予備自衛官と予備自衛官補、どう違うの?義務の有無、年間訓練日数など、その違いを解説だッ!

Pocket

簡単に言うと、予備自衛官とは自衛隊退職後に民間企業などで働く元自衛官が自ら志願して任用される予備役制度。対して予備自衛官補は自衛官経験が一切ない人が自ら志願して任用される予備役制度です。つまり、元自衛官か、まったく自衛官経歴がないかの違いですが、年間の訓練日数や義務などに違いがあります。

今回の東日本大震災では、自衛隊史上初めて、予備自衛官が召集されました。

平時において常に維持されている自衛官を常備自衛官と呼びますが、予備自衛官の場合、普段は民間企業などで民間人として働きながら生活しています。

防衛招集命令、災害招集命令、国民保護等招集命令により招集されると、出頭した日をもって予備から正式な自衛官となり活動を行います。

災害派遣はもとより、いざ戦争が起きた場合は召集され、武器を持ち、常備自衛官とともに任務に就くと取り決められています。

予備自衛官の運用事務は各地の地方協力本部が行っており、予備自衛官予備自衛官召集訓練において、年間5日間の訓練を受けます。

また予備自衛官の身分は非常勤の特別職国家公務員であり、任官者には予備自衛官手当・訓練招集手当が支給されています。


スポンサーリンク

予備自衛官迷彩服や銃は貸与されているの?

予備自衛官に貸与されるのは、常備隊員と同等の迷彩服ほか装備品一式です。

鉄帽については常備部隊からは退役した旧式の66式鉄帽が貸与される場合があります。

これらは銃を含め召集されたときに毎回貸与されます。

そのため、訓練実施日に貸与されるたび、迷彩服階級章を縫いつけるのが予備自衛官の訓練の特徴です。

訓練など

射撃は自衛官の基本的技術ですから、もちろん予備自衛官も必修科目になっています。

予備自衛官も毎年の射撃訓練では射撃検定が行われ、200メートル先の的を89式自動小銃で撃つ射撃訓練を行います。

得点によって合格、不合格があり、しっかり記録に残るため真剣に臨まなければなりません。 体力検定も予備自衛官として任務を遂行するため重要です。

災害派遣に関する訓練では各種のレスキュー機材を使用した災害派遣訓練も行います。自衛官が災害派遣される場合に適用される法律や権限を学ぶ座学もあります。

ほかに、野外衛生という野戦などでの救護訓練を行います。

また、特殊武器防護訓練では福島第一原発でも使用されている簡易防護服「タイベックス」の使用方法と、使用後の処理方法などを学びます。

市街地戦闘訓練では昨今、自衛隊も設置した訓練施設でおなじみ、新しい自衛隊の任務の一つ「市街地戦闘」を学びます。

陸自が採用する「即応予備自衛官制度」とは?

予備自衛官の中でも、とくに士気が高い者が任用される陸自のみの制度、それが即応予備自衛官です。

平成9年度から陸上自衛隊限定で始まった同制度は、これまでの予備自衛官制度と異なる画期的な制度です。その名が示すとおり、即応性の高い予備要員で通常の予備自衛官よりも訓練・出頭回数が多く義務付けられており、予備自衛官の中でもとくに技量が高く精強です。

予備自衛官を雇った会社に国から補助金が出ます。
http://www.mod.go.jp/pco/aichi/yobi/koyo.html

※参考文献 『自衛隊広報誌 MAMOR』扶桑社 発行 など

自衛隊経験のない民間人を採用する予備自衛官補制度

2001年(平成13年)に創設され、2002年度から陸上自衛隊のみで採用されている制度です。
普段は社会人として定職に就き、3年間で50日の訓練を行って有事に備える自衛官経験の無い男女隊員を募集する制度です。

一般大学に通いながら、幹部候補生を目指す学生が、その士気向上の為に志願するケースが目立っています。

身分は非常勤の防衛省職員(特別職国家公務員)となり、国際法上の戦闘員として戦闘を行うことも可能ですが、通常の常備自衛官や予備自衛官と違い階級はありません。

なお、海上、航空自衛隊では予備自衛官補制度はなく、陸自のみの制度です。報酬は教育訓練を受けると教育訓練招集手当が支給され、戦争が起きた場合などは、防衛招集に応じると出動手当てが支給されます。

任用中は「教育訓練に応じる義務」のみを有し、入隊時には、教育訓練召集に応じる文面の宣誓文に署名捺印をする事が義務付けられていますが、常備自衛官の様に防衛招集や国民保護等招集に従う義務や災害招集に応じる義務はありません。

一般公募および技能公募予備自衛官補の教育内容

予備自衛官補の区分には、主に駐屯地や防衛関連施設の警備その他後方支援を実施する『一般区分』と、医療資格取得者や語学技能者を対象とした『技能区分』の2種があります。

一般公募予備自衛官補は一般予備役隊員として勤務するコースで、基本教練(隊列行進や敬礼など)、歩哨・斥候、野戦築城、長距離行進、自動小銃の分解結合、戦闘訓練、射撃訓練等を3年間で合計50日間教育を受けます。

また、技能公募予備自衛官補は医師などの難関資格者が採用される制度で、基本教練(隊列行進や敬礼など)、歩哨・斥候、野戦築城、長距離行進、自動小銃の分解結合、戦闘訓練、射撃訓練等が行われます。

訓練日数は短く、2年間で合計10日です。

試験の概要と試験レベル

採用に当たっては筆記試験と身体検査が行われますが、警察や消防と違って腕立て伏せや腹筋などの体力試験はありません。

ただし、筆記試験は国数社理英が満遍なく出題される濃密な内容となっており、常備自衛官を目指すコースである「自衛官候補生」採用試験よりも難易度が高く設定されています。

予備自衛官補に関する市販の試験問題集がありますので、事前に予習が可能です。

また、作文の例題では「国の防衛に対して思うこと」 などといったものが出題されます。


スポンサーリンク