訓練場が見学できます。

所在地 東京都練馬区大泉学園町自衛隊朝霞駐屯地 自衛隊体育学校
見学時間 10時から12時 14時から16時 平日のみ見学可能

「体育学校の設立目的は平和な社会の推進」
http://www.mod.go.jp/gsdf/phy_s/profile/cn17/pg501.html


スポンサーリンク

特体生の食事はセルフサービス&一品プラス

自衛隊体育学校に所属し、特体生と呼ばれる隊員たちは陸上自衛隊朝霞駐屯地内で普段喫食していますが、彼らのために「特体食」なる食事が特別に用意されています。運動をするアスリートのために栄養素が考慮されており、またセルフサービスになっています。さらに通常より一品多く、メニューがつきます。なお、食堂も特別で「特体食堂」になっています。

体育学校出身の選手、小西ゆかりさん

2008年に全日本選手権女子25mピストル射撃で日本新記録を樹立し、優勝した小西ゆかり選手はその後、自衛隊を去りましたが、退官後の小西選手を待ち受けていたのは厳しい現実でした。自衛官時代はエアピストルの弾代はもちろん税金。つまりタダ。しかし退官後は一発35円の銃弾を自費で購入しなければなりませんでした。自衛官時代の貯金やスポーツ関係の助成金をやりくりしていても、射撃競技を普通に続けるためには年間で150万円前後必要になり、安定した収入のない小西選手は大変苦労されたそうです。弾代を浮かすため「カラ撃ち」で練習することもあったそうです。朝霞駐屯地、体育学校の近くのラーメン屋でバイトするものの海外遠征のため6回しか出勤できず極貧の時期もありました。其れでもめげずに射撃を続けたいと努力した甲斐もあり、彼女の熱意を東京の飛鳥交通が汲み取り同社へ就職、射撃に打ち込める環境が整いました。逆境にめげず困難から挑戦する小西ゆかり選手の姿は夢を追うすべての人たちに強い希望を与えました。さらなるご活躍、心から応援しています。

入校資格とコースについて

皆さんも自衛隊体育学校に入校して将来のオリンピック選手を目指してみませんか。入校資格とコースについてご説明いたしますので栄光の人生を勝ち取るための参考にされてください。

高卒の場合 

自衛隊に入隊後、まずは誰でも新兵教育を受けます。その後、体育学校が実施している特別体育課程集合訓練に参加します。そこで選考されると4月から始まる特別体育課程学生に指定され、オリンピックを目指すためのトレーニングを開始します。入隊時に特別体育課程への希望を申し述べてください。

大卒の場合 

とくに各種競技で優秀な成績を持つものは体育特別技能者としての採用試験の受験が可能。合格すると体育学校特別体育課程に入校し、トレーニングが開始されます。

ただ、優秀な選手というのは常に自衛隊側からスカウトが行われているそうです。

参考文献 自衛隊広報誌MAMOR


記事の執筆者・著作権者 jieitaisaiyou.com


スポンサーリンク