自衛隊から逃げ出す脱柵の末路とは?自衛隊には潜在的な厄介者や部内ニートを集めた懲罰部隊や第303ニート教化中隊みたいなのはある?

Pocket

自衛隊から脱走することを脱柵と呼びます。逃げるとどうなるの……?

自衛隊の駐屯地や基地、演習場は外部からの侵入者を防ぐため、鉄条網つきの柵やフェンスでガードされています。

しかし、稀に柵を乗り越えて逃げ、所在不明になる隊員がおり、これを脱獄ならぬ“脱柵”と呼びます。

脱柵隊員は諸外国の脱走兵に該当し、自衛隊でも当然不名誉な行為であり、組織としての不祥事にも。

ただ「脱柵」は俗称であり、無断で訓練や指定された居住地から離脱していなくなったりする隊員を自衛隊では「所在不明隊員」と呼称し、勤怠上は所在不明となったときから欠勤扱いとなる。

所在不明になる場合、文字通り、夜中に駐屯地の柵を乗り越えて逃亡する隊員もいれば、休日に外出許可を受けて外出し、そのまま部隊に戻らずに行方をくらます隊員もいます。


スポンサーリンク

なぜせっかく自衛隊に入隊できたのに逃げる(脱柵)するのか?

脱柵の理由は訓練、それに人間関係の悩みなど多様でしょう。

このブラック民間企業が多い日本国でようやく公務員の立場と権利を手に入れたと思ったら即逃げ出すなんて、もったいないと思う人も多いかもしれませんよね 。

入隊したての自衛官候補生が、シャバが恋しくなったり、大好きなママの元に逃げ帰る場合もあれば、ベテラン陸曹がレンジャー訓練中に逃げ出す例(2015年)もあります。

とくに2006年に起きた陸自隊員が一時所在不明になった事案は、迷彩服のまま電車で実家に帰るなど、特異です。

陸上自衛隊第4師団司令部(福岡県春日市)は16日、第4後方支援連隊に所属する1等陸士の男性(20)が8月の演習中、無断で所在不明になったとして、停職16日の懲戒処分としたと発表した。1等陸士は「演習がきつく、嫌になった」と 話しているという。警務隊は1等陸士が銃剣演習場外に持ち出したとして、銃刀法違反の疑いで書類送検する。同司令部によると、演習は8月25~28日、長崎県と佐賀県にまたがる大野原演習場であった。1等陸士は25日午後8時半ごろ、迷彩服銃剣や防護マスクなどの装備をしたまま、無断で演習を離脱。翌26日、熊本県玉名市の実家に戻っているところを発見された。 銃剣などは演習場を出て約20メートルほど離れた場所に放置し、迷彩服姿のまま、電車などを使って戻ったという。

典拠元 朝日新聞社
http://www.asahi.com/national/update/1016/SEB200610160005.html

脱柵者(所在不明隊員)の捜索は警務隊や同僚隊員が全力で行う

このような所在不明隊員が発生した場合、ただちに所属部隊で捜索が開始され、私服の同僚隊員らが徒歩で市内を歩き回って捜索を行うほか、さらには所在部隊を管轄する警務隊へも通報が行き、警務隊が覆面パトカーで地の果てまで追っかけてきます。

警務隊員は自衛隊の中の司法警察職員。ときには脱走隊員の追跡も・・・。

入隊時に書かされた実家や知人宅はもちろんのこと、周辺駅などに即座に先回りされ、逃げ切るのはほぼ不可能。しかも、捜索に当たる隊員の交通費や宿泊費など必要経費は、全て脱柵した隊員が弁償させられてしまうのです。な、なんだとゥ・・?

「脱柵」を描く、元自衛官たちの自衛隊関連書籍・・どこまで”真実”?

dassakumanngainyou
自衛隊関連書籍においては、新隊員の脱柵はネタとしてほぼ必ず描かれる鉄板エピソードなのか、筆者がこれまで読んだ「元自衛官による著書」のなかで脱柵について触れている書籍は多くありました。

冒頭で引用している元自衛官・藤原さとし氏の『ライジング・サン』という作品でも脱柵に触れられており、制限時間内に所在不明の女性自衛官候補生を捜索し連れ戻す、同じ候補生たちが描かれます。その「脱柵」の説明を丁寧に行っているWAC候補生のセリフが・・・。

捜索隊が編成されて実家はもちろん
友人知人の家や関わりのある場所は徹底的に捜索され…
その捜索費用は全額脱柵者に請求されるらしいわ

典拠元:『ライジング・サン(2)』藤原さとし著

これはいけない。

すぐに点呼までに連れ戻して、事なきを得なければ。

捜索費用請求の件は、ほかにも元自衛官の大宮ひろ志さんも著書『そこが変だよ!自衛隊』で告白しています。

不正な手段で”脱自”を図る隊員には、部隊総出で厳しく対処するという自衛隊の規律が現れているのかもしれません。この脱柵ネタは元自衛官の自衛隊漫画には載っても、MAMORには載らないでしょう。

連れ戻された後の処遇は・・・?

勤務中に職場を離れて職務を放棄することは言うまでもなく規律違反ですので、他省庁同様に公務員としての一般的な懲戒処分が行われます。

なかでも多いのが3日程度の停職処分。

下記のブログ様によると、逃げた1士は頭を丸めて詫びを入れると幹部は不問にし、その後1士は3曹に昇任。脱走=即クビということはなく、更生の道どころか出世のチャンスも与えてくれるのが、自衛隊という組織なのかもしれません。

私の時の脱走隊員は、頭をお坊さんみたいに丸めて詫びを入れて一からやり直し、現在は心を入れ替えて3曹になったそうですが「脱走隊員のレッテルが貼られる中での訓練や勤務はツラかった。だからこそ二度とこのような過ちを犯してはならないと思った」と、その見つけ出した班長から人伝に聞きました。

引用元 『I LOVE 陸上自衛隊』様
http://ameblo.jp/himeno-osaka/entry-10602032134.html


イイ話ですね。ただ稀にですが、逃げ切ってしまう場合もあるようです。

その場合は本当に自分の意思で所在不明になったのか、何らかの事件に巻き込まれたり、外国勢力に拉致されたのか理由が不明のまま、5年ほど経つと懲戒免職処分になってしまうことが多いようです。

諸外国軍における脱走兵は平時でも重罪。軍法会議や懲罰部隊、戦時はその場で銃×刑も。

800px-V-22_M240_machine_gun
アメリカ軍では戦時、平時に限らず、脱走をすると基本的に脱走兵として逮捕され、軍法会議にかけられます。平時であれば、おおむね懲役刑ですが、戦時や戦場の場合は「敵前逃亡」とみなされるほど重罪であり「現場指揮官の裁量で即時、銃×刑も許される」という規定をとっています(ただ、名目だけで実際に執行される例は稀です)。

ソ連軍やナチスの武装SSは絞首刑をとくに好み、ドイツでは「(私は敗北主義者です)」との札をかけられて脱走兵、さらにはアメリカ軍に投降した自国の民間人が木に吊るされることもありました。

旧日本軍でも、敵前逃亡で処刑された兵士の遺族は1970年まで遺族年金を受け取れない措置を取られるなど厳しいものでした。

また、戦争中の場合は脱走兵が懲罰部隊送りにされることも儘(まま)あります。旧日本軍では陸軍教化隊が懲罰部隊に該当します。

自衛隊に軍法会議は無い

しかし、現代日本の軍事組織である自衛隊は「軍ではない」という建前があり、したがって軍法会議もありませんから、有事の際の敵前逃亡は自衛隊法違反にはなっても、刑事罰は懲役か禁固のみです。

懲罰部隊も絞首刑も現場指揮官の即時決済で刑が執行されることもありません。

これは大げさですが、平時の自己都合退職に限って言えば、もちろん自衛隊では本人の自由意志で行われています。ただし、自衛隊法上、戦争中は退職が認められない場合があります。平時に自衛隊を辞めるのは当然至極、個人の自由ですから、辞めたいのであれば、正規の方法で退職手続きをとるということは、やはり自衛隊に限らず民間の職場でも同じといえるでしょう。

自衛隊の脱柵のまとめ

自衛隊は諸外国の軍同様に軍事組織であり、そこには規則、規律、束縛、義務といったものが当然のごとく存在します。このようにまとめました。

別に自称アットホームなお店やド底辺のブラック企業みたいに「辞めます」と言った途端に「辞めたらオメェが抜けたせいで業務に支障が出る。テメエの親に損害賠償請求してやるからな」などはあるわけが無いので、辞めたければ普通の方法で辞めたほうが無難と言えるでしょう。底辺のブラッキーなどによくあるような飼い○しや、餞別代りのイジメがあれば問題ですが。

バブル時代には募集困難という実情がありましたが、気が付けば不況の昨今、いつの間にか自衛隊はそこらの民間の待遇を凌駕する花形職業となり、女が彼氏にしたい職業ナンバーワンにもなってしまいました。

しかし、自衛隊の高倍率化は若者が軍隊以下の扱いを受ける『アットホームな職場です!』が民間のとくに底辺に蔓延しているせいもあるとすれば、言いようのない恐ろしさを感じるのは筆者だけでしょうか。

いずれにせよ、自衛隊はやはり役所であり、惨めな奴隷ブラッキーとはまるで違う組織だと思います。

へえ~。自衛隊には潜在的な厄介者を集めた懲罰部隊や第303ニート教化中隊みたいなのはないってことだね。

しかし、上述の例の様にブラックの様な厳しい側面もありますので逃げるなら最初から入らないのが一般論としては一番ですね。


スポンサーリンク