Pocket

入隊後に待つ様々な出来事と入隊直前のこと

駐屯地の柵はトゲトゲの有刺鉄線がついてて、痛い!これは登れない!

自衛隊に入るとどんな生活が待っているのでしょうか?以下にとても簡単に一般的な入隊直後の生活を地元の怖いパイセンからオッス連呼で情報を仕入れたりしてまとめてみました!

入隊後の生活をマンガで読もう!

自衛隊愛知地方協力本部の提供している『漫画モリヤマ!』では着隊から入隊後の生活まで、す・べ・てわかってしまう! http://www.mod.go.jp/pco/aichi/manga1.html

実はこのページを執筆するにあたり、この漫画を参考にいたしました。見ておくと参考になりますよ。

自衛隊入隊

自衛隊広報誌MAMORによれば、自衛隊東京地方協力本部募集課募集訓練班長の鈴木3等陸佐のコメントとして以下のように掲載されていました。

自主トレとして20分くらい走ったり、腕立て伏せ、腹筋が10回くらい出来るようになったほうが良いでしょう。しかし、それよりも規則正しい生活を送るほうが大切です。体力は入隊してから自然につきますよ。

自衛隊東京地方協力本部募集課募集訓練班長 鈴木3等陸佐

なるほど。急に無理な運動をしても、体力がつくどころか体を痛めてしまっては大変です。受験時に身体検査がありますが、着隊時には再び身体検査があり、異常が見つかれば採用取り消し!となってしまうこともあります。くれぐれも体はお大事に!

そしていよいよ着隊日。あなたの面倒を見てくれるのは広報官から部隊の教育係へ・・・

自衛官として採用された者が、指定された駐屯地や基地へ(地本の職員に付き添われるなどして)と出頭することを着隊と呼びます。

着隊すると、今度はあなたの面倒を見る隊員は広報官から教育隊の班長(外国軍の軍曹に相当する階級の自衛官)に引き継がれます。「合格おめでとう!よく来たね!一緒にがんばろう!わからないことがあったらなんでも聞いてくれよ!」と、教育班長は新入隊員たちと一人ひとり握手を交わし、満面の笑みで迎え入れてくれます。この笑顔は数日続きます。

その後は、入隊式がありますが、新規採用されたあなたは宣誓書に署名した上で、入隊式に臨みます。この式を終えると、もうあなたの扱いはお客様ではなくなり、班長の顔から仏のような笑みは消え、ガミったうるさい鬼軍曹に豹変します。


スポンサーリンク

そしてあなたはしばらく、シャバとはお別れ。自衛隊のなかで新隊員として営内生活が始まるのです。

着隊の後、入隊に際して様々な事務手続きや身体検査が行われます。

着隊日に携行する物 印鑑(シヤチハタはダメ!) 筆記具(ボールペン(黒・赤)、鉛筆(2~3本)、消しゴム、定規) 国語辞典 下着(上下(シャツは白(ワンポイント可))6セットくらい) タオル 洗面具 化粧品(女性のみ) ジャージ上下 裁縫道具 ランニングシューズ 上記のようなものが必要です。

所持金については、駐屯地内の民間売店(PX)にて身の回りのものや嗜好品等を購入する場合に必要となり、3万円から5万円程度が望ましいですが、もちろん隊員食堂での食事は無料なので食費はかかりません。教育隊によっては運動服等を一括購入する場合がありますが、支払いは給料日以降となるので、これも心配は無用。


記事の執筆者・著作権者 jieitaisaiyou.com


スポンサーリンク