自衛隊の中のお店のはなし

迷彩訓練用品から特殊雑誌まで売っている自衛隊の中のお店


スポンサード リンク

教育期間中の新隊員等は容易に駐屯地や基地の外に出られません。

そこで、自衛隊の駐屯地や基地の中には隊員の福利厚生を全力でバックアップする厚生棟という建物が設けられています。

そこには喫茶店、床屋さん、有料ネットコーナー、ATMなどなど、たくさんの便利なお店などが入っています。

また、自衛隊の中の購買である「PX(ポストエクスチェンジの略)」には、私物用の迷彩服からお土産まで何でもあります。

ポストエクスチェンジは元は米軍用語です。昔ながらの日本軍用語でいえば酒保となります。アメリカ海軍の空母などにも艦内に売店が入っており、大抵のものが販売されています。

自衛隊のPXも半長靴から迷彩服、日用品、雑誌、腕時計、お土産まで何でも売っています。

自衛官が正式に国から貸与や支給されている制服迷彩服戦闘装着セットなど、任務に使用する様々な被服類や装具などを「官給品」や「官品(カンピン)」と呼びますが、官品で支給されない装備品類や便利小物を隊員個人が私費で買って揃えたのが「私物」です。

それらを隊員各自が調達しているのがPXなんです。

PXはたいてい駐屯地の厚生センターという棟に入っていますが、駐屯地や基地だけではなく防衛省本省にも設置されています。

本省の中の売店には、だれでもお土産を購入できるお店と、現職自衛隊員かその付き添いが無ければ利用ができないという大変厳しいお店の二つがあります。

自衛隊にとってはこの「売店の充実っぷり」は隊員の士気向上に役立っています

さて、PXは福利厚生、すなわち営内生活を送る曹士隊員の日常生活における購買の拠点として、結構重要な施設になってるんです。へえ~。いや、マジで。

部隊の規模にもよりますが「自衛隊のPXに無いモノは無い」とよく言われます。

もちろん、無い場合は外の店に買いに行くことになりますが、大抵のものは買えてしまいます。

駐屯地や基地にもよりますが、厚生センターには10分百円のネットスペースもあったり、喫茶店や床屋も入っているので、些細な娯楽や大抵の用事はここで事足ります。

東千歳駐屯地には厚生センターにモスバーガーも。

mos

でも、さすがにパチンコはありません。あったらまさに自己完結型組織ですね。カイジかよ。

隊員に人気のPX商品はナニ?

さて実際、どんなモノが充実しているのか?独断と偏見でランキングつけちゃいますぞっ。

また、現職から怒られるぞ。

第三位!漫画雑誌&大人向け特殊雑誌!大人向け特殊雑誌は記念祭など一般開放時は隠されるぞ!

第二位!お菓子、菓子パン!これも若い隊員にすごく売れます。

そして、栄光の第一位! 各種訓練用品や被服。やっぱり!

やっぱりPXには自衛官が日常使う迷彩の訓練用品が多く並んでいますから。

中でも迷彩手袋や皮手袋の種類が豊富でびっくり!身分証入れも種類がたくさん。ちなみに隊員に限らず、基地、駐屯地の開放日などでは、一般人でも店に入り購買することが出来ます。

よく見る市販の日用品がOD色や迷彩に塗られている「自衛隊仕様」の商品群を普通の人が見たらびっくりするかもしれません(階級章など一部の商品については部外の方の購入はできません)。

ちなみに次点は衣類用洗剤。結構種類が豊富でツルハもびっくり。

ちなみに、北海道内の陸上自衛隊基地内売店で売り上げがダントツな商品と言えば・・・・

“陸上自衛隊戦闘靴専用”の消臭剤NAMARA good(なまらグッド)。

男性のみならず、女性自衛官もご愛用。

だから女子高生もこれを使ってね。夕方のバス車内は部活帰りの女子高生が(略)ウッ。

自衛隊の基地や駐屯地のオリジナルお土産

そして、自衛隊の基地や駐屯地内の売店ではそこでしか買えないオリジナルお土産も売っているんです。

定番の携帯ストラップなどのほか、自衛隊砲弾まんじゅう(600円)が今一番人気なんだとか。丸くて白いおまんじゅうで、中身はあんことチョコ。皆さんもぜひ一度ご賞味あれ。

またさらに自衛隊にはオリジナルのラーメンがあり、SDFヌードル、自衛隊オリジナルラーメン「標的」の2つは高い人気を誇っています。

さらに新顔登場!こちらは全国の駐屯地でおなじみ、その名も藤原製麺のミリタリーラーメン!濃厚で美味しいそうです。 さらに航空自衛隊千歳基地の隊員食堂のカレーを再現した一般社団法人 千歳観光連盟の「航空自衛隊千歳基地 昔ながらの食堂カレー」も大人気。おかわりもいいぞ!

他にもいろんな商品があるので、記念祭などで駐屯地や基地を訪れたらお土産を忘れずに買っていきましょう。

隊員の私物はどこまでいいの?

さて、自衛隊員の「私物」はどこまで持ち込み可能、あるいは業務に私用してもいいのでしょう。

これは部隊によってバラバラと言わざるを得ません。PXに売ってる訓練用品ならなんでもOKのような部隊もあれば、厳しく統制されているところもあるようです。

西部方面普通科連隊など、部隊によってはチェストリグなど個人装具に私物品の割合が多い場合があります。これらの場合は、官品よりも米軍実物採用品などのほうが優れていたりといった理由から装着しています。

中には「官品の汚損や紛失防止のためPX品を使う」という隊員さんもいます。何を使っていいか、何を使ってはだめなのか実際は、部隊単位での基準となり全国でバラバラなのが現状のようです。

なお、自衛隊の官品の被服には官給品であることを示す「桜にQマーク」が入ります(武器の場合は「桜にWマーク」)。

このマークがついてるものは管理を厳にすることが求められ、紛失や譲渡、それに売却などは絶対にできません、万が一、官給の装備品がオークションなどに流れた場合、払下げ以外であれば横領や横流しなので、警務隊の出番となります。


スポンサード リンク


スポンサード リンク

あわせて読みたい