自衛官の俸給(お給料)はいくら?

記事読了までの目安時間: 722

 

新兵200万円、幕僚長で2000万円・・・

自衛官には厳しい任務が報われる額の給与が支払われている。

自衛隊員にはトップの統合幕僚長から一番下の階級の2士、さらには修行中の見習い丁稚奉公「自衛官候補生」、高等工科学校生徒まで様々な隊員がいます。

当然、勤務年数や階級、さらには勤務成績によってお給料は様々です。

自衛隊のみならず、官公庁では人事の公正な基礎の一つとするための評定が行われており、これを勤務評定と呼んでいます。

つまりオシゴトにおける成績。ボーナスは勤務評定が額に響ます。

一方で、自衛隊には男女の性差による給料の差は一切ありません。

それでは国を守るホコリ、自衛官のお給料について詳しく迫ってみましょう。

スポンサード リンク

 

自衛隊の中で給料が高い人たちと各種手当について

当然、自衛官は特別職国家公務員ですから、底辺企業の様なものとは違い、基本給のほかに各種手当てが加算されます。戦争が起きて防衛出動すると防衛手当ても加算されます。

昨今では異常気象で災害派遣も増えていますが、自衛官の災害派遣手当は一日1,620円で、特に危険な場合においては3,240円です。

なお、不発弾処理手当ては出動1回につき5,200円となっています(危険性が低い場合は時給で110円)。さらに、自衛隊の中で手当てがいっぱいつく隊員たちが います。

例えば、海上自衛隊では護衛艦などの船に乗組むと、基本給の33%(潜水艦は45.5%)の乗組手当が支給されます。また、船が出港するたびに航海手当が支給されますので、地上勤務の隊員に比べるとやはり高給取りです。

海上自衛隊の艦艇乗組員にも水上艦と潜水艦とがあり、潜水艦乗組員のほうが手当が高く設定されています。

 

またパラシュート降下を行う第一空挺団は落下傘隊員手当、陸上自衛隊特殊作戦群および西部方面普通科連隊のレンジャー小隊には特殊作戦隊員手当ても。


西部方面普通科連隊のレンジャー隊員。危険な任務に見合った手当が支給されています。


その他にも自衛隊には下記の様に様々な手当てがあります。

(参考)自衛官モデル給与例(PDF:65KB)
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/seisakukaigi/pdf/01/shiryo4_1_2.pdf

 

期末・勤勉手当(ボーナス) 通勤手当 単身赴任手当 扶養手当
寒冷地手当 住居手当 特別勤務手当 落下傘隊員手当
爆発物取扱作業等手当 営外手当 管理職手当 航空手当
航空作業手当 除雪手当 特殊作戦隊員手当 災害派遣等手当
超過勤務手当 ×体処理手当 船舶検査等手当 坑内作業手当
落下傘降下作業手当 地域手当 休日給
国際平和協力手当 夜勤手当
夜間特殊業務手当 航空管制手当
異常圧力内作業等手当
夜間看護等手当
イラク人道復興支援等手当
管理職員特別勤務手当等
国際緊急援助等手当


典拠 http://www.mod.go.jp/pco/wakayama/boshu/kyuyo/kyuyoshogu.html

 

基本は早く結婚して、扶養手当をもらう

自衛官として定年まで勤めるには3曹から・・と別のページでも説明いたしましたが、結婚する自衛官は3曹からが一番多くなっています。

3曹になれた時点で自衛官としての能力を認められており、将来的に順調に出世できて、ある程度安定性を保証されています。

ですから結婚する自衛官の多くは3曹以上が多くなっています。

 

パイロットの年収は?年収1060万円を超える隊員も。

年収1000万円近く稼ぐパイロットもいるって本当なの?

さて、3自衛隊で活躍する航空機のパイロットや乗組員たちのお給料を見て行きましょう。パイロットには飛行手当が支給されています。

自衛隊の中でも花形職種と言えばやはりパイロット。現在、自衛隊に操縦資格を持つ隊員は陸上自衛隊に約1200名、海上自衛隊に約1000名、航空自衛隊に約1000名います。

そのうち女性パイロットは陸上自衛隊6名、海上自衛隊8名、航空自衛隊14名です。

朝から夕方までずっと飛ぶだけがパイロットの一日・・なんて思っている方は賢明な読者の中にいないはずですが、自衛隊のパイロットの一日のスケジュールは過密で、綿密な打ち合わせ(ブリーフィング)と航空機の点検のほか、やはり自衛官として体力練成、格闘訓練、ときには年間数十発ですが、けん銃の射撃訓練も行っています。

彼ら(彼女ら)、パイロットの年収はいくらくらいになるのでしょうか。

パイロットには、空を飛ぶたびに「飛行手当て」が加算され、場合によってはこの飛行手当てが基本給を上回ってしまう逆転現象が起きることにより、とっても高いお給料が支給されることになります。

自衛隊の給与は細かい規定の中で決められますので、一概には言えませんが、目安としてはプロペラ機のパイロットの場合、高卒の3曹(25歳)で年収490万円。2曹(35歳)で年収690万円。曹長(50歳)で年収920万円ぐらいになります。また、防衛大卒の3尉(25歳)で年収570万円。

飛行班長クラスの3佐(35歳)で年収900万円。飛行隊長クラスの2佐(40歳)で年収1060万円になるようです。このように「人の頭の上を飛ぶ責任の重さ」と比べるとびっくりするほど安い!?

「カネのために飛んでるんじゃねえし」とパイロットからお叱りを受けそうですね。

後日、「そんなに高くない」と本当にお叱りをいただきました。

pmorakujyanaize

参考文献 http://www.13hw.com/jobcontent/05_08_03-a.html

特地勤務手当や南極手当でドカント稼ごう!そうだ!特地行こう!

僕には群青の空を飛ぶ技能も適性もない、でもドカント稼ぎたい・・そうや、田舎イクッペ!というわけでもないですが、僻地勤務もまた高額の手当が出ます。

例えば、北海道の礼文分屯地。ここ花の浮島・北海道礼文に所在する分屯地勤務の隊員には特地勤務手当4級(夏季11%、冬季15%)および広域異動手当が付加されます。

また、地球の果てと形容もされる南極。自衛隊では文部科学省とコラボして南極観測業務を支援しており、隊員も南極へ派遣されています。というわけで最高で一日4100円の「南極手当」もあります。

自衛隊の偉い人たちの給料は? 幕僚長で年収2000万円

陸上自衛隊のトップである陸上幕僚長は月収が120万円前後となっています。それにボーナスや各種手当てが付加されますと、合計で年収は2000万円前後になりますから、自衛隊のトップともなれば、まさに大企業の重役クラスです。でも、自衛隊が同盟を結んでいるアメリカ軍の幕僚たちはさらにセレブです。「米軍高級軍人たちの豪勢なセレブぶり」とのことで、下記のサイト様で紹介されています。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1123&f=politics_1123_005.shtml

「米軍高級軍人たちは専用機を支給され、軍隊から無償で提供される宮殿のような官邸に住み、 専門の運転手やボディーガードがつく」そうです。

その中でも米軍アフリカ司令部の最高司令官のウィリアム氏は最近、軍用機で妻子をショッピングやスパに送ったり、公金で一晩750ドルの豪華ホテルに宿泊、ワシントンの出張では5台の白バイを使い道を開けさせていたことなど公金横領流用が発覚したそうです。

さすがに日本の自衛隊では幕僚でも専用飛行機や「宮殿」のような官舎を貸与してはいません。普通の官舎です。

しかし、さすがアメリカ軍はスケールが違うなと感じます。

自衛官のお給料まとめ

今の日本は使い捨て、派遣、ブラッキー、わんおぺさん、などなど若い男を食いつぶして捨ててニート大量生産して国力衰退させる謎の自爆国であり、女性としては稼げるオトコと結婚するのはなかなか難しいですよね。

ですから、女性の多くが公務員のオトコを見つけようと血眼になっています。そして白羽の矢がグサッと自衛官に。

前述したように自衛隊の安定度は抜群!自衛隊最強です。このようにまとまりました。


スポンサード リンク

あわせて読みたい