自衛隊の小火器各種

9mm機関けん銃・・99年から配備された新しいサブマシンガン。戦車隊員や指揮官用として配備されたが「従来の9mm拳銃や折り曲げ銃床式の89式の方がはるかにマシ」などという意見が……。

 

米国ヤキマのトレーニングセンターで訓練中の陸上自衛隊員が携行している9mm機関けん銃。64式同様に、部品脱落防止のため本体にビニールテープが巻かれている点に留意。

一部評論家に「使い勝手の悪いギャング向けの銃」とさえ言わしめた9mm機関けん銃は究極の駄作か、それとも・・・。

9mm機関けん銃は1999年から9mmkikanjyuinyou3自衛隊に配備されているミネベア製の新型国産短機関銃です。一丁当たりの調達価格は付属品を含めて約40万円となっています。制式名称は「機関けん銃」となりますが、諸外国の短機関銃とカテゴリーは同じです。なお、愛称は公募でつけられた「エムナイン」ですが、米軍の採用しているベレッタM9ピストルとは関係がなく、隊員もあまりこの名称を好みません。左の画像は陸自が公式サイト上で掲載している試作モデルで、実際に配備されている本製品とは細部が異なっています。陸上自衛隊では、機甲科、第一空挺団、第12旅団、西部方面普通科連隊など、航空自衛隊では基地警備隊、海上自衛隊では艦艇搭載の個人用火器、さらに臨検部隊の立入検査隊に配備されています。また、特殊部隊である特別警備隊にも配備されたようですが、その扱いにくさから、より高性能のMP5短機関銃に更新されたともされています。当初は全国の陸自部隊の指揮官や戦車乗員の個人防衛火器として配備される予定でしたが、実際のところ計画は変更され、第一空挺団や西部方面普通科連隊など一部に配備されたのち、配備計画は終了しています。このため、北海道の北部方面隊などではまったく配備されておらず、陸自では”ご当地装備品”であるとも言えるでしょう。ただ、海自と空自では今なお調達されており、海自、空自の基地では警備用火器としてポピュラーなです。


スポンサード リンク

9mm機関けん銃の特徴

機構はセミ/フル切り替え式のオープンボルト撃発式になっており、全長339mm。重量は約3キロ。口径9ミリ、25発装てんの箱型グリップマガジンを備えています。有効射程距離はおよそ25メートル。銃の前部下面にフォアグリップを備えますが、ストックはなく、スリングで体に固定し射撃します。外見的な特徴は誰が見ても明らかですが、イングラム、イスラエル製のマイクロUZIを模倣していますが、ガンビズ専門の弁護士から訴訟を起こされたという話は無い様子です。なお、本銃にダットサイトやサイレンサーが装備された写真が公表されたことは無いため、現状ではアクセサリー類は皆無と見られています。

知られざる 自衛隊の謎

知られざる 自衛隊の謎

4883929647 | 自衛隊の謎検証委員会 | 彩図社 | 2013-12-24

折り曲げ銃床式の89式の方がはるかにマシ

などという指揮官の心ない意見が、元自衛官の著書『そこが変だよ自衛隊!』などに掲載されています。また、軍事ジャーナリストの清谷信一氏も著書「防衛破綻」において、本プロダクツに懐疑的な見方を示しており、「機関けん銃は「マイクロUZIの劣化コピーで、使い勝手の悪いギャング向けの銃。切り札である第一空挺に玩具とは」と一蹴しています。このように、本プロダクツの評価は決して高いものとは言えないのが実情です。

防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)

防衛破綻―
「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)

4121503384 | 清谷 信一 | 中央公論新社 | 2010-01-10

この9mm機関けん銃は各部隊に配備されたのち、不具合が確認されたとして陸自では新たな配備が打ち切られています。海自特別警備隊でも、外国軍のアドバイザーからの助言により、早々に諸外国で主流の高性能サブマシンガンMP5を導入したと言われています。一方で、海自の臨検隊や空自の基地警備隊ではMP5を使用せず、今も9ミリ機関けん銃の調達が進んでいます。なお、余談ですが「女性自衛官が機関拳銃を持つことは実際ない」と、自衛隊地本加茂地域事務所長が、同公式ページ内に設けられた趣味のフィギア制作のページにて言及されていました。なかなか興味深いプロダクツですよね。

M3T・・・海上自衛隊が取得した散弾銃

Benelli M3Tは、イタリアのメーカー「ベネリ」が開発した半自動式ショットガン(散弾銃)です。発射の反動を利用して弾薬を薬室に装てんする方式を持った自動式散弾銃で、世界各国の軍や警察の特殊部隊でも採用されています。オリジナルモデルのM3は固定式ストックをもったオーソドックスなスタイルのショットガンですが、海上自衛隊がチョイスした「M3T」は閉所でも扱いやすい折り畳み式のストックを装備しています。

写真の典拠元 海上自衛隊公式HP

http://www.mod.go.jp/msdf/ccf1/1ed/hyuga/topic/20100308/index.htm

また、平成27年度調達予定品目(中央調達分)のなかに「散弾銃 M3」の記載があります。
引用元 http://www.mod.go.jp/epco/supply/jisseki/choutatuyotei_pdf/27_yuchou.pdf

海上自衛隊の艦艇乗組員は航海中、銃の訓練を艦艇の上で行っており、標的用の風船をベネリ散弾銃で撃つという射撃訓練をしています。なお、海上自衛隊の隊員にも施設の警備を担任する陸警隊、特殊作戦を遂行するネイビーシールズのような特殊部隊が編制されていますが、陸自と同様に自分たちの敷地内で射撃訓練をします。さらに海自では別の散弾銃も配備しています。

参考URL「下総航空機基地の装備」
http://plaza.rakuten.co.jp/simohusakai/7000/

陸上自衛隊でもウイルソン・コンバット社の散弾銃を一部で取得しています。

なお、海上自衛隊ではフカ警戒員という担当があり、救助訓練中などの際には銃を手にサメの警戒を行っています。

800px-Shotgun_in_training_US_military
M3の後継機種として開発されたM4 Super 90は主にアメリカ海兵隊で広く採用されています。

※画像は後継機種のBenelli M4 Super 90
Photo by Eric A. Clement (U.S. Navy) – U.S. Department of Defense U.S. Navy Photo.

 

62式7.62mm機関銃・・故障が多い国産機関銃。別名・言う事聞かん銃。なぜこんな銃が生まれたのか・・

62shikibanner2014 (2)調達価格は一丁およそ200万円。日特金属工業(のちに住友重機に吸収合併)で開発製造された本プロダクツは、1962年に陸上自衛隊に制式配備され、もっぱら陸上自衛隊の普通科で今なお配備される口径7.62ミリの機関銃です。ガス圧を変えることで発射速度の変更が可能なほか、バイポッド(二脚)を標準装備し、必要に応じてトライポッド(3脚)に載せ換えることも可能で正確な射撃を期待できます。開発設計は日特金属の河村正彌博士で、口癖は「俺はもう一度満州へ帰る」。同博士の論文では、この機関銃の開発にいかに苦労したかが記述され、62式機関銃を世界でも最高の機関銃と自画自賛する一方で、実際に使用する陸自隊員からの評価が「最低最悪」であることに対しては「設計者の苦労は現場の使用者には理解ができないものだ」と評しています。現在は後継機種のミニミに更新され、姿を消しつつあります。射撃すれば故障し、持ち歩けば銃身が抜ける、64式小銃よりも銃身が薄く機関銃なのに連射できない、引き金を引くのを止めても発砲が止まらない、自然撃発する、撃つ時間よりも修理する時間のほうが多いという話もあるなど、隊員からは不評です。

一方、なぜこんな銃が生まれたのか日経BPで興味深い話が読めます。

62式機関銃は、日本人の体格に合わせて軽量化を追求するあまり、銃身の肉厚をものすごく薄くしている。連続射撃をする(=銃身の耐久性が要求される)機関銃なのに、なんと64式小銃よりも銃身が細いのだ。機械工学的に見ると、62式機関銃の欠陥の多くは、この細すぎる銃身に由来する。

この銃身が細すぎる欠点については、開発途中で豊和工業からアドバイスを受けていたが、N社の技術者は自らの設計に固執したという。要するに、軽量化にこだわり過ぎてバランスを失してしまったのであり、煎じ詰めれば、経験不足のN社に開発を任せたのがそもそも間違いだった。

引用元 日経BP社
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20120131/379802/?rt=nocnt

参考文献 『そこが変だよ自衛隊 大宮ひろ志』

諸元

※性能などは自衛隊公式サイトで公表されているものです。

製造国 日本
設計・製造 日特金属工業
住友重機械工業
種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 524mm
使用弾薬 7.62mm NATO弾
装弾数 ベルト給弾
全長 1200mm
重量 10700g
発射速度 最大約650発/分
銃口初速 855m/秒
製造期間 1962年 –

62式機関銃のまとめ

  1. 銃身の肉厚を薄くして軽量化を追求した結果、機関銃なのに連射が出来ない。
  2. 引き金を引くのをやめても、撃発が止まらないことがある。
  3. 開発者の河村正彌博士の口癖は「俺はもう一度満州へ帰る」と大宮ひろ志氏が紹介。
  4. 開発者の河村正彌博士は「設計者の苦労は現場の使用者には理解ができない」と主張したと大宮ひろ志氏が紹介。
  5. N社に開発を任せたのが根本的な間違いだったと日経BPは指摘した。

このようにまとまりました。


スポンサード リンク


スポンサード リンク

あわせて読みたい