Pocket

自衛官に課せられた「品位を保つ義務」とは

実は自衛隊員には自衛隊法第58条で品位を保つ義務が課されているため、脱色、茶髪、キンパツや長髪は認められません。

男性自衛官であれば、基本的に髪を伸ばすことはできず、女性自衛官の場合は、髪が長い場合、後ろで束ねるように規定されています。

もちろん、女性であっても脱色するなどして品位を損なうこともできません。

このように自衛隊員の髪型についてはきちんと基準が設けられ、全部隊で厳しく統制されています。

とは言うものの、自衛隊が公式協力した「空飛ぶ広報室」というドラマでは「あんなに髪の毛の長い男性隊員は実際に空自にいない」と元自衛官らから髪型を批判されていたことも話題になりました。

登場人物の自衛隊員役の俳優を見ると確かに長く、最近の自衛隊広報誌「MAMOR」を読んだ限りだと、いかにも若者風の髪型の隊員も目立ってきてもいますが、長髪は実際の隊員には見かけないスタイルかもしれませんよね。

いずれにせよ、ドラマと違って、実際の自衛隊では服装容儀基準が定められており、自衛官の威厳や国民からの信頼を損なうようなハデな髪形、脱色は許されないのが現状です。

また、「自衛官は皆スポーツ刈りですか?」なんて思っている方もきっと多くいるでしょう。

でもこれは、一部正解で一部間違いです。自衛隊では新隊員の教育を行う部隊として陸海空に教育隊を設けており、新隊員はこちらで「新教」と呼ばれるベーシックトレーニングを受けます。この前期と後期に分けられた教育期間における隊員の髪型は、例外なく男子はスポーツ刈り(女子はベリーショート)です。

これは自衛官の採用試験に合格し、着隊した直後に、バリカン(女子は自衛隊に呼ばれた美容師さんに切ってもらいます)でみんなが、同じように刈られます。

部隊配属後は比較的自由に伸ばせる

教育期間を終了すると部隊配属と言って、一般の部隊へと配属になり、はじめて蓄髪を許されます。

しかし、前述したように髪型など身なりについては厳格に基準があるので、自衛官らしく品位を保ち、国民から信頼されるようなものにしなければなりません。

部隊で違う髪型!

さて、このように実際の陸海空の男性自衛官の頭髪を見ると皆、裾を刈り上げて精悍な髪型にしていますが、さらに短くしている部隊もあります。

それが、陸上自衛隊の中の第一線である戦闘職種である普通科、さらに第一空挺団、西部方面普通科連隊の隊員。

なかでも西部方面普通科連隊はWAiRと呼ばれ、精鋭部隊として名をはせていますが、隊員たちは格闘戦で髪の毛をつかまれないよう考慮し「マリーンカット」という坊主頭にしています。

また、左右と後ろを精悍に刈り上げた自衛官特有のヘアスタイル三辺刈り上げも特徴的で、第一空挺団員等のバリバリの第一線職種の自衛官といえば、とりあえずこのヘアスタイルになっています。

このように一部の部隊では精悍に「坊主頭」にしている場合もあります。

では、部隊配属後の女性自衛官のヘアスタイルは・・・・?

一方、女性隊員の髪型は基本的に男性隊員と同じく教育隊では自由な髪型が制限され、教育期間中の女性隊員たちはベリーショートです。

しかしやはり、部隊配属後は伸ばせます。訓練の様子は自衛隊広報誌「MAMOR」に掲載されています。

ただし、伸ばせると言っても、勤務中は長い髪の場合、後ろで束ねることが規定されています。

航空自衛隊の女性隊員の服装容儀基準では、サングラス・カラーコンタクトは許可制、髪の脱色は禁止、染色は良いが自然な見栄えにすることや、化粧は身だしなみ程度。

さらに刺青はシール含めて禁止。被服はプレスせよ。香水は控えめに。ストッキング着用・・などなどキビシイ基準が強いられているのです。

また、婚約・結婚指輪は良いけれど、ピアスは許可制です。このように女性自衛官の身だしなみは髪型を含めてとっても細かいのが現状です。

参考文献「東長崎機関」 http://www.higashi-nagasaki.com/c/jin/jin48_02.jpg

ところで、「女性兵士の髪型」の在り方を象徴的に描いた映画に「G・Iジェーン」というアメリカの作品があります。

この作品はアメリカ海軍のインテリジェンス部門に勤める女性将校であるオニール大尉が、海軍特殊部隊「Navy SEALs」に米海軍史上はじめて女性兵士として志願し、12週間の厳しい訓練を受けて卒業し、実戦経験を積むまでの物語ですが。

オニール大尉を演じる女優のDemi Mooreが海軍基地内のPXにある理髪店で、自ら電気バリカンで坊主頭にするシーンも話題になりました。

女性兵士の髪型の問題は女性兵士の前線勤務そのものについても考えさせられますよね。

ただ、 実際にアメリカ軍では2013年に女性兵士の特殊部隊訓練参加を認める計画を打ち出しており、2016年までにそのシールズに女性隊員を訓練に参加させるそうです。

米軍ではイラク戦争や、アフガニスタン紛争で、実に148 名の女性兵士が命を落としていますが、日本では女性自衛官が戦闘職種に就くことは制限されており、レンジャー 教育や特殊部隊(特殊作戦群特別警備隊)への選抜は行われていませんので、映画のような女性自衛官はまだまだ先になりそうです。

※追記 海上自衛隊では女性自衛官の特殊部隊配置制限が廃止されました。

自衛官の散髪

ちなみに自衛官の散髪ですが、勤務中に散髪することが認められています。

どこの基地、駐屯地でも厚生棟という隊員向けの娯楽エリアに床屋が入っているので、勤務中にゆったりチョッキンチョキン。

そう、自衛官は品位を保つ義務があるので、勤務中でも床屋は恒常勤務の中でも優先事項なのだ。

自衛官の「ひげ」は?

広報誌を見ていると、たまに立派な口ひげを生やした自衛官を見ることがあります。

御ひげについては、髪型と違って上司の許可を受ければOKとのことです。

他の公務員の容姿基準については詳しくありませんが、自衛隊では厳格です。

しかし、近年インテリジェンスに力を入れている自衛隊では「とても自衛官に見えない格好」もするのかもしれません。


記事の執筆者・著作権者 jieitaisaiyou.com


スポンサーリンク