自衛隊体験入隊方法!『おひとり様自衛隊』は可能?自衛隊の体験入隊を利用して会社組織に最適な人材に変身!社長こそ入れや!の声も一部であるという



『学生や社会人を対象とした「隊内生活体験」が人気だけど、一人でも入隊可能?』

『最近、企業が自衛隊体験入隊させるのが流行ってるみたいやけど何が目的なん?私兵作るん?』

『体験入隊ってお金かかるの?』

などなど昨今話題の自衛隊体験入隊に対する疑問は多いと思います。体験入隊プログラムに参加する個人、そして団体の方々の職業はフリーターから会社員、公務員、大学生とさまざまで、とくに個人参加の方はその参加理由を「震災で(自衛隊の)大きな存在感を感じたから」など東日本大震災での自衛隊の活動を挙げる人が多いようです。

この記事では俗に自衛隊体験入隊と呼ばれる隊内生活体験プログラム制度についてご紹介いたします。


スポンサーリンク

自衛隊が個人や団体の体験入隊制度を行う目的

自衛隊ではもともと、体験入隊を自衛隊の活動を国民に広く知ってもらうための広報と位置づけ「自衛隊への理解を深めるきっかけになれば」と個人、それに民間企業や官公庁といった団体へ”自衛隊塾”の門戸を開いています。

部外の者が自衛隊の基地や駐屯地の中で隊員の実際の日課で数日間共に寝起きし、規律正しい生活を送る合宿を行い、自衛官としての基本的な作法を実体験してもらうことで自衛隊に対する理解を深めてもらえれば良い、という目的での試みだったのです。

企業・団体側が体験入隊を利用する思惑とは?ニート予備軍を排除したいんじゃ~!

そして昨今では民間企業からニーズが高まっており、2003年にはたった数社だった企業・団体による自衛隊体験入隊が、2013年度時点では数百社にまで増加しています。

企業・団体側は組織の利益追及のため、新入社員、組織構成員に規律や礼儀、そして下の者は社長やリーダーなど、目上の者には絶対服従という体育会系の思想を求めており、高度な集団行動能力を安価または限りなく無料に近い費用の研修で身につけさせたい考えがあります。企業側はこのような規律ある集団行動訓練を通して、社員が利己を没し、いかに己を律することができるか見極めたい考えです。となれば、軍隊の訓練はある意味、個人の都合など絶対に許さないマン軍隊的な日本企業にピッタリです。

このように双方の利益が一致した結果、社員研修としての体験入隊を行う企業、銀行などが増えています。

中には社長の儲けのために働く会社員よりも、自衛隊のほうが自分に合ってると、体験入隊がきっかけで会社を辞めて本職の自衛官になってしまった人もいます。

一人のミスや怠けが集団の責任に!

言われた手順を無視してマイルールで仕事を行ってミスやトラブルばかり起こす俺様上等な人、それでいて自分の権利ばかり主張する人、つまり組織や団体の利益に繋がらず、将来的な不祥事予備軍になりそうな人をいかに炙り出していくか、企業の研修担当の腕の見せどころなのかもしれません。

一方、研修を提供する自衛隊側では一人(個人)のミスや怠け(一般的なサボリに限らず、被服のプレス不足なども含む)を全員のミスや怠けに置換し、全員で罰を受けるという連帯責任を信条としているので、人と違う行動が多く、忘れんぼなどケアレスミスも多いような、どうしても『個』が出てしまう人だと、かなりハードな研修になりそうです。

ただ、利益のみを追及する日本企業ではミスの多い発達障がいのある人を排除するのが潮流ですが、世界的に見ると、全体的な能力は低くても、特定分野のみズバ抜けて長けているADHDの兵士を使って映像・画像・地図を分析する情報部隊(自衛隊では中央情報隊に相当)Unit9900を編成しているイスラエル軍の実例もありますし、日本も昨今では自衛隊もアスペルガーの多いとされるハッカーを警察庁後援のSECCONおよび自衛隊独自オーディションでの上位入賞者を新規編制されたサイバー防衛隊の隊員として採用するとしています。

当然、体験入隊における教育研修でも同じで、時間を守らない一人がいれば、それは連帯責任として全員が厳しく指導(腕立て伏せ)されますから、やはりお客様扱いの自衛隊観光ツアーとは趣が違うと言えるでしょう。

現在、全国では日産自動車など誰もが知る大手企業のほか、一般の官庁でも体験入隊を教育研修として取り入れています。また新日鉄住金グループの日鉄エレックス北九州本社は30年以上にもわたって自衛隊への体験入隊によって新人の研修を行っています。

さらに企業や官庁のみならず、兵庫県宝塚市にある私立の宝塚音楽学校の生徒、いわゆる”タカラジェンヌ”たちも1989年から入校生全員が陸上自衛隊伊丹駐屯地で基本教練の研修を受けています。

参考サイト様 宝塚音楽学校 自衛隊 基本教練風景 2009-2010

彼女たちの男性ホルモン多目の大声や行動力は自衛隊で受けた研修の賜物かもしれません。

自衛隊の体験入隊(隊内生活体験)の資格や条件などは?

誰でも参加可能?

基本的に団体生活ですので、必要最小限のルールを守れることが前提で、守れるのであれば、誰でも体験が可能です。

なお、自衛隊の体験入隊が可能な方は日本国籍を有していることが前提条件となっています。

個人参加は可能?

基本的に体験入隊はある程度、人員のまとまったグループや団体および、企業等の申し込みが原則となっており、個人の場合は申し込みできませんが、部隊によっては一人での参加も認められる場合があります。北海道の北部方面隊の行う「隊内生活体験」だけは一人での参加も可能という特色があります。この利点を活かし、北海道のみならず、本州から参加する人も実際にいます。ほかの部隊によっても、期間を限定して体験入隊を実施し、個人の申し込みを受けられる場合もあるとのことです。個人の場合も、粘り強く交渉してみてください。

無職でも参加可能?

個人参加でフリーターの方が実際に体験入隊されています。

年齢制限は?

実施する部隊によって異なりますが、おおむね高校生程度以上になっています。なお、北部方面総監部が毎年7月から8月に実施している「青年サマーセッション」では20歳~35歳くらいまでの男女を対象に実施しています。

申し込み先は?

防衛省によると『体験入隊の窓口はすべてお住まいの近隣の地方協力本部になっている』とのことですので、お近くの地方協力本部の窓口で直接聞くのが良いでしょう。

体験入隊では各種の費用が掛かる

これらの研修制度には基本的にどれも食事の費用と暖房光熱費、衣類のクリーニング代が徴収されます。二泊の体験入隊の場合は平均で1800円~3000円程度となっていますが、内容によっては数万円と高額の場合もあります。

このように高額な場合もあると言わざるを得ませんが、お金を払ってでも自衛隊で研修したい、迷彩服を着たい、小銃を見たい、ヘリ乗りたい、C-1ジェット輸送機乗りたいという人たちがいる限り、自衛隊も少々高めの価格設定(!?)で臨んでいるのではないでしょうか。

3自衛隊のさまざまな”体験入隊”制度

各種の体験入隊制度を概略で説明いたします。それぞれの企画で内容や費用に相違があります。費用は改定されている場合があります。

「青年サマーセッション」

陸上自衛隊で青少年を対象に行っている体験入隊です。食事4食分、貸与した迷彩服などのクリーニング代、光熱費などで参加費は3000円程度かかります。

「青少年広報」

海上自衛隊では夏休み期間中の中高生を対象とした「青少年広報」を実施しています。こちらでは艦艇による体験航海が行われます。

「大学生等サマーツアー」

同ツアーでは大学生などを主な対象としており、陸上自衛隊駐屯地、航空自衛隊基地などで研修が行われます。

戦闘機をすぐ側で見学したり、パイロットに質問をしたりなどなど、将来有望な大学生には魅力的な研修メニューでトコトンサービス!

ただし、平成24年度9月に行われた大学生ツアーの参加費用は食事代および、諸雑費として、実費が25,000円とかなり高額となっており、交通費も参加者負担です。

平成26年に行われた大学生等サマーツアーでは航空自衛隊入間基地から、参加者45名が航空自衛隊のC-1輸送機に体験搭乗し、宮崎県にある航空自衛隊新田原基地へ向かいました。

典拠元 自衛隊公式サイト

http://www.mod.go.jp/j/publication/events/univ/summer/2014/

「女性専用自衛隊見学および体験ツアー」

現在、自衛隊では20代女性向けの体験入隊として、自衛官と同じ迷彩服を着用し、生活と訓練を一泊二日で体験する「パセリちゃんツアー」や、20歳以上の女性を対象として基地内の施設や装備品などを見学する「女性のための一日自衛隊見学」が行われています。これらはどちらも公募による抽選です。

パセリちゃんツアー(体験入隊)では自衛隊の敬礼など基本教練を受け、自衛隊の作法を学んでもらうほか、自衛隊の食事を喫食したり、ピストルやアサルトライフルなど防衛装備品の見学のほか、音楽隊による音楽演奏、CH-47大型ヘリによる「体験搭乗」などイタレリ尽くせりで楽しいメニューがいっぱいです。

これら女性向けの体験入隊イベントも毎回応募が非常に多く、大盛況だそうです。

平成24年3月に伊丹駐屯地で行われた「女性のための一日自衛隊見学」での内容は訓練体験、防衛問題の概要説明、隊員との懇談、体験喫食というものでした。こちらは実費が3000円になっています。

体験入隊時に体験できること

内容については各方面隊、駐屯地で多様ですが、一般的には自衛官の行う基本的作法、敬礼などの実習、これら基本教練を体験し、穴を掘ったり埋めたり、腕立て伏せをしたり、ロープ渡り体験、磁気コンパスを使ってコンパス行進、夜中に非常呼集されて災害派遣出動準備の体験などを通して、自衛隊の任務と役割を知り、そして集団行動と規律を学びます。

さらに自衛官による防衛問題などの講話、天幕(テント)設営などの野営実習、お愉しみとしてはヘリコプターなどの航空機、戦車など車両の体験搭乗も用意されている場合があります。

運が良ければ、UH-1Jによる”体験搭乗“ができるかも・・!?

銃器については当然、展示されているチェーン付きの銃以外触れることは許されませんが、朝日新聞の報道によれば、自衛隊も実際の訓練で使用している重さ3・5キロの東京マルイ製イミテーションを渡されて、動作訓練の体験などを受けた民間人女性が報じられていました。

さらに、戦闘糧食を実際に食べる実習も用意されている場合があります。

ほかにも・・・ ・食事の持ち込みが可能 ・体験期間は日帰りから2泊3日まで可能 ・訓練内容は要望に応じて組まれるなど、各団体の希望が研修に組み込まれることもあります。

募集については各地方の自衛隊地方協力本部や師団の公式ホームページにて案内されていますので要チェックです。

自衛隊体験入隊のまとめ

  1. 体験入隊では団体申し込みが基本。個人の申し込みもできるが、ほぼ限定的。
  2. 企業の新入社員の研修目的利用が増えている。
  3. 体験入隊は全国的に人気で、抽選の場合もある。
  4. 体験入隊には食費や光熱費、クリーニング代など費用が掛かり、実は無料ではない。
  5. 体験入隊の日数は二泊三日程度が一般的。
  6. 研修メニューは自衛官としての基本動作の研修、規律の向上などを目的としたものが主で、楯の会の訓練みたいなことはできない。
  7. 研修メニューは団体の希望などを考慮してくれる場合もある。
  8. 体験入隊は日本国籍を持つ人のみ可能。
  9. 「社長こそ入りやがれ」という新入社員の声もある。
  10. 会社辞めて本職になる人もいる。

なるほど。昨今では、企業や官庁などが新規採用者の規律意識と目的達成のための集団行動能力を高め、上の人間の命令をよく聞いて、反抗せずに素直につき従うこと、つまり会社組織に服従、隷属する優秀な日本的サラリーマンとしての資質を早い段階で身に着けさせる研修プログラムの一環として、自衛隊の隊内生活体験、いわゆる体験入隊を利用することが全国で増加しているんだね。このようにまとまりました。よろしくお願いいたします。


スポンサーリンク