幹部自衛官を目指す防衛大学校ってどんなところ?大学卒業資格は取れる?

Pocket

防衛大学校生

1954年に神奈川県横須賀市に設置された防衛省独自の教育機関である防衛大学校では将来自衛隊の幹部となる者を養成しています。教育内容は文部科学省の定めた大学設置基準に準拠しているので、卒業生には一般大学同様に「学士」の学位が授与されます。外国軍における士官学校に相当しますが、入校中の身分は自衛官ではなく自衛隊員です。

試験の難易度は難関国公立大学並みであり、受験料が無料なので、難関大学受験生が腕試しに毎年受けることでも知られています。

防衛大を卒業すると、陸上・海上・航空の各自衛隊の自衛官(曹長)に任命され、引き続いて幹部候補生学校に入校します。その後1年で3尉に任命されます。

防衛大の教育と学生生活

防衛大では、教養教育、 外国語、体育の科目と専門科目(人文・社会科学専攻または理工学専攻)を一般大学と同じように教育しています。これに加え、独自の防衛に関する学術分野である防衛学の教育も行います。

入学金や授業料がかからないばかりか、毎月学生手当として給与が支給されます。

なお防衛大にも留年はあり、同じ理由で2回留年すると退学処分になります。学生生活は基本的に、全学生が寮生活のため自宅通学は一切できません。土日の外出や外泊は可能です。年間の休暇には夏季休暇(約1ヶ月)、冬季休暇(約10日間)、春季休暇(約10日間)があり、この間は帰省や旅行等も可能です。

ただし、校友会活動の合宿などに充てられることもあります。公務員ですのでアルバイトなどはできません。基本的に幹部自衛官となることが目標であり、自分より年上の曹士隊員に舐められないように曹士隊員以上の体力と知識、負けん気が必要となるため、年間目標が設定された厳しい体力トレーニングが待っています。

また、防衛大には漕艇部、サッカー部、バスケ部、少林寺拳法部、ラグビー部、アメフト部、弓道部、吹奏楽部など各種の部があります。

防衛大学校の広報行事やパーティなどについて

学生の恋人など部外者を招く卒業ダンスパーティがあります。また、「防大ツアー」という見学会も実施されています。実施日は原則として、祝祭日を除く毎週月曜日(午後)・水曜日(午前と午後)・金曜日(午後)となっています。

本部庁舎玄関・資料館・記念講堂・学生舎・学生会館などが見学できる魅力的なツアーです。防大グッズも購入できます。

増える任官拒否者・・・2016年度は前年度の二倍に!

防衛大を2016年度に卒業する419人のうち、じつに47人もの学生が、卒業後に自衛官とはならない「任官拒否」の意向を示していることが報じられていますが、防衛大の歴史の中で、もっとも任官拒否者を出したのは91年です。

当時はバブルのまっただ中で、ボデコンギャルがデスコで踊り狂う一方、海外ではキナくささを増しており、1月に湾岸戦争がぼっ発。これを受けて機雷掃海や邦人救出で自衛隊が出張ることを見越した学生たちが一斉に任官を拒否し、実に94人もの任官拒否者を出しています。

なお、防衛大卒業後の進路の人気順ですが、第一位は憧れの青く上質な制服の空自。そして第二位は潮風香る海自。第三位が・・・陸自となっています。

防衛大学校のまとめ

というわけで、幹部自衛官を目指すなら防衛大学校を志願して入学を目指すのが何よりの正しいコースです。


スポンサーリンク