陸上自衛隊高等工科学校ってどんなところ?

15才以上の男子を対象とした陸上自衛隊の付設教育機関、高等工科学校とは?


スポンサード リンク

 

陸上自衛隊高等工科学校の概要

「陸上自衛隊高等工科学校」はその名のとおり、陸上自衛隊に付設されている3年制の学校です。本校では普通科高校と同様の教育を行う「一般教育」、また自衛隊の専門的な技術の教育を行う「専門教育」、陸曹候補者として必要な防衛教養や各種訓練を行う「防衛基礎学」を主たる教育としています。

基本的には「工学エンジニアの自衛官」を養成する学校であって「将来の幹部自衛官」を養成する学校ではありません・・・というのが建前になっており、旧・陸軍幼年学校とは異なります。ただし、本人の希望と適正と成績および、試験を経て、ヘリのパイロットや幹部も将来的になることはもちろん可能です。

なお、18歳未満の女性が自衛隊に入隊することは現状では許されておらず、自衛官ではない高等工科学校生徒であっても女子の入学はできません。

学校は神奈川県横須賀市の陸自武山駐屯地に所在し、海自と空自の分屯地も隣接しており自衛隊の施設としては大規模なものです。

前身組織であった陸上自衛隊少年工科学校との違い

元々、本校は『陸上自衛隊少年工科学校』という名称でした。少年工科学校生徒の身分は完全な自衛官であったので、これが問題となりました。

2000年5月に国連総会で採択された「武力紛争における児童の関与に関する児童の権利に関する条約の選択議定書」を日本が2004年5月に国会承認したことから18歳未満を自衛官にすることをやめ、制度改正を行い、少年工科学校から高等工科学校へ名称変更すると同時に身分を自衛官ではなく防衛省職員となっています。

 

高等工科学校の男子生徒の日常

生徒は全員が寮生活となり、厳しい教官及び先輩の指導により、心身ともに鍛えられていきます。

その生活スタイルもやはり自衛官候補生とほぼ同じです。朝は6時に起床、整列点呼を行い、朝食後に日課として授業を受けたり自衛官となるための訓練を受けます。

その厳しさは旧・日生学園の便所ワッショイのように精神や肉体を鍛えられるでしょう。

私物の持ち込みは最低限のものだけが許可されますが「趣味のもの」は原則的に不可です。

生徒は強制ボウズです。しかしながら、学校内にある理髪店ではスポーツ刈り、角刈り、オシャレボウズなどなど各種メニューがありますので、色んなボウズを楽しめます。

部屋は6人部屋です。二段ベッドが三つ置いてある白色のステキな部屋です。売店はもちろんあり、アイスやジュースなど何でも売っています。

さらにドーナツ屋さん(ミスタードーナツではありませんが)も出張販売に来てくれるのですが、いつも大繁盛です。朝は平日は6時、休日は7時起床です。消灯は22:30分(休み前日は23時)です。

もちろん、ゆとりある教育の週休二日制です。部活はもちろん、クラブ活動、ホームルームなどもあります。

 

高等工科学校のメリット

厳しさ以上にメリットもあります。

  1. 公立の通信制高校と提携しており生徒課程修了時に高卒資格を取得できる
  2. 月額 94,900円の生徒手当て、さらに年2回ボーナスが支給される
  3. 身分は特別職国家公務員である自衛隊員として保障される
  4. 宿舎、食費、被服類、寝具はそれぞれ無料か貸与である
  5. 自衛隊病院を無料で利用できる

給与

過去の陸上自衛隊生徒3等陸士の初号俸が152,100円だったのに対して、新制度の高等工科学校生徒は月額94,900円です。

さらにこの中から、共済組合掛金(保険料)等が引かれるので、実際の現金支給額(手取り額)は約80,000円程度です。

もちろん、公務員ですので給料が少ないからといって、アルバイトをするのは禁止されています。

制服

以前の「少年工科学校」時代は陸上自衛隊の制服とほぼ同等のODカラーの上下制服に、臙脂のネクタイなどエレガントでアバンチュールな自衛隊高校の制服でした。

現在、制度変更に伴い、「高等工科学校」の制服はツメエリになっています。

高等工科学校での銃の訓練

第1学年次においては小銃を扱った訓練が行われません。第二学年から段階的に64式小銃を使用した訓練が始まります。

その他のポイント

さて、この自衛隊高等工科学校は入校すると同時に、県立横浜修悠館高校(以前は神奈川県立湘南高校通信制課程の普通科)に入学しますので、自衛隊員と県立高校生という二束のワラジをはくのです。

なお、自衛隊高等工科学校生徒も高校野球に出場できます。

信じられないが本当だ。

というのも前述したとおり高等工科学校入校と同時に神奈川県立修悠館高校通信制課程普通科コースに入校するので、高校生の身分もゲットできるためです。

横浜修悠館高校の野球部員として目指すことになりますが、スケジュールはかなり過酷なのは言うまでもありません。高校生で公務員で野球部・・・こんなリア充で魅力的な男性には、そこらへんの女性もコロリでしょうね!

卒業後はどうなるの?

卒業後はそのまま幹部候補生学校、もしくは防衛大学にエスカレーター進学できると思ったら大間違いで、お坊ちゃま私大のような甘い制度ではありません。

さすが自衛隊、厳しい。

例年、高等工科学校の卒業生の90%は、そのまま陸上自衛隊の陸士長に任用されますが、卒業時に防衛大学校や空自や海自の航空学生を受験することは可能ですので、さらなる高みを目指して防大に進む者や、パイロットをめざして航空自衛隊や海上自衛隊の航空学生を受験、合格して陸自以外の各部隊に所属を移る者もいます。

多くは卒業後、正式な陸上自衛隊陸士長として陸自で勤務することになりますが、もちろん、ただの陸士長ではなく制服のエリに栄光の桜バッジがキラめく「陸曹候補者たる陸士」なのです。

そして、陸上自衛官としての基礎教育を1年間受けた後に3等陸曹に昇任が許されます。

3等陸曹昇任後は、各種区分の試験の受験機会が出来るので、これに合格すれば、陸上自衛隊の幹部自衛官となることも可能ですし、陸曹操縦課程に通ればパイロットになることもできます。

このように高等工科学校を卒業したら、エスカレーターで防大行けるのか?幹部になれるのか?ということはなく、まだまだジエイカンエライ・・という感じにはならないようです。

高等工科学校まとめ

  1. 高等工科学校は陸上自衛隊の教育機関である。
  2. 高等工科学校はエンジニアを養成するための教育機関である。
  3. 高等工科学校に女子生徒はいない。
  4. 高等工科学校を卒業しただけではエスカレーターで幹部になれない。

このようにまとまりました。


スポンサード リンク


スポンサード リンク

あわせて読みたい