自衛官が顔に塗ってるアレ

記事読了までの目安時間: 559

顔面に擬装を施す「ドーラン」や「フェイスペイント」とは?



スポンサード リンク


顔面にドーランで偽装を施した自衛官

演習中の自衛隊員をテレビや雑誌などで見ると、顔に何かを塗っていますよね。あれは何でしょう。

その模様はまるでスイカのようです。これは野外で顔を目立なくするための「偽装」で、米軍では「フェイスペイント」や「カムフラージュ・メイク」、「ドーラン」などと言います。

「お化粧」というのは冗談ではなく、ドーランは実際に役者などが顔に塗って舞台に立っていますし、自衛官が使うドーランもまるでファンデーションのコンパクトのようなケースに入っています。

なにより、自衛官が愛用するこのドーランを作っているのは、お化粧品メーカーであるカネボウ(現在はクラシエ)さんなんです。

その名も「クラシエ カムフラージュメイク」

これももちろん、自衛隊の中の購買であるPXにて販売されています。

それにしても、化粧品のカネボウさんが自衛隊用の迷彩偽装用のドーランを製造販売していたなんてびっくりだね!

陸自の職種によっては写真の様に威圧感のあるカモフラージュ・メイクをする場合も。

実際にどんなふうに塗るかというと、実際に自衛隊の公式サイトで紹介されているので参考にされてください。

日常生活ではあまり、参考にする場面は無いと思いますが・・・。

参考文献 陸上自衛隊第一師団公式サイト
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1d/html/4gimon.html

なんで顔に迷彩カラーを塗るの?

kaogisoukoushin

女性がお化粧をする理由は、目や口といった顔のそれぞれのパーツを強調することにより、女性本来の持つ顔の美しさをより美しく補完するためですよね。

ところが、自衛隊員が行う顔面への迷彩のお化粧は、まったく逆。

つまり、顔のそれぞれのパーツを顔本来のパーツとして人の目に認識させないように擬装し、野外で背景に溶け込ませるのが目的です。

本来、正面から見た人間の顔は目、鼻、口といった3つのパーツで構成されています。ですから、人間は潜在意識としてこの三つのパーツを見ると人間の顔と認識しています。

このため、本来の目、鼻、口といった3つのパーツでなくとも、図形などが三つのパーツを構成していも、人間の顔と認識することもあります。これをシミュラクラ現象と言います。

例えば心霊写真が良い見本で、偶然写った目と鼻、口のような光の悪戯を見ると、人間の顔と錯覚してしまうことがあります。

このように人間は脳の中で、少しでも人の顔っぽいものを見ると、顔だと認識しています。

ですから、人間が人間の顔を認識する能力は人が本来持っている潜在的なコミュニケーション能力と言えるでしょう。

しかし、自分の姿を隠したい戦場にいたのなら、素顔を晒す行為は適切ではありません。

人間の顔を顔と認識させないために目、鼻、口を偽装、秘匿してしまうことが必要です。

さらにもう一つの目的として彼我、つまり敵味方の識別をするために特徴的な擬装を施すこともあります。

「対ゲリラ戦闘訓練でも、彼我の区別をつけるため、自衛隊では装備品の身に着け方までも、明確に決められています。顔に塗る迷彩のドーランのパターンも、当日に隊長が決めたものに従い、それ以外は敵と見なされます」

引用元
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120615/Taishu_politics76.html

上記に引用させていただいたように、敵味方の識別用でもあるこのドーランの塗り方は訓練や演習においても大変重要になっていますから、決して適当に塗りぬりしているわけではなく、統制のもとで厳格に運用されています。

擬装の種類

昼間擬装

150910-M-XW268-086-1

基本的に、昼の擬装は緑色をベースにして配色しています。次に茶色を乗せます。

茶の割合は緑よりもやや少なめと言ったところでしょうか。

さらに、人間の体を体と認識させないように、ギリースーツ、さらに草木などを適宜着用して人体の輪郭をぼかせば、偽装は完璧です。

夜間擬装

夜間の場合はやはり、闇に紛れるため暗い黒を配色のベースにしています。

自衛官とて、化粧をしたら落とす!

さて、みなさん。ドーランが”お化粧”であることから、何かに気が付いた方はいませんか?
とくに女性の方でピンときた方はいませんか?

そう、化粧をしたならば、化粧を落とすためのメイク落としも必要です。

最も手っ取り早いのは、やはりクレンジングシートです。自衛隊でも多くの隊員が化粧落としにはこだわりがあるようです。

フィクショナル作品でも登場するドーラン

US_Navy_SEALs_in_from_water「自衛隊特殊コマンド部隊オメガ7(創生編)」にて「お化粧は大事だぞ」と新人の田中君が耳にまで塗るように先輩の小松さんと平岡さんに教育されてました。同じくコミックの「続・戦国自衛隊」では、主人公の島2尉率いる自衛隊部隊が、同じくタイムスリップして日本制覇を目指そうとする米軍の寝こみを襲う場面で、島2尉がなんと「バットマンマーク」を目元を中心に描くというコッタ塗り方を披露していました。コウモリのごとく、闇にまぎれて動く自分たちを現したのでしょう。映画では有名な「コマンドー」でシュワちゃんが出撃前に顔どころか、ムキムキの上腕部にまで塗ってましたよね(迷彩服を着ればいいのに)。「山猫は眠らない」というスナイパーの映画では、実戦経験のない新人の顔の塗り方がおかしくて、ベテランのベケット曹長に「くすくす・・・」と笑われて「なんだ?変か!?」と焦ってました。

迷彩ドーランによる顔面擬装まとめ

  1. 実はカネボウがドーランを作っていた。
  2. 昼と夜では配色が違う
  3. 昼用の擬装は緑色をベースに塗り、さらに茶と黒を足してゆく。
  4. 黒を塗り際立った凸部分を潰し、凹部分には明るい黄色を塗ること。
  5. ドーランは顔のキワ、耳の裏と中、襟元の首部分まで塗ること!
  6. 色の境界線はぼかすこと。
  7. 秋は黄色と茶色を多めにする。
  8. 自衛官とて、化粧をしたら化粧は落とす。

このようにまとめました。

典拠元

この記事を執筆するにあたり、扶桑社発行の月刊自衛隊広報誌「MAMOR」VOl.105号(扶桑社)を参考にさせていただきました。

 


スポンサード リンク

あわせて読みたい