Pocket

自衛隊の銃剣を繙く

 

iwamizawa_tyuutonchi_014
銃剣とは小銃の先端に装着する短かいナイフのこと。

着剣装置がついているので、銃剣は武器等製造法によって法規制の対象となっています。

小銃銃剣を装着することを着剣と呼びますが、記念祭での訓練展示でもよく披露される光景です。

この銃剣の発祥地がフランスのバイヨンヌという地方であったことからバヨネット(バイヨネット)と呼ばれます。

通常は自衛官の弾帯に鞘に収められた状態で下げられています。

64式小銃用と89式小銃用、儀仗ライ フル用のものがあります。

64式用の銃剣は長く、まさに「短剣」のようなスタイルですが、現在の陸上自衛隊で主流の89式小銃用の銃剣は64式用と比べて全長が短くなっており、サバイバルナイフに近い形状になっています。

さらに元米軍将校の日本人によれば、陸上自衛隊特殊部隊「特殊作戦群」ではM4カービンを使用しているとのことなので、M4用の銃剣も別途、用意されているかもしれません。

現代の銃剣には複合的な機能がついており、ワイヤーカッター、鋸、スコップ、栓抜き等の様々な役割を併せ持っています。

ところで、軍隊と銃剣は切っても切れない関係にありますが、ドイツ軍制式ライフルのヘッケラー&コッホ・G36(イ~サ~ン、トランクの中にG36があるぞ~!でお馴染み)小銃の場合、着剣装置がついているけれど、法律で軍隊が小銃に着剣することは禁止しているとのこと。

そのため「銃剣」そのものが配備されていないそうなのです。

ドイツ連邦国防軍現用コンバットナイフKM2000を見ると・・確かに着剣さ せる装置がないように見えます。

なお、ドイツ軍の使用するG36小銃は日本の自衛隊でも取得しています。

自衛隊の銃剣は海外派遣で頼りになる!?

一方、日本の陸海空自衛隊での銃剣はとくに海外派遣の隊員たちから頼りにされているそうです。

杉山隆男さんの『兵士に聞け』などによるとカンボジアPKOにおいて、ライフルに弾丸を装てんしていない自衛隊員は現地民から「案山子」とからかわれたそうです。

そんなPKO活動中でも「着剣された小銃」がもたらす威圧効果は絶大で「銃よりも銃剣のほうが頼りになった」という「冗談」が生まれたとの逸話があります。

自衛隊銃剣格闘

余談ですが、自衛隊では現役の銃剣格闘もアメリカ陸軍では2010年に廃止しました。

現在の自衛隊では、旧日本軍の銃剣術を元に、戦後武道として競技化した銃剣道と、戦後に制定された自衛隊銃剣格闘の両方が実施されている。特に、銃剣道の練成は普通科中隊を中心に盛んに行われており、中隊の団結心の向上に一役買っている。銃剣道の攻撃方法が、銃剣の刃部にあたる先端(タンポ)による刺突のみであるのに対して、自衛隊銃剣格闘は、銃剣の刃による刺突に加え、斬撃、防御、銃床による打撃、銃全体を用いた打撃や刺突して銃を撃つ動作まで含まれる。

引用元 自衛隊格闘術 – Wikipedia

89式の銃剣は”多用途タイプ”

過去、多くの国の軍隊では戦場で缶切りを紛失した場合は銃剣を刺して缶詰めの蓋を開いて喫食していました。

近代以降は多くの軍隊でレーションには簡易な缶切りも付属するようになりましたが、兵士はこの簡易缶切りを大切に自分の認識票のボールチェーンに通して携行していました。

そして、現代では缶切り機能やワイヤカッター機能などを備えた多用途な銃剣を多くの国の軍隊で配備しています。

自衛隊の「89式用多用途銃剣」もその名の通り、ワイヤーカッター機能や、鞘には缶切り、栓抜き機能も搭載されています。

自衛隊の銃剣は”刃付け”されていない?

ところで、自衛隊が使用している銃剣には普段は刃付けされておらず、”刃引き”の状態です。

海外派遣や有事の際に、グラインダーで刃をつける(研ぐ)ことになっています。

かの・よしのり氏の著書でも第4章 最高の89式小銃に「研いではならない「銃剣」」という一編があります。

ですから、普段は先が尖っているので何かを刺すことには使えますが、切るという目的で使うのは難しいのが現状です。

このため、隊員は演習中、作業としてナイフが必要な場合はほとんど私物の市販のアーミーナイフや、サバイバルナイフを使っています。

銃剣はカンピン。壊したり紛失すると大変なことに……。

それに、銃剣は官品ですから、壊したり紛失すると大変なことになります。銃剣は法律上の武器でもあり、また国民の税金で買った大切な装備品ですので、私物のサバイバルナイフや10徳ナイフ(アーミーナイフ)感覚で扱うことは許されません。紛失すると大捜索が待っています。

銃剣を紛失したら750人で大捜索!

実際、過去には北海道の広大な演習場として知られる北海道大演習場島松地区(恵庭市)で訓練中だった陸自の男性陸士長が、さやに入れて携行していた銃剣を紛失し、750人の隊員で捜索活動に当たったにもかかわらず、発見できなかったという事案がありました。

「そこが変だよ自衛隊」でも記されていますが、自衛隊では薬きょう一つ無くしても大捜索が行われます。

カラ薬莢の場合、探しても見つからなければ、こっそりとカラ薬きょうをポケットから出して「あったどー!」とやれば「お咎め無し」だったそうですが、さすがに銃剣でそれをやるのは無理が。

ただ、自衛隊では装備品の管理が米軍などに比べると大変厳しく、紛失するのは稀なことです。

でも、2015年の9月20日には滝川駐屯地の隊員が演習中に銃剣を一時紛失し騒動になりました。


記事の執筆者・著作権者 jieitaisaiyou.com


スポンサーリンク