飛行教導群が担う『アグレッサー』任務とは?

2014年に航空自衛隊の航空総隊直轄の飛行教導隊から新編された『飛行教導群』は、空戦における調査研究と教育指導を目的とする空自最強のエリート教官パイロット集団だ。

『飛行教導群』は優秀な教官の集団

飛行教導群は”アグレッサー部隊”とも呼ばれる。アグレッサーとは詮ずるところ「敵役」であり、その役目を務めるのだ。米軍にも同様の部隊があり、その日本版である。なお、米軍のアグレッサー部隊の女性教官を主人公としたコミック作品に「レッズ・イン・ブルー(笠倉俊夫) 」がある。

この手ごわい飛行教導群の”教官集団”は全国各地の飛行隊を巡り、空の上で実際に敵役として模擬訓練をしながらパイロットに戦術指導を施すことを恒常任務としている。

飛行機を自分の手足のように動かすためには、まず計器飛行とアクロバットのマスターが基本であると熟練の操縦士は言うが、飛行教導隊の教官は航空自衛隊の中でも最高峰の技術を持っている。


スポンサーリンク

飛行教導群の配備する機体

1981年に福岡の築城基地に編成された旧・飛行教導隊ではT2超音速練習機を主力として配備した。性能的にはF86とF104の中間的な性能を持っており、T2練習機は両機種のつなぎとして使用された。

通常の空自F-15はロービジと呼ばれる灰色の制空迷彩だが、彼らの現在の乗機は「わざと目立たせる」ために赤や青などのまだらの配色で挑発的な迷彩が施された副座のF-15DJなのだ。

戦技競技会で全国の空自飛行隊と戦う

戦技競技会で飛行教導群は仮想敵役として毎回、選ばれた各飛行隊のパイロットと空中戦を実施する。


スポンサーリンク