航空自衛隊の新型輸送機「C2」開発完了

次期主力輸送機「C2」の開発段階機「XC-2」

C-2は日本が戦後自主開発した機体として過去最大である

これまで技研で開発が続けられていた次期主力輸送機「C2」の開発が完了しました。

現在、航空自衛隊では中国との戦闘を念頭に置き、空自美保基地(鳥取県境港市)のみに配備するようです。


スポンサーリンク

 

防衛省は27日、航空自衛隊が配備する新型の主力輸送機「C2」の開発を完了したと発表した。
C2は現在の主力輸送機「C1」の後継機として、C1の4.5倍となる36トンの貨物を搭載でき、満載時の航続距離は約4500キロに達する。
74式戦車と同等の火力を持つ「機動戦闘車」や多用途ヘリコプター「UH60」なども空輸でき、南西諸島をはじめとした離島防衛の強化や海外派遣任務への迅速対応が期待される。

C2は当分の間、空自美保基地(鳥取県境港市)のみに配備される。
機体は全長と全幅が約44メートル、全高約14メートルで、最高速度はマッハ0.8を超える。

典拠元 http://www.sankei.com/politics/news/170327/plt1703270031-n1.html

新型機「C2」にはなんと機内にトイレが2か所もある!もう大丈夫!

開発段階のXC-2

 

防衛装備庁は公式に搭載重量(ペイロード)は36トンであると発表しています。

http://www.mod.go.jp/atla/research/kaihatsusoubi/C-2.html

約44tの最新戦車「10式」は搭載出来ませんが、陸自で新たに配備した約26tの16式機動戦闘車は余裕で運べます。

航空自衛隊が現在主力で配備する戦術輸送機C-1の異常に短い航続距離問題

現在航空自衛隊で配備されている主力輸送機「C1」は航続距離が非常に短いことが問題となっています。なぜこのように航続距離が短くなったのか、その理由は定かではありませんが一般的には政治問題とされています。

しかし、実際に運用する航空自衛隊ではこの航続距離の短さは輸送機にとって致命的な問題として1984年にはロッキード社のC-130Hを導入し、多くの輸送任務をC-130Hで行うに至っています。

 

C-130H 戦術輸送機

C1は海外派遣での輸送能力、航続距離に乏しく、ハーキューリーズに頼っていましたが「C2」の新配備により、部隊の展開能力が飛躍的にアップすることになります。

 



スポンサーリンク

あわせて読みたい