自衛隊の救命糧食

いま助けに行くぞ!それまで食って待て!万が一の救命糧食

さて、自衛隊には食堂の食事をはじめとして、いろんな飯が隊員に配給されているわけですが、救命糧食なるメシもあります。これはその名のとおり、救命を目的としたもので主に艦艇や航空機に搭載されている非常食なのです。

海難救助に大活躍する海自のUS-1A飛行艇

航空自衛隊では紙製ケースに6食分のお菓子のような救命糧食「ガンバレ食」が入っています。

なぜコレが「ガンバレ食」と呼ばれるかと言いますと、箱の中に「頑張れ、救助は必ずやってくる!」というメッセージが書かれた防水紙が入っており、脱出した乗員たちはこの紙を見て元気を出すためです。

 

海難救助では救難捜索機が救命糧食や生存支援用キットを応急的に空中投下することもある。

さて、「お菓子のような」と書きましたがいったいどんな「お菓子」なんでしょうか?

内容としてはビスケット・タイプの「A食品」とゼリータイプの「B食品」で構成されています。味は日本人の嗜好に合うような和菓子風味とのことで食べやすく工夫されています。

救難食糧ER5食入 SOLAS条約準拠
救難食糧ER5食入 SOLAS条約準拠
B00EVJQYYC | 萬有栄養 |

救命糧食を食べてみよう!

さて、この「ガンバレ食」ですが、皆さんも食べてみたいと思いませんか?

航空自衛隊の飛行機・海上自衛隊の艦船に搭載されている非常食(がんばれ食)の民間販売用リパック品が一般販売されていますので、興味があればご試食を。ゼリー&クッキーセットのタイプとクッキーのみタイプがあります。

賞味期限は製造日より5年間とのことで、長期保管も当然大丈夫。自宅や車などに常備しておくと災害時にも安心なのではないでしょうか。

 

MRE 米軍戦闘糧食

MRE 米軍戦闘糧食
B01FKNKH90 | Ameriqual, Sopakco, Warnick |

スポンサード リンク


スポンサード リンク

あわせて読みたい