民間人でも自衛隊の戦闘機に体験飛行できるって本当?

実は本当だ。航空自衛隊の戦闘機による民間人の体験搭乗は実際に行われている。地上滑走だけではなく、実際に飛行を伴う本物の体験飛行だ。当然、体験搭乗機はF-15の複座型だ。

過去に公表された例では「アパグループ代表」が航空自衛隊のF-15戦闘機による体験搭乗をプレゼントされている。

参院外交防衛委員会で浜田靖一防衛相は、懸賞論文を主催した総合都市開発会社 「アパグループ」の元谷外志雄(もとやとしお)代表を小松基地(石川県)の F-15戦闘機に体験搭乗させていたことを明らかにしたことで発覚。

この点について98年から約1年半、小松基地司令を務めた田母神俊雄・前航空幕僚長は元谷氏が98年から10年間、小松基地を支援する民間組織の会長を務めたことから「功績に感謝し、大勢の希望者から選んだ」と証言した。

現在公表されているものだけでも、小松基地における部外者のF-15体験搭乗は平成18年度において6月に1回、同年8月に1回、同年12月に1回、計3回実施されており、また20年度においては4月に1回、7月に2回の計3回を実施している。

また、アパグループ代表以外にも体験搭乗をした民間人としては、女流作家の有川浩氏が有名だろう。有川氏もF-15に体験搭乗した「自衛隊協力者」の一人。その経緯を自衛隊公式サイトで読むことができる。

http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/soratobu/soratobu6.html

というわけで「自衛隊の戦闘機で体験飛行」という噂は事実である。


スポンサーリンク