自衛隊の戦闘装着セット

sentsoutyaksettbanner

陸上自衛隊の個人装備が戦闘装着セットだ!


スポンサード リンク

自衛官に貸与され着用する迷彩服や、バックパック、そのほか被服、個人装具一式。

これらは一式で貸与され「戦闘装着セット」と呼ばれており、戦闘職種の陸上自衛官にとっては基本となる装備です。

kojinsougu-2016-001kojinsougu-2016-002

 

全部まとめると滅茶苦茶重い

迷彩服、半長靴、雨衣で4キロ。防弾チョッキが約4.5キロ。吊りバンド、ピストルベルト、マグポーチ、救急品袋、これらで約1.5キロ。実弾入りのマガジン6本、手榴弾2個。これらだけで約3キロ。エンピ(携帯シャベル)が1キロ。ガスマスク(ポーチ込み)が2キロ。満水にした水筒1.5キロ。ケブラ鉄帽が1キロになります。

そして89式小銃銃剣で4キロ。

これでおよそ23キロ。

そして、レンジャー訓練や地獄の行軍になると背中に個人の携行品を詰めた戦闘背嚢(バックパック)を背負わなければなりません。小隊長や無線手は無線機も必要です。

13キロ近いパンツアーファーストを携行する砲手もいます。

上にはセット以外の品目も含まれていますが、「戦闘装着セットのみのフル装備は総重量30kg」になります。

迷彩服

迷彩服2型は耐熱加工されており、人体に対する高い防護性を有し、赤外線に対する偽装効果も備えている戦闘服です。自衛隊の迷彩服の解説はこちら

戦闘防弾チョッキ

陸自と空自に配備されている旧型の防弾チョッキは防弾チョッキという名称ですが、小銃の防弾効果はありませんでした。現在は改良された2型に移行しセラミックプレートを追加できる改良を施したものも使用されています。

戦闘雑納

戦闘装着セットの一つでお尻の上あたりにベルトに付けて装着します。

弾帯

陸上自衛隊 弾帯ベルト (PX)
陸上自衛隊 弾帯ベルト (PX)
B009YDGK62 | 誠和商事 |

弾納やその他装具を取り付けるためのベルトです。通常はサスペンダーで吊っています。幹部隊員や砲手などは拳銃を携帯しますので、官品の革製拳銃ホルスターやレッグホルスターを吊り下げることもあります。

在庫販売 JME 陸自新迷彩 129 サスペンダー
価格:3890円(税込、送料別) (2017/3/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

91式弾帯、弾帯2型、弾帯3型があり米軍のものと似ていますが、細部が違います。PX品でベルトの下に巻いて食い込みを和らげるクッションパッドが販売されています。

弾納

いわゆるマガジンポーチ。マガジンを収納するためのナイロン製ポーチ。64式と89式用、さらに9ミリ拳銃用のタイプがそれぞれある。後方職種ともなれば小銃をあまり扱わないので紛失防止も兼ねて弾納には実物の弾倉を入れないこともある。その場合、全弾装てんしたマガジンと同等の重量のオモリをわざわざ弾納に納めるというキ真面目な隊員も。

防弾チョッキ

戦闘防弾チョッキ、防弾チョッキ2型(改)、防弾チョッキ3型とグレードアップしてきました。

戦闘背のう

大型のリュックサックです。何が入っているか知りたい・・・?

半長靴3型と戦闘靴2型

陸上自衛隊には現在、半長靴3型と戦闘靴2型があります。この半長靴、一言でいえば単なる貸与品の一つ。しかし、自衛官の心構えと気合を実によく表すものでもあるんです。それが自衛官に課せられた「半長靴磨き」です。自衛官は好きか嫌いかにかかわらず自分に貸与された靴は徹底的に磨き上げることを入隊直後より班長や先輩に厳しく指導されます。少しでも磨きが足りず汚れていれば、ヤキが入り・・じゃなかった、やり直しを命ぜられます。ベテラン隊員の半長靴を見て下さい。もはや黒い鏡です。この磨きには様々なテクニックが先輩より直々に受け継がれており、また様々な専用のクリームやそれぞれの隊員こだわりの道具を使います。その道具の中でも、「女性用のストッキング」は磨きに重宝されます。へえ~。靴磨きって自衛隊の伝統儀式なんだね。一方で、とても蒸れるため、水虫の元になっているのも事実です。水虫は自衛官の職業病、「水虫になって初めて一人前の自衛官」などと自衛官自らも自虐的におっしゃったりもしますが、その裏で「か、かゆい・・・」と悩んでいる女性自衛官も多くいます。でも大丈夫、自衛隊の水虫薬は強力で定評があります。

部隊によっては私物のブーツも着用でき、ダナーSDFが人気です。ダナー社が自衛官向けに販売している半長靴で女性自衛官向けもあります。

先進装具システム

防衛技術シンポジウム2009で公表された技本が研究開発している次世代の銃を含む個人装具システムです。アメリカ軍でも一部は実戦導入されているようだがヘルメットにはGPSや無線装置が内蔵され見た目はまるで未来の兵士の姿。バイタルサインセンサと呼ばれる装置では隊員の生命状態をモニターできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自衛隊の戦闘装着セットとはこのように、ヘルメットから防弾チョッキやブーツまで含んでの貸与となります。

※参考文献
『学校で教えない自衛隊』荒木肇 著/並木書房 発行


スポンサード リンク


スポンサード リンク

あわせて読みたい