自衛隊の弾道ミサイル迎撃構想『MDシステム』とは

いわゆる弾道ミサイルとは核、生物、化学などさまざまな弾頭を1万キロ以上先の敵国へ着弾させ、攻撃できる大量破壊兵器だが、中国や北朝鮮では高性能弾道ミサイルの配備を進めており、対策が急がれる。

弾道ミサイルとは、ロケットエンジンにより発射された後、弾道軌道、すなわち放物線軌道を描いて飛翔するものを指します。

出典 防衛省公式サイト https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/bmd/

日本にとって長らく脅威にさらされているのが北朝鮮によるミサイル発射実験だ。

1998年には北朝鮮政府が人工衛星の打ち上げと称して、日本の東北上空を飛び越える形で弾道ミサイル『テポドン』の発射を行う事態が発生したが、日本政府は発射前から発射兆候を把握していた。

日本は、ミサイル攻撃などへの対応に万全を期すため、2004(平成16)年度からミサイル防衛(MD)システムの整備を開始している中、その後も北朝鮮政府は繰り返しミサイルの発射を行っている。

これらのミサイル発射への対応として、日本は事前に航空自衛隊のペトリオットミサイルを全国に展開させたほか、海上自衛隊のイージス艦による迎撃体制を敷き、不測の事態に備えた。これらの事態では実際に弾道ミサイルを撃墜することはなく、ミサイルは日本列島を飛び越えて太平洋に落下したために人的被害などは出ていない。

周辺諸国の弾道ミサイル配備状況ならびに日本ではどのように弾道ミサイルから防衛を貫徹するのかに迫る。


スポンサーリンク

新たな脅威・弾道ミサイル「北極星2号」

昨今、北朝鮮政府による弾道ミサイル開発が目覚ましいスピードで進んでいる。2017年2月12日、これまでの液体燃料を個体燃料にしたことで発射プロセスの簡略化を図った新型中距離弾道ミサイル「北極星2号」の発射が北朝鮮指導部によって行われた。

これまで同政府の配備していた液体燃料タイプのミサイルでは、実際の発射までに数時間以上かかっていたため、アメリカ軍は軍事衛星によって事前に窺い知ることが容易だったが、燃料を個体化したことで新型ミサイルの発射にかかる時間はわずか数分に短縮されている。

一方、北朝鮮政府の後ろ盾である中国の弾道ミサイルも無視できない。

東風21号は中国の実質的な戦略ミサイル部隊である第二砲兵隊が配備している核搭載中距離弾道ミサイルだ。日本の主要都市が標的とされており、250kt型水爆は広島型原爆約16発分に相当するとされ、日本の首都や札幌市、大阪市など全国の政令指定都市が照準になっているとみられる。

2014年に外務省が専門家に委託して行った研究では人口100万人の都市で1メガトン級の水爆がさく裂した場合、被害は長崎の50倍、広島の60倍。37万人が絶命し、熱線は14キロにも達し、46万人が負傷する。

たった一発でも水爆が直撃すれば、我が国は甚大な被害を免れない。では我が国の防衛力、すなわち自衛隊は如何にしてこのような脅威に立ち向かうのか。

弾道ミサイル迎撃のための日本の防備とは

自衛隊では普段から他国の無線通信を傍受したり、航空自衛隊が各分屯基地のレーダーサイトへ配備する高性能のFPS 5、 FPS 3、 FPS 7といった「ガメラレーダー」、情報収集衛星、さらには情報本部の自衛隊員によるヒュミントや、サイバー防衛隊のハッカーがネット上からその痕跡を探ったりするなど、地道なスパイ活動などによってミサイルの発射兆候や飛来を警戒監視している。

自衛隊にも諜報や防諜といった情報部隊はある?

特に日本はコレラ外国からの長距離ミサイルからの攻撃に対応するため、2004年からは MD システムと呼ばれるミサイル防衛システムの構築を開始した。

MD システムとはイージス艦への弾道ミサイル対処能力の付与さらにパック3の配備などあらゆる弾道ミサイルからの攻撃に対して自衛隊が装備するための体制である。

中でも航空自衛隊の配備する警戒管制レーダによる弾道ミサイル探知および識別と追尾は非常に重要である。

令和元年現在、日本には全国13箇所、北海道から沖縄まで航空自衛隊のレーダーサイトが設置されているが、これらのレーダーサイトによる切れ目のない警戒監視活動により、中国および朝鮮半島からの弾道ミサイル等の飛来に目を光らせているのだ。

これはジャッジと呼ばれる自動警戒管制システムだ。ミサイル発射に備え24時間365日、全国各地のレーダーが捉えた情報を集約、一元的に処理をしている。

ほぼ瞬時にミサイルがどこへ着弾するのか計算ではじき出と、間髪を入れずに洋上航行する海上自衛隊のイージス艦に瞬時に迎撃を命令するのがbmd統合任務部隊指揮官、航空総隊司令官だ。

弾道ミサイルが発射されてから総理大臣の判断を仰いでいては合わないため、現場の自衛隊指揮官が躊躇なく迎撃指令を出せるという仕組みである。

このようなシステムが既に日本で整備されているのである。

一方、アメリカ軍では対弾道ミサイル用の高性能前方警戒レーダー「Xバンドレーダー」が配備されており、日本の航空自衛隊基地にも米軍の「Xバンドレーダー」が配備されている。

破壊措置命令と迎撃の手順

弾道ミサイルが日本に飛来・落下する恐れのある場合には「破壊措置命令」、すなわち迎撃指令が防衛大臣により下される。

弾道ミサイルが発射されると、まずはブースト段階という加速の段階に入り、加速しながら宇宙空間へ飛び出すが、その直後ミッドコース段階を経て、大気圏へ再突入するターミナル段階に至り、その後目標へ着弾する。自衛隊では宇宙空間で迎撃するミッドコース迎撃と、ターミナル段階での大気圏内迎撃の二つで対処する手はずになっている。

弾道ミサイル迎撃でまず出番となるのが、海上自衛隊のイージス艦だ。宇宙空間での迎撃にはイージス艦に搭載されているSM-3ミサイルが用いられる。

イージス艦の艦橋側面に設置された八角形の盾こそがイージス艦の外見的特徴だ。これはフェーズドアレイ・レーダーのアンテナ部であり、伊達や洒落でつけているわけではない。

イージス艦に搭載されるSM-3の発射部

現在、SM-3ブロックIIAが日米で共同開発されているが、2017年2月にハワイ沖で行われた迎撃試験で模擬弾の迎撃に成功している。

そして万が一、イージス艦のSM-3が撃ち漏らした場合、今度は大気圏内での最終迎撃手段として、地上の航空自衛隊高射部隊が配備するペトリオット『PAC-3』の出番だ。PAC-3は大型トレーラーの車体を利用しており、迅速に全国展開できるのが強みだ。

航空自衛隊のミサイル防衛の一翼を担うペトリオット「PAC-3」

これまでのPAC-2では主として航空機を迎撃目標にしたものであったが、PAC-3は主として弾道ミサイル迎撃を担う。PAC-3の射程は数十キロにも達し、大気圏内での最終段階、ターミナル段階での迎撃を担う最後の切り札だ。

北海道長沼町に所在する航空自衛隊長沼分屯基地では第11高射隊と第24高射隊が駐屯するが、同部隊の任務は湾岸戦争で優秀さを証明した長射程の「ペトリオット」を用いて、敵ミサイルを無力化することにある。

ミサイル以外で迎撃する方法も現在研究が進められており、我が国の同盟軍であるアメリカ軍では、ABL(Airborne Laser、空中発射レーザー)というメガワット級の酸素-ヨウ素化学レーザー(COIL)を開発しており、ボーイング747型機に搭載して実際の迎撃実験を行っている。これはミサイルの燃料タンク付近をレーザー光線で加熱し爆発させるという手法を取る。

核ミサイルは誘爆するのか?

弾道ミサイルがもし核ミサイルであっても、迎撃時に誘爆する可能性は低いとされている。核ミサイルの起爆システムは精密かつ複雑で、迎撃による外部からの爆発で誘爆する可能性は極めて低いのが化学的な見方だ。しかし、上空で迎撃した場合、核ミサイルに搭載されているプルトニウムなどの核物質が広範囲に散らばる可能性は残る。

ミサイル防衛のまとめ

このように、日本の主要都市は中国や北朝鮮の弾道ミサイルの標的にされているのが実情だ。

これらの脅威に対し、わが国ではMDシステムを構築し、レーダーサイトによる警戒監視と普段からの地道な情報収集、そして実際の実力手段として海上自衛隊のイージス艦に搭載されたSM-3迎撃ミサイルによる上層迎撃、そして各地に配備されている航空自衛隊高射部隊のPAC-3ペトリオットミサイルによる下層迎撃という二段階で対抗、24時間体制で日本を防衛しているのだ。

参考文献 防衛省公式サイト https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/bmd/


スポンサーリンク