防衛省技術研究本部とは?

次から次に自衛隊の新装備を生み出す部門がここだ!


スポンサード リンク

技本が提案する未来の自衛隊装備はまさに私たちが子供のころ見たようなロボットアニメに登場するパワードスーツ!

現在自衛隊では先進個人装備システムという名の開発を行っています。

防衛省技術研究本部では自衛隊の様々な装備品の実験開発をおこなっています。「ニオイ探知機」を爆弾探知機に転用できないか民間企業に依頼したこともあります。

その後、民間企業とともに新たな装備品の共同研究をすでに始めています。防衛省では民間技術を装備品の技術開発に取り込んでいます

近年開発された装備

次期対潜哨戒機P-1

アメリカ製ロッキードP-3Cオライオンの更新時期が迫ったために国産開発による新型対潜哨戒機として2001年から研究開発され、2007年(平成19年)9月28日に初飛行したXP-1。2013年の配備をもってP-1となっています。

次期戦術輸送機C-2

C-1の更新時期が迫ったために新規開発された次期輸送機。C-1で8トンだったペイロードが30トンに大幅アップしています。空自は平成30年度までに8機を導入する予定です。

今後登場予定の自衛隊新装備

最強の自衛隊新兵器その1 「先進技術実証機X-2」

いま自衛隊は先進技術実証機X-2という本当に恐ろしい将来のステルス戦闘機の実験機を開発しています。

外見はアメリカ軍のF22に似た形をしています。三菱重工が主体で行っており2015年に飛行させる予定です。

最強の自衛隊新兵器その2 「丸見えステルス」

防衛省技術研究本部は、レーダーで捉えにくいステルス性能を持つ最新鋭戦闘機を探知するレーダーの研究開発に本格的に乗り出す。

読売新聞 9月19日(木)14時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000817-yom-pol

最強の自衛隊新兵器その3 「電磁投射砲」

さらに防衛省技術研究本部では現在いわゆる中高生に人気のレールガンを開発しています。

レールガン(Railgun)とは、物体を電磁誘導(ローレンツ力)により加速して撃ち出す装置を指します。

なお電磁気を使う投射様式全般の呼称として電磁投射砲が使われます。


スポンサード リンク


スポンサード リンク

あわせて読みたい