自衛隊の着隊後の生活!任官宣誓して宣誓書を書いたらキミはもうシャバ僧なんかじゃない!

Pocket

入隊後に待つさまざまな出来事と入隊直前のこと。入隊後の生活をマンガで読もう!

自衛隊に入るとどんな生活が待っているのでしょうか?自衛隊愛知地方協力本部の提供している『漫画モリヤマ!』では着隊から入隊後の生活まで、す・べ・てわかってしまうのです!

自衛隊愛知地方協力本部様公式サイト http://www.mod.go.jp/pco/aichi/manga1.html

実はこのページを執筆するにあたり、この漫画を参考にいたしました。それでは自衛隊入隊前後に起きうることについて書いてみます。


スポンサーリンク

自衛隊入隊前に運動は必要?

自衛隊広報誌MAMORによれば、自衛隊東京地方協力本部募集課募集訓練班長の鈴木3等陸佐のコメントとして以下のように掲載されていました。

自主トレとして20分くらい走ったり、腕立て伏せ、腹筋が10回くらいできるようになったほうが良いでしょう。しかし、それよりも規則正しい生活を送るほうが大切です。体力は入隊してから自然につきますよ。

自衛隊東京地方協力本部募集課募集訓練班長 鈴木3等陸佐

なるほど。急に無理な運動をしても、体力がつくどころか体を痛めてしまっては大変です。受験時に身体検査がありますが、着隊時には再び身体検査があり、異常が見つかれば採用取り消し!となってしまうこともあります。くれぐれも体はお大事に!

そしていよいよ着隊日。あなたの面倒を見てくれるのは広報官から部隊の教育係へ・・・

自衛官として採用された者が、指定された駐屯地や基地へ(地本の職員に付き添われるなどして)と出頭することを着隊と呼びます。

着隊すると、今度はあなたの面倒を見る隊員は広報官から教育隊の班長(外国軍の軍曹に相当する階級の自衛官)に引き継がれます。「合格おめでとう!よく来たね!一緒にがんばろう!わからないことがあったらなんでも聞いてくれよ!」と、教育班長は新入隊員たちと一人ひとり握手を交わし、満面の笑みで迎え入れてくれます。この笑顔は数日続きます。

その後は入隊式がありますが、新規採用されたあなたは宣誓書に署名した上で、入隊式に臨みます。

自衛官の任官宣誓と宣誓書

宣誓書と任官宣誓式は自衛官として国民の負託にこたえる決意の表明だ!aichichihonmangainyoudesu83

愛知地方協力本部公式サイト「漫画モリヤマ!」より引用

自衛官になる者は丸刈りにされて記念写真を撮られて制服を着て宣誓書にサインします。

「ワタクシは自衛官として日本国民の負託に応えます(要約)」という文面があり、それにサインするわけです。

これは命を国に捧げる契約です。

「事に臨んでは危険を顧みず・・・」というフレーズを聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか。

この宣誓書を書くという行為は自衛隊法という法律で決まっており、自衛官となる者は必ず入隊時に書かなければなりません。

この宣誓書については愛知地方協力本部産の公式サイトに掲載されている自衛隊公式漫画「漫画モリヤマ!」にて紹介されていますので一読をお勧めいたします。

冒頭の画像は愛知地方協力本部公式サイトに掲載されている「漫画モリヤマ!」より引用させていただきました。

引用元 愛知地方協力本部公式サイト

http://www.mod.go.jp/pco/aichi/manga1.html

自衛官候補生、予備自衛官補の宣誓内容

下記の様に取り決められた任官宣誓を行います。

自衛官候補生の服務の宣誓

宣 誓

私は、自衛官候補生たるの名誉と責任を自覚し、日本国憲法及び法令を遵守し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、知識をかん養し、政治的活動に関与せず、専心自衛官として必要な知識及び技能の修得に励むことを誓います。

一般の服務の宣誓

宣 誓

私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、
日本国憲法 及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、
常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、
政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に
当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務
め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。

予備自衛官補の服務の宣誓

宣 誓

私は、予備自衛官補たるの責務を自覚し、常に徳操を養い、
心身を鍛え、教育訓練招集に応じては専心教育訓練に励むことを
誓います。

引用元 自衛隊法施行規則(昭和二十九年六月三十日総理府令第四十号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29F03101000040.html

任官拒否の問題

さて、幹部自衛官を養成する防衛大学校に入校したのに卒業しても任官をしない・・という自衛隊員もいます。

これは任官拒否問題と呼ばれ、税金で授業を受け、給料までもらっておきながら防衛大学校卒業後、自衛官に任官しないのはおかしいとして、たびたび問題に。

これを受け、政府は授業料として250万円の返還を求めることを検討したこともあります。

一方で、現職の自衛隊幹部側は「防衛大学校で養われた素養を持つ若い人材が(自衛官という道を選ばずに)民間企業で活躍するのは良いことである」と肯定的な見方をしています。

なお、防衛医科大学校では卒業後、9年間自衛隊に勤務する義務がありますが、こちらも「自衛隊は嫌だ、俺はこの医師免許でもっと稼げるとこ行くんだ・・」と、任官をしなかった学生に対して国が約5000万円という高額の授業料を返還請求する事案も起きています。

さて、この式を終えると、もうあなたの扱いはお客様ではなくなり、班長の顔から仏のような笑みは消え、ガミったうるさい鬼軍曹に豹変します。
そしてあなたはしばらく、シャバとはお別れ。自衛隊のなかで新隊員として営内生活が始まるのです。

着隊の後、入隊に際してさまざまな事務手続きや身体検査が行われます。

着隊日に携行する物 印鑑(シヤチハタはダメ!) 筆記具(ボールペン(黒・赤)、鉛筆(2~3本)、消しゴム、定規) 国語辞典 下着(上下(シャツは白(ワンポイント可))6セットくらい) タオル 洗面具 化粧品(女性のみ) ジャージ上下 裁縫道具 ランニングシューズ 上記のようなものが必要です。

所持金については駐屯地内の民間売店(PX)にて身の回りのものや嗜好品などを購入する場合に必要となり、3万円から5万円程度が望ましいですが、もちろん隊員食堂での食事は無料なので食費はかかりません。教育隊によっては運動服などを一括購入する場合がありますが、支払いは給料日以降となるので、これも心配は無用。

スポンサーリンク