Pocket

 

なんと自衛隊は訓練で89式のエアガンを使っているらしい?(画像は実銃)

 

自衛隊がエアガンで訓練しているというのは本当だろうか。実は本当。自衛隊の市街地戦闘訓練における近接戦闘訓練を支える安全資機材はなんとエアガンだったのである!

 

実は、自衛隊では稀に実弾で撃ち合うこともありますが、2006年からはエアガンを用いた「近接戦闘訓練」いわゆるCQBトレーニングを正式なトレーニングメニューとして行っています。

なぜ、自衛隊がエアガンで訓練をするようになったのでしょうか。

なぜ自衛隊がエアガンで訓練することになったのか

そもそも、自衛隊では実弾を使わない実戦的な戦闘訓練として、以前から実銃に装着する「バトラー」と呼ばれるレーザー式射撃訓練装置を使って「よりリアルな」訓練をしていました。

これは実弾の代わりにレーザー光線を用いて命中判定をする交戦用訓練装置で、発光部を小銃、機関銃に装着し、受光部(ヒット・インジケーター)をハーネスで各隊員の身体に着装します。

kenetukunrenkoushikiinyou
また、対戦車火器や戦車にも装着が可能で、効果的な戦闘訓練が行えます。このシステムが描写された映画にアメリカ海兵隊教育隊の訓練と実戦を描いた「ハートブレイクリッジ Heartbreak Ridge」があります。

とはいっても、受光部が装着された部分しか命中判定が出来ず、おおまかな判定しか出来ませんでした。

さらに、昨今問題となっているゲリコマからの対処訓練として、陸自では市街地戦闘訓練が必要になってきました。

とくに建物内などでの近接戦闘にも対処する必要性があることから、全国の部隊では演習場内に専用の訓練施設を建設し、ビルや民家、スーパーなどといった実際の家屋を模した建物がつくられ、閉所における戦闘を学んでいるところです。

そして、そのために用いられるのが「閉所戦闘訓練用教材」こと89式タイプのエアガンです。

この東京マルイ製の電動ガン、実は以前から非公式な近接戦闘訓練メニューとして、一部の戦闘職種の部隊ではTMの電動ガンを使用して近接&閉所戦闘訓練(いわゆる建物内などでのCQB訓練)を行っていました。

2006年にTMから89式小銃のエアソフトガンが発売されましたが、実はこの製品の開発には自衛隊が公式協力しており図面が提供されました。

このため、過去に例のないほどリアルなエアガンが誕生しました。

自衛隊で使用されているものは自衛隊特別仕様の89式自動小銃型エアソフトガンです。市販品とどこが違うのかというと、ストックの色がOD、専用ガンケースに入れて納入されている・・・など。

銃の威力は市販品と同じく、準空気銃規制の範囲内となってます。

部隊によっては銃身を各種カラーで塗色しています。

ミリブロNews様では、平成21年度 日米共同訓練~市街地戦闘(MOUT)編~にて米軍との合同訓練時に公開された銃身を紫色にした89式訓練銃の写真を掲載されています。
http://news.militaryblog.jp/e89821.html


ちなみに、このマルイ製89式エアガンは海外のドラマや映画にも登場しています。なぜか、台湾のテレビドラマBlack & White痞子英雄では反社会勢力側が使う銃として登場していました。

さらには、あの超大作「コマンドー」のロシア版リメイク作品「コマンドーR」にもマルイ製が登場しています。主人公の敵が日本の自衛隊なので・・・。

ストライクアンドタクティカルマガジン 2015年 07 月号 [雑誌]

ストライクアンドタクティカルマガジン 2015年 07 月号 [雑誌]

B00ULU2B2E | SATマガジン出版 | 2015-05-27


スポンサーリンク

自衛隊の89式電動ガン・・実はマルイよりも早く作っていた会社があった

マルイが89式電動ガンを開発し、販売を行ったのが2006年。実はそれより少し前に、89式電動ガンの開発を行っていた会社があります。それが「89R」を出したキャロット社。

元々「89R」は既存のマルイ製電動ガンのパーツを利用した外装キットとして販売されていましたが、その後、キャロットでは完成済み89式電動ガンも販売していました(その直後にマルイが89式電動ガンを出した)。

キャロットでは「89R」を開発するにあたり、自衛隊や豊和工業から公式に図面提供などは一切受けていないそうです。協力を要請したかは定かではありませんが、おそらく時代が時代だけに受けたくても受けられなかったのだろうと思います。

当時の自衛隊は萌えキャラで悪乗りするような「開かれた組織」ではなく、そっち方面のゲートは閉じていたのです。だから、すべて市販の資料や写真、開発スタッフが駐屯地祭へ足を運んでの取材が開発ベースとなっています。

また、当時は自衛隊の銃器展示も比較的緩やかで、市民団体が市民に銃を触らせたとして自衛隊を告発することもなかったようです。

皮肉なことにキャロット製89式キットの再現度の意外なほどの高さは、「正式に自衛隊が開発協力したマルイの89式」の発売によって、証明されてしまったこともゲーマーには興味深いそうです。

もちろん、自衛隊から正式に図面を提供された東京マルイ製89式も、すべてが正確に作られているわけではありません。グリップにはモーターが入るため、実物より若干太くなってしまうのは仕方がないし、バッテリーへの雨水対策として、ハンドガードを実銃と異なる仕様にしたのも仕方ありません。

また、エアソフトガン・ユーザーへの安全性を優先させるために限られた素材で強度を出すように、肉厚の部分もあります。

さらには、敢えて実物と細部を異なる作りにすることで、実銃のパーツなどを取り付けられないようにするという「実銃ユーザー」に対する安全面の配慮もされたうえでの開発です。

このように、キャロットは89式の電動ガンではマルイほどの成功はしませんでしたが、現在キャロットは陸上自衛隊に89式のラバー製イミテーションを納入しており、この製品はとくに西部方面普通科連隊の水路潜入訓練で使用されるなど活躍しているようです。

自衛隊の訓練用89式・・ペイント弾も

さて、「よりリアルな環境で戦闘訓練するのが狙い」との理由から、防衛省が制式に配備した89式エアガンでは着弾後、血のりのように赤くべっとり染まるペイント弾の使用も想定されています。

また、このほかにも自衛隊が採用している模擬銃にはペイントボール専用発射銃があります。海上自衛隊特殊部隊「特別警備隊」ではMP5を採用しているため、株式会社PDI製品のMP5型シミュレーター(ペイントボール発射タイプ)が海上自衛隊第一術科学校へ納入されています。また、PDIでも89式型訓練銃の開発研究がされています。

マルイの89式との違いは、6ミリBB弾ではなく11ミリのラバーボール弾やペイント弾が発射出来る点および、駆動方式がガス圧です。

そのソースはこちらとなります。(2007年) http://ascii.jp/elem/000/000/076/76461/index-2.html

さらにPDI社では、AK47やM4A1など、世界中の軍隊や警察が使用する小銃を訓練用資機材としてリアルに再現したPDIシミュレーターズという製品もラインナップしています。

これらは完全に銃刀法に適合しており、何ら問題なく規制の範囲内で使用できます。使用する弾丸は11ミリのペイントボール弾。アルミケースのカートに装てんされ、排出されます。このためアルミケースがコンクリ―トに落下すれば実銃同様の薬きょう落下音を奏でられ、益々リアルな訓練環境を演出できるとのこと。

ペイント弾といえば、新谷かおるさんの女性傭兵を主人公とした傑作作品「砂の薔薇」でもおなじみで、閉所や家屋内などで実戦的な訓練をするための安全な模擬弾です。着弾すると弾丸の中の水性塗料が飛び散るため命中判定が容易にできます。赤い塗料であれば血ノリのようになります。ペイント弾は警察や軍隊の訓練のほかスポーツのペイントボールゲイムなどでも使用されています。

もともと、エアソフトガンによる訓練は米軍が始めた。

沖縄駐留アメリカ海兵隊では80年代、アサヒファイアーアームズという会社のFNC型エアガンを納入して訓練していたと80年代末のエアソフトガンのカタログに記載されていました。

また、グアムの警察ではユースエンジニアリング社のガスブローバック式MP5を使用して訓練を行っていたという事実もあります。自衛隊としてもエアガンでの訓練が実戦で役に立つと判断したから採用したわけです。

基本的にBB弾でも極端な近距離でのトレーニングでは、6ミリのプラスチック製BB弾と言えど、当たると痛いわけですから、自分の体に弾が当たらないようにするため、本能的に「弾が当たらない防衛技術」を、より恐怖心を以って学習できるわけです。

このように訓練の臨場感をさらにを強化するために、エアガンでも緊張感をもって訓練に臨めます。とくにエアガン訓練は日本では最も安全でクリーンな”射撃訓練”でしょう。

エアガンでは限界も・・・?

ただし、エアガンの訓練でもやはり限界があります。何より、エアガンと実銃では銃の操作手順も発射の反動も、音も異なります。そこで、各国ではSimunition – Non-Lethal Training Ammunitionを導入する事例も増えています。

シミュニッションは「ノン・リーサル・トレーニング・アムニッション」の名のとおり、安全な訓練用資機材であり、各国の軍隊や法執行機関が導入しています。これは、実銃そのもので安全に訓練が出来るシステムです。
140718-M-EP064-301

在沖縄アメリカ海兵隊の訓練では、実銃とペイント弾による野外での実戦的な訓練が行われています。

これは実銃のM16アサルトライフルの機関部を模擬のペイント弾が発射できる専用部品に換装するシステムですが、弾丸の初速は日本のエアソフトガンよりも早く危険なため、兵士は眼だけでなく顔全体を守るためのSCOTT(スコット)のフルフェイスゴーグルマスクを着用します。

自衛隊は安全な仮想射撃訓練を重視している

ほかにも、陸自ではビデオシミュレーターを使った仮想射撃訓練も行っています。
89shikisim

これは89式の仮想射撃シュミレーターです。ビデオ映像に向かって銃を撃ちます。

銃はガスを利用し、89式小銃本来のリコイル・フィーリングとファイアリングサウンドも忠実に再現。

映像は様々なシーンを映し出すことが可能で、将来起きうるであろう日本国内での大規模なテロ、市街戦を想定した対テロ戦闘訓練も可能。映画「ヒート」さながらのオフィス街での銃撃戦はまさに未来の日本の街角。”三丁目の戦火”って感じです。震えが止まらない。

敵に命中すると人体がブバッ!とはじけ飛び、車両は爆発し、戦争ゲームのFPS、レインボーシックスも顔負け。

このように自衛隊では、安全で屋内でも行える実弾を使わない仮想訓練を導入しているわけです。

まとめ

  1. 自衛隊が89式電動エアガンで訓練しているのは事実である。
  2. エアガンは東京マルイ製で市販品とほぼ同じ
  3. 閉所戦闘訓練は新しい訓練の一つ。
  4. マルイのエアガン以外にもペイントガンを訓練に導入している。

こんなふうにまとまりました。なるほど、マルイのイミテーション89式も自衛隊にとっては立派な”訓練資材”ってわけだね!

オモチャを学習に取り入れる動きは、公立学校でのニンテンドーのゲーム機導入も目新しいけど、実は自衛隊や米軍のほうが一歩先なんだね!

というわけで、エアガンや、このようなビデオシミュレーターを使っての訓練は、自衛隊で意外と普通に行われているんだね!

まあ、つまり・・・
zeikinsabage

 


記事の執筆者・著作権者 jieitaisaiyou.com


スポンサーリンク