入隊試験の概要

自衛隊員の採用試験を受けるには?志願は「地方協力本部」が正解!

このページでは自衛隊員採用試験の区分と概要について解説を行っています。

説明を作成するに当たり自衛隊の公式サイトを参考、引用させていただきました。

自衛隊に入隊を志願する場合は各地方協力本部の各募集事務所へ出向くのが一般的です。一般の基地や、駐屯地は入隊試験申し込みの窓口とはなっていませんので注意が必要です。遠方の場合は自衛隊公式のリクルートサイトに申し込めば、一番近い自衛隊地方協力本部、またはその出張所から広報官がやってきてくれます。また市町村の長が自衛官募集に関する事務を行うことが自衛隊法で明記されているため、防衛省でも以前から、各自治体に募集事務の「お願い」を行っていました。そのため、全国で多くの市役所や役場でも、自衛官募集に関する事務をしています。一方で、自衛隊からのお願いを全面拒否、または一部拒否した那覇市役所や滝川市役所もあります。ですから、非協力的な行政機関の窓口ではなく、最初から「自衛隊地方協力本部」にて詳しい説明を受けるほうが、市役所や役場職員から見下し、挑発、威圧、威嚇、因縁など高圧的な対応をされて嫌な対応をされなくてすむでしょう。自衛隊員(自衛官)には下記のような採用区分があります。

自衛官候補生

自衛官候補生は毎年10000人前後が募集され、自衛隊の試験では最も採用人数が多い競争種目です。あくまで自衛官候補生(自候生)としての採用であり、自衛官としての任務を遂行する能力を認められた者のみ、3ヵ月後に2等陸・海・空士(正式な任期制自衛官)に任用されます。採用時点で正式な自衛官であった旧・二等陸海空士採用試験と異なります。自衛官候補生は入隊直後の教育期間中は自衛官としての身分を持たされませんが、制服には自衛官候補生の徽章が付き、自衛官に準じた基本教練や射撃訓練も行います。

自衛官候補生は入隊直後の教育期間中は自衛官としての身分を持たされないという典拠はこちらです。

http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2012/2012/html/n3413000.html

自衛隊自衛官候補生採用試験

自衛隊自衛官候補生採用試験

4565172828 | 公務員試験情報研究会 | 一ツ橋書店 |2016-01-16

応募資格と試験内容

応募資格は、18歳から26歳までの男女で学歴は中学校卒業以上になっています。男子のみ年間を通して受付をしていますが、女子については7月から8月のみになっています。採用に当たっては筆記試験や面接、それに身体検査がありますが、警察や消防と違って腕立て伏せや腹筋などのいわゆる体力試験はありません。合格すると、採用予定通知書が発行されます。また、任期制ではなく定年まで勤めたいのであれば、部内で昇任試験を受験することも可能です。自衛隊勤務で技術や資格を身につけて、民間やほかの官公庁への再就職を目指したい人にお勧めです。任期制自衛官制度では自衛隊ならではのコネクションによる有利なキャリア形成といった再就職支援制度のありがたさ、恩恵を受けることになるでしょう。様々な機会に恵まれた美味しい制度です。

予備自衛官

自衛隊予備自衛官補採用試験 (自衛隊採用試験シリーズ)

自衛隊予備自衛官補採用試験 (自衛隊採用試験シリーズ)
4565172801 | 公務員試験情報研究会 | 一ツ橋書店 | 2016-02-05

2001年(平成13年)に創設され、2002年度から陸上自衛隊のみで採用されている制度です。普段は社会人として定職に就き、3年間で50日の訓練を行って有事に備える自衛官経験の無い男女隊員を募集する制度です。一般大学に通いながら、幹部候補生を目指す学生が、その士気向上の為に志願するケースが目立っています。身分は非常勤の防衛省職員(特別職国家公務員)となり、国際法上の戦闘員として戦闘を行うことも可能ですが、通常の常備自衛官や予備自衛官と違い階級はありません。なお、海上、航空自衛隊では予備自衛官補制度はなく、陸自のみの制度です。報酬は教育訓練を受けると教育訓練招集手当が支給され、戦争が起きた場合などは、防衛招集に応じると出動手当てが支給されます。任用中は「教育訓練に応じる義務」のみを有し、入隊時には、教育訓練召集に応じる文面の宣誓文に署名捺印をする事が義務付けられていますが、常備自衛官の様に防衛招集や国民保護等招集に従う義務や災害招集に応じる義務はありません。

一般公募および技能公募予備自衛官補の教育内容

予備自衛官補の区分には、主に駐屯地や防衛関連施設の警備その他後方支援を実施する『一般区分』と、医療資格取得者や語学技能者を対象とした『技能区分』の2種があります。一般公募予備自衛官補は一般予備役隊員として勤務するコースで、基本教練(隊列行進や敬礼など)、歩哨・斥候、野戦築城、長距離行進、自動小銃の分解結合、戦闘訓練、射撃訓練等を3年間で合計50日間教育を受けます。また、技能公募予備自衛官補は医師などの難関資格者が採用される制度で、基本教練(隊列行進や敬礼など)、歩哨・斥候、野戦築城、長距離行進、自動小銃の分解結合、戦闘訓練、射撃訓練等が行われます。訓練日数は短く、2年間で合計10日となります。

試験の概要と試験レベル

採用に当たっては筆記試験と身体検査が行われますが、警察や消防と違って腕立て伏せや腹筋などの体力試験はありません。ただし、筆記試験は国数社理英が満遍なく出題される濃密な内容となっており、常備自衛官を目指すコースである「自衛官候補生」採用試験よりも難易度が高く設定されています。予備自衛官補に関する市販の試験問題集がありますので、事前に予習などの勉強をしましょう。また、作文の例題では「国の防衛に対して思うこと」 などといったものが出題されます。

一般曹候補生

平成19年度から始まった新たな任用区分が、この一般曹候補生です。陸海空曹とは、諸外国の軍曹に相当する3自衛隊共通の階級で、諸外国の軍隊の軍曹同様に下士官と位置づけられています。自衛隊には数年程度の任期を数回まで勤務(3軍それぞれで異なる)し、その後自衛隊を去っていく任期制隊員と50歳まで(職種で定年年齢は異なる)勤務できる非任期制の隊員がいます。自衛隊で長く勤務したければ、この非任期制の曹にならなければなりません。曹には下から3曹、2曹、1曹、曹長とありますが、自衛隊に曹長が出来たのは自衛隊の歴史の中でも後年で、1980年です。幹部候補生を命ぜられた者はこの曹長から始まります。曹になったのち、さらに4年間の部隊勤務を積んだ後に、幹部候補生部内選抜試験を受けて合格すれば、幹部への昇任も可能です。過去、自衛隊には一般曹候補学生と曹候補士という採用区分が存在していましたが、この2つを統合する形で平成19年度から募集を開始しました。この新たな制度と過去の制度の大きな違いは「合格して教育期間を終了しても、必ず曹になれるわけではない」ということでしょう。一般曹候補学生制度では入隊後2年9月以降「選考」により3曹へ昇任し、確実に誰でも曹に任用されたのが特徴でした。しかし、新たな一般曹候補生は必ず曹に昇任できる保証はありません。また任期制ではないので、一般の任期制隊員とは違い、任期満了金支払い義務は生じないというシビアな面もあります。2013年度は3万4534人が一般曹候補生に応募し、採用は3784人でした。競争率は約10倍の狭き門になっています。

航空学生

航空学生とは、高校卒業又は中等教育学校卒業者(見込みを含む)、高専3年修了者(見込みを含む。)及び高校卒業と同等以上の学力があると認められる男女を対象にした、海上自衛隊・航空自衛隊のパイロット候補生を採用する受験区分です。詳しくは航空学生のページで解説しています。

看護学生(陸上自衛隊のみの制度)

看護学生は、看護業務に携わる自衛官を養成する陸上自衛隊のみの制度で、1954年(昭和29年)に婦人自衛官(看護婦)として募集kangoshiが開始されました。東京都世田谷区にある自衛隊中央病院高等看護学院は、自衛隊中央病院の付属機関であり、陸上自衛隊看護官を養成する機関です。同学院で3年間の教育を受け、看護師の国家資格の取得を目指します。看護師免許取得後は、全国の自衛隊病院や衛生隊で勤務し、実務経験を積みキャリアアップしていきます。男性隊員の入隊も可能です。看護技術はもちろん、自衛隊員として必要な訓練も行います。授業は自衛隊中央病院の医官のほか、各々の専門領域における部外講師及び自衛隊課目の教官により進められます。都内に所在していることから、日本でも著名な有識者の授業が受けられるのが強みです。看護師免許を取得した者は、2等陸曹に昇任可能です。さらに3年以上勤務すると幹部試験の受験資格ができ、合格すれば看護官という幹部自衛官(3等陸尉)になることも可能です。合格、採用後は高等看護学院に入学しますが、自衛官として採用されていますので入学式ではなく「入隊式」となります。

典拠元 http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/06.html

自衛隊病院はその名が示すとおり、自衛官のための病院であり、戦争の際に負傷した自衛官を収容し治療するための施設で自衛隊独自機関です。自衛隊病院では現在、横須賀病院など一般人も診る病院も一部であります。なお、やたらと男性看護師の割合が高いのも自衛隊病院の特徴です。

教育および訓練

1年目は基礎分野と専門基礎分野の一部を履修します。ここでは講義と学内での実習が授業の中心となります。2年目はようやく専門分野である病院での臨地実習を受けることができます。3年目は病院での実習が基本的ですが、2月にある国家試験の準備も本格化します。合格率はなんとほぼ100%。また、ほかの職種の陸上自衛官と同様、看護学生も自動小銃を持って演習場で戦闘訓練を受けます。衛生要員は非戦闘員と決まっているのになぜ銃の訓練が必要なのかというと、自衛隊の戦闘服を着て戦場にいると敵が撃ってきますので、命を取られないために自衛するためです。しかし、看護学生として銃に触れる機会はそう多くなく、2年生の5月のみですので普通の陸上自衛官に比べると圧倒的に銃の訓練が少ないのが現状です。

銃の訓練は2年生の5月のみという典拠
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/kango/campus/event.html


待遇など

給与 毎月・・・159,500円(平成23年4月1日現在) ※経験等により、異なります。 ※初任給月額については、法律の改正により改正される場合があります。 賞与・・・年2回(6月、12月)昇給・・・年1回 日常生活・入寮 入学すると、全員が自衛隊中央病院高等看護学院内の学生寮に入寮し、決められた時間に従って行動する規則正しい団体生活を送ることになります。部屋は1つ上の先輩との4人部屋になります。なお、半年ごとにルームメイトが変わります。授業では制服もしくは白衣を着用します。戦闘訓練では戦闘服迷彩服)を着用します。もちろん自衛隊看護学院にも夏休みがあり、20日間の休暇を与えられます。冬期休暇は10日間あります。

陸上自衛官(看護)ライセンスナース

陸上自衛官(看護)は看護学生と違い、すでに看護師資格を保持する男女を対象に採用する陸上自衛隊のみの採用区分です。採用後は自衛隊中央病院、自衛隊地区病院、各部隊の衛生隊等で看護業務に携わります。

貸費学生(技術/衛生)

現在、大学および大学院で、医学、歯学、理学、工学を専攻している学生で、卒業(修了)後、その専攻した学術を活かして引き続き自衛隊に勤務する意志を持つ者に対し、防衛省が学資金を貸費してその修学を助成する制度です。技術および衛生の二種があります。募集が行われない年度もあります。大学や大学院卒業後は、3自衛隊の中で自分が志願した自衛隊の医科、歯科幹部候補生として採用されます。自衛隊が貸費学生として指定する学部の学科に現在在学する学生であって、自衛隊に興味があって親への負担など学費出費をできるだけ少なくしたい・・と考えている方にお勧めです。大学および大学院卒業後にそのまま自衛隊へ勤務すると、貸与された学費の返還も免除されます。医学部などは学費が5000万円以上に上ることもあるので、お金を貸してくれる足長自衛隊おじさんを頼ればこれほど人生に有利な制度はありません。

応募資格

現在、大学の理学部、工学部、医学部医学科、歯学部歯学科の3・4年生または大学院修士課程在学中の者(専門職大学院を除く、年齢制限あり) 衛生貸費学生について 大学の医学部医学科、歯学部歯学科に籍を置く3年次から6年次の学生と大学院の医学研究科、歯学研究科に在学する者が対象です。技術貸費学生については大学の理学部、工学部の3年次と4年次、大学院修学課程に在籍している学生が対象です。自分が志願した陸自、空自の一般幹部候補生か、海上自衛隊の技術幹部候補生として採用になります。

学資金の支給について

毎月54,000円(平成23年4月1日現在)が4月から正規の修業年限が終わる月まで、学資として自衛隊より貸与されます。基本的に「貸与」ですが、一定期間自衛隊に勤務すると返還が免除されます。 ただし、学業の成績が著しく悪い場合は自衛隊員としての適格性を欠くとみなされて学資金の貸与は廃止されるほか、自衛官としての採用が見送られる場合もありますので、成績が悪いと人生は斜陽となります。また、学生の心身状態が悪い場合も貸費の中止となる場合があります。

技術海曹/技術空曹・・難関資格取得者を数年周期で採用する海・空の制度

技術海曹および技術空曹とは、希少価値の高い国家資格免許を持った人材を採用する海上・航空自衛隊のみの制度です。海上自衛隊および航空自衛隊で保有する様々な装備の維持、整備に欠かせない工科系の知識を習得した高い資質を有する人材を採用する制度となっており、受験資格者は大学・短大・高専卒となっています。航空基地等で気象観測や気象予報を行う隊員として気象予報士の資格を持つ人材、また通信隊においては無線通信業務等に従事する隊員として、無線に関する国家資格として上位に位置する「総合無線通信士」の資格を持つ人材を採用しています。また、総通の下位資格である「陸上無線技術士」の資格を持つ人材は、通信隊等において通信機器や電子機器の調整、保守、整備等の業務に従事する隊員として募集されています。ほか、電気主任技術者は全国の海自基地において電気設備の保守、整備等の業務に従事できます。さらに航空交通管制技能証明保有者は、航空基地等で航空管制の業務に従事でき、理学療法士、臨床検査技師、看護師、歯科技工士などの資格を持つ人材は、海自の病院や衛生隊において衛生関係の業務に従事する隊員として活躍できます。

海上自衛隊技術海上幹部、航空自衛隊技術航空幹部

大学において指定された学部の専攻学科で専門教育を受け、2年以上の業務経験のある人を対象に、その経験を生かし、装備品等の研究開発、維持整備に関する業務又は心理、語学(英語)、薬剤、音楽に関する業務に従事する幹部自衛官を採用する制度です。高い技能を持つ人材を技術的な任務に就く幹部自衛官として採用する制度です。学部などが定められており、採用されると海上自衛隊及び航空自衛隊で幹部自衛官として任務に就きます。

医科・歯科幹部自衛官

医師・歯科医師の免許取得者を対象とした採用区分です。陸海空自衛隊の各衛生部門において、部隊の医療、健康管理指導、予防衛生、環境衛生等の業務などに携わる幹部自衛官となる者を採用する制度です。

防衛医科大学校学生

医師であり、かつ幹部自衛官としての重責を担ってゆける資質を備えた人材を採用する制度です。防衛医科大学校は自衛隊の中の医官を育成する教育機関で入学金・授業料は無料です。6年間の教育訓練と全寮制の規律ある団体生活を通じて、医師としての知識や技能のほかに、生命の尊厳への理解やあらゆる任務を遂行できる強靱な体力をも養ってゆきます。卒業後は陸・海・空曹長に任命され、幹部候補生として陸上・海上・航空自衛隊の幹部候補生学校に入校します。タダで医師免許が取れますが、数年間、自衛隊の医官として勤務しなければならない義務があります。やむを得ぬ理由で、卒業後9年未満に自衛隊を離職する場合は、大学校卒業までにかかった経費5,021万円を返納する義務があります。平成21年3月の卒業生の償還最高額は4,899万円です。偏差値は70程度といわれており、年度によっては東京大学理科三類に匹敵する難易度といわれます。

防衛大学校生

1954年に神奈川県横須賀市に設置された防衛省独自の教育機関である防衛大学校において、将来自衛隊の幹部となる者を養成しています。教育内容は文部科学省の定めた大学設置基準に準拠しているので、卒業生には一般大学同様に「学士」の学位が授与されます。外国軍における士官学校に相当しますが、入校中の身分は自衛官ではなく自衛隊員です。試験の難易度は難関国公立大学並みであり、受験料が無料なので、難関大学受験生が腕試しに毎年受けることでも知られています。防衛大を卒業すると、陸上・海上・航空の各自衛隊の自衛官(曹長)に任命され、引き続いて幹部候補生学校に入校します。その後1年で3尉に任命されます。

防衛大の教育と学生生活

防衛大では、教養教育、 外国語、体育の科目と専門科目(人文・社会科学専攻または理工学専攻)を一般大学と同じように教育しています。これに加え、独自の防衛に関する学術分野である防衛学の教育も行います。入学金や授業料がかからないばかりか、毎月学生手当として給与が支給されます。なお防衛大にも留年はあり、同じ理由で2回留年すると退学処分になります。学生生活は基本的に、全学生が寮生活のため自宅通学は一切できません。土日の外出や外泊は可能です。年間の休暇には夏季休暇(約1ヶ月)、冬季休暇(約10日間)、春季休暇(約10日間)があり、この間は帰省や旅行等も可能です。ただし、校友会活動の合宿などに充てられることもあります。公務員ですのでアルバイトなどはできません。基本的に幹部自衛官となることが目標であり、自分より年上の曹士隊員に舐められないように曹士隊員以上の体力と知識、負けん気が必要となるため、年間目標が設定された厳しい体力トレーニングが待っています。また、防衛大には漕艇部、サッカー部、バスケ部、少林寺拳法部、ラグビー部、アメフト部、弓道部、吹奏楽部など各種の部があります。

防衛大学校の広報行事やパーティなどについて

学生の恋人など部外者を招く卒業ダンスパーティがあります。また、「防大ツアー」という見学会も実施されています。実施日は原則として、祝祭日を除く毎週月曜日(午後)・水曜日(午前と午後)・金曜日(午後)となっています。本部庁舎玄関・資料館・記念講堂・学生舎・学生会館などが見学できる魅力的なツアーです。防大グッズも購入できます。

増える任官拒否者・・・2016年度は前年度の二倍に!

防衛大を2016年度に卒業する419人のうち、じつに47人もの学生が、卒業後に自衛官とはならない「任官拒否」の意向を示していることが報じられていますが、防衛大の歴史の中で、もっとも任官拒否者を出したのは91年です。当時はバブルのまっただ中で、ボデコンギャルがデスコで踊り狂う一方、海外ではキナくささを増しており、1月に湾岸戦争がぼっ発。これを受けて機雷掃海や邦人救出で自衛隊が出張ることを見越した学生たちが一斉に任官を拒否し、実に94人もの任官拒否者を出しています。なお、防衛大卒業後の進路の人気順ですが、第一位は憧れの青く上質な制服の空自。そして第二位は潮風香る海自。第三位が・・・陸自となっています。

そのほかの自衛隊員

自衛官のキャリアコース以外にも、自衛官ではない非戦闘員の採用試験があります。主に事務的な任務に主事する防衛事務官や、特別な才能を持つハッカーを自衛隊では特別なスカウトで有期契約の非戦闘系自衛隊員として採用もしています(サイバー防衛隊のページを参考にしてください)。

自衛隊の面接試験の概要

自衛隊の面接は以下のようなものですが、受験区分で詳細は異なります。

面接時の服装、マナーなどのポイント・・採用担当者に好印象を与えよう

一般論では面接官、採用担当者に好印象を与えるのが面接での重要ポイントですから、まずは服装や入室マナーなど基本的なことを忠実に守り、髪を整えてヒゲを剃り上げるなど身だしなみに気を使いましょう。高校生なら制服、社会人なら服は中国製のゴミみたいな吊り売りの1万円程度の就活用の使い捨てスーツでOKですのでスーツとワイシャツ、ネクタイを着用し、面接をしていただく面接官に無礼の無いように心がけましょう。「試験官が筆記試験で答えを教えていた」、「答案にあらかじめ答えがえんぴつで薄く書いてあった」、「名前が書ければ誰でも入れた」バブル時代ではありませんので、常識のない格好で公務員採用試験を受けるようなことはやめましょう。スウェット姿で受験に来た人に呆れたうえで「私はスーツをおすすめします」と、予備自衛官補に合格した日辻彩氏も自衛隊広報誌上で、そうおっしゃっていました。

  1. 高校生は学校の制服、社会人や大学生などはスーツが基本。
  2. ひげは剃り、爪もしっかり切りましょう。
  3. 茶髪はやめましょう。長髪の場合は短くし、清潔にしましょう。
  4. 女性はナチュラルメイクが良いでしょう。
受験する前に知っておきたい自衛官の専門常識・基礎知識

受験する前に知っておきたい自衛官の専門常識・基礎知識
4806914584 | 滋慶出版/土屋書店 |  2014-12

面接で想定される質問について

面接はいわゆる口述試験であり、高校の入学試験や、(一部上場)企業の入社試験の面接と似たものとなっています。その質問内容も、寛政あたりの居酒屋メニューのようにコピペ化されていますので、ある程度予想は可能となっていると自衛官受験専門の講師がおっしゃっています。あまり突飛な質問内容はないと思われがちですが、志願者の志願理由によってはより深く質問される可能性があり、油断は禁物です。自衛隊の口述試験(以下、面接)は個別面接形式で、制服自衛官と事務官により、約10分程度行なわれています。あなたがお世話になっている地本事務所の所長が、涼しい顔して面接官の中の一人に混じっていた・・・なんていう笑えない場合もありますから、お世話になる広報官の顔は出来るだけ覚えておきましょう。面接官は言葉遣いをはじめ、入室要領や目上の人と対峙したときの志願者の態度など外面的な観察と併せて、質問とその解答の中で人物評価を行いますが、まずは受験者をリラックスさせるために軽い質問を行います。「どっから来たの?」「アラ遠かったね。ご苦労さん」などと、鬼の自衛隊も意外と優しいでしょう。余計なことを言わずに、にこやかに受け答えしましょう。しかし、面接官のオッサンが、制服にG-SHOCKを着けていても笑うことは慎んでください。ククク・・・。さて、一般的な自衛官採用試験の面接における質問の内容ですが、自衛官および、陸海空それぞれの部隊への志願理由、希望勤務地、希望職種、所持資格、勤務希望期間、スポーツ経験の有無、親は自衛隊を受験するに当たって反対か賛成か、生徒や学生以外であれば現在の職業、借財の有無、勤め先の上司は自衛隊への入隊に理解を示してくれているか?他の公務員は併願しているか、もし不合格だった場合はどうするか?といったものが多いと自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。希望職種については、ある程度考えておけば、面接官と話が弾むかもしれません。例として、「気象観測に関する業務をやりたいです」と答えたとしましょう。地味ですが、志願者の貪欲な研究熱を伺わせて、面接官に好印象を与えるかもしれません。しかし、面接官から次に返ってくるのは「へえ、気象予報士の資格とかを持ってるの?またはそういう職業の経験あるの?」といった質問。さらに、そのようなアンサーの場合、「気象観測って、自衛隊じゃなくても出来る事じゃないの?何で自衛隊なの?」などと、ちょっとドキッ、ムカッとするような質問で揚げ足をとられて墓穴を掘る可能性もはらんでいますから、言動には充分に注意したうえで、自衛隊でなければならない理由を考えておくのが良いでしょう。防衛省の公式サイトに出ている現職自衛官の志願動機も参考にすると良いでしょう。現職の隊員たちは、どのような理由で自衛隊を志願したのかを窺い知るには自衛隊公式サイトをくまなく探すと、(真偽はともかく)彼らの様々な志願理由が見えてくると自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。また、自衛隊への入隊について両親はどう思っているのかという質問は、ほぼ全ての受験者が問われるシンプルかつ深い定番質問であると自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。「18歳過ぎてるんだから働くのに親の許可なんて関係なくね?」とは、自衛隊に限っては当てはまらないかもしれません。また、勤務希望地についての質問もありますが、どう答えるかは志願者の自由であり、合否にあまり関わらないとも自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。百戦錬磨の面接官ですから、面接で声を大きくして虚勢を張ったり、経歴で嘘をついたところで、スポーツの経験が無くて声帯の発達していないニキビの痕の無い綺麗な顔をした文化部系志願者はほとんど見抜かれているのかもしれません。

身体検査はあるが体力試験は無い自衛官採用試験・・・なぜだ

実は警察や消防の採用試験では2次試験において体力試験がありますが、自衛官採用試験に体力試験はありません。

※「自衛隊に体力試験は無い」という典拠元・・・自衛隊札幌地方協力本部公式サイト
http://www.mod.go.jp/pco/sapporo/recruit/faq_examination.html

ただし、身体検査はあります。努力や根性論でも治せない視力の悪さは来世に期待するしかありませんが、虫歯や肥満など、努力とお金で治せるものは治さなければ自衛隊の身体検査では厳しい判定となるでしょう。

現在の自衛官採用試験では、身体検査で不合格となる者が受検者の2割弱に上り、 その不合格者の約4割が、体重の過不足や視力によるものと防衛省が公式に発表しています。

典拠元 自衛隊公式サイト
http://www.mod.go.jp/j/approach/others/jinji/report5_5.pdf

ただし、虫歯や体重については入隊までに完治する見込みがある場合、「条件付き合格」となることもあります。また近年、大阪市では職員が刺青をしていることが問題になりましたが、当然公務員である自衛隊、警察、消防も入れ墨が入っていると選考基準に達しません。なお、入隊後に刺青を入れるのも男女の隊員問わず禁止です。隊員の服装容儀基準のなかにも「刺青はシールを含めて禁止」とあります。自衛隊の採用試験においては身体検査でパンツ一丁になり、足の裏までチェックされるので、イキがってスミなんか入れてたら普通にバレるそうです。

近視矯正手術、いわゆるレーシックについて

航空学生、つまりパイロットを目指す受験生にとって視力は大きな問題です。現在は視力回復の手段としてレーザー等を用い、角膜の表面を薄くすることによって曲率を下げて視力を矯正するというレーシック手術が一般的です。しかし、防衛省による公式な「航空学生」の受験概要案内を見ると、「近視矯正手術(オルソケラトロジーを含む。)を受けていないこと」と明記されていますので以下に典拠を明示します。

片眼の遠距離裸眼視力又は矯正視力が0.7以上かつ両眼の裸眼視力又は矯正視力が1.0以上

中距離裸眼視力又は矯正視力が0.2以上

近距離裸眼視力又は矯正視力が0.5以上

近視矯正手術(オルソケラトロジーを含む。)を受けていないこと。

なお、矯正視力は眼鏡を使用する。(コンタクトレンズは不可)

防衛省公式サイトより引用。引用元の明示
http://www.mod.go.jp/pco/sapporo/recruit/faq_examination.html

上記が防衛省が公式に発表している航空要員の視力の基準です。なお、オルソケラトロジーとは就寝時に特殊なコンタクトレンズを装用し、視力を回復させるというものです。

また、自衛隊が公式協力した宮嶋茂樹氏の女性自衛官パイロット写真集「自衛隊 レディース 空飛ぶ大和撫子」によると、下記の一文が記載されています。

ちなみに角膜手術しても無駄である。入隊後、眼圧検査で一発でバレるらしい。その瞬間、パイロット資格は無条件で剥奪されるという。

典拠元 自衛隊レディース 空飛ぶ大和撫子 宮嶋茂樹 著

飛行要員を目指すのであれば、手術(オルソケラトロジー含む)以外の方法で視力回復に努めたほうが良いようです。自衛隊でも、この「視力」については気を使っているようで、実際に給食で「パイロットのために」加給食として「目に良いとされるブルーベリーのジュース等」を配給しています。

防衛省公式サイトより引用。引用元の明示
http://www.mod.go.jp/gsdf/wae/omosiro/omosiro11.html

作文試験・・自衛隊のウケがいい作文を書いてねと自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。

学校の作文や試験、レポートなどで文章を長々と書くときに、すらすらと文章が頭に浮かんでくる人のほうが稀でしょう。「魔法書士のラノベは書けるけど、公務員試験の作文なんて」と思われる方も多いでしょう。しかし、自衛官候補生などの志願者の大半は、高校生や若者ですから、社会の厳しさや職業差別、底辺を見る女の目、負け組の凄惨な人生をまだ知らぬ者が、ある程度書けるようなシンプルな題目ばかりですので、それほど畏まらなくても大丈夫です。基本を押さえつつ、高校生や学生、それに若者らしい素直さを表現するのが無難です。作文の題材は主に以下のようなものとなります。

出題される作文試験の題材は?

  1. 「自衛隊に入ってやりたいこと」
  2. 「自衛官としての夢」
  3. 「団結力について」
  4. 「どのような自衛官になりたいか」
  5. 「高校生活で得たもの」
  6. 「これから挑戦したいもの」

といったような、地味ながら人の心をえぐるようなモノを書かざるを得ない題目が提示されると自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。どんな作文が試験官の高評価を得るのか、あるいは何を書いていいのか皆目見当がつかないという方は参考書が各種発売されているので、目を通しておけば無意識のうちに着想を得るかもしれないでしょう。デザイナーの佐野研二郎氏は「ゼロベースからデザインを作り出すことは一般的ではなく、どこかで見たデザインから無意識に着想を得ることは珍しいことではない」と言います。ある意味、これは文芸の世界にも言えることでしょう。自衛隊でコピペルナーが導入されているかは不明です。

どのような職種に就けるか決めるのは、入隊後の適性検査と勤務成績や前期教育終了後の配属希望調査であって、バイトの面接の口約束とは違う

航空学生や看護学生など、特定の職種があらかじめ決まっているキャリアコースなどを除けば、自衛官候補生などの場合、面接での答えが将来の希望職種や勤務地を決めることはないでしょう。もちろん、適性が考慮されますが、入隊後の成績次第でいくらでも道が開けます。経理から司法警察、整備に警備、気象に広報に空挺、医師に情報、音楽に歩兵・・・・陸自で15種、空自で約30種、海自で約50種もの職種があり、多過ぎて説明しきれないほどです。ただ、航空自衛隊では専門性が非常に高い職人集団であることから、一度決められた職種を変更することはほとんど不可能です。海上自衛隊でも職種の変更は困難ですが、空自よりは柔軟です。一方、陸上自衛隊では空・海に比べると比較的幅広く、職種変更が可能となっています。もちろん、いずれの部隊も勤務成績と、適正によって職種が決定されますから、努力半分、持って生まれた適正(運)半分といったところでしょう。万全を期すならば、きちんと公務員予備校で面接の訓練を受けたほうが良いでしょうと自衛官受験指導の講師がおっしゃっています。

まとめ

かつて試験で答えを教えていた自衛隊。しかし、昔と違って・・・

「18歳以上27歳未満の男女」で「中卒程度の試験内容」という自衛官候補生(旧・任期制自衛官)の募集条件は、一見「誰でも簡単に自衛隊に入れる」ような錯覚すら覚えます。しかし、決して甘くは無いと言えます。昔、公務員になる奴は馬鹿だ、クズだとさんざん言われていたバブル時代がありました。現在は結果として、公務員の身分保障は民間を凌駕しており、不況であっても大きな賃金カットやリストラはほぼ行われないことが証明されました。すなわち公務員になる人を馬鹿にしていた人こそがアレだったわけです。当時はお役所である自衛隊でも、若者がなかなか志願せず、志願者を集めるのに大変な苦労をした時代がありました。実際に受験に来る志願者も「学力が底辺」の人ばかりのため、試験官が試験で「俺はこっちの答えだと思うがなあ」と答案を指図して合格させていました。これは実際にあった事実として「そこが変だよ自衛隊!」にて大宮ひろ志氏が述べられています。これが全国的に行われていたのか、一部なのか当方の知るところではありません。ただ、現在の自衛官受験状況は好景気時代とは状況が異なり、大卒者がこぞって受験していると報道され話題になっています。「大卒2士」なんて言葉も普通になりました。一般論で言えば自衛官採用試験では学力、作文、身体検査、それにクレペリン作業資質検査などが課され、複合的に志願者の適性が考査されているとのことです。他の受験者より成績が劣っていたり、自衛隊のポリシーに合わない作文を書いたりすれば、残念な結果になるでしょう。自衛官候補生であれば、出題内容は「中卒程度の国数社」となっています。しかし、最低でも基礎はしっかり復習しなければ、高卒レベルの学力を持つ受験生が多い現代では難しいでしょう。これが航空学生になれば、レベルはグンと上がり、英語と数学は完璧にマスターしているような名門私立高校の受験生が挑戦する狭き門です。それに加え、空自の航空学生採用試験では、実際の操縦試験もありますから、学力以前に適正がモノをいうと言えます。それと高校時代の生徒生活はあまりはっちゃけないほうがいいようです。というのも、学校の成績や出席率が良くないと、良い人に比べて評価が低くなってしまうからです。そんなことまで評価されるなんて。

そのほか「自衛官になれない」理由として挙げられるもの

自衛隊のみならず、公務員になれない欠格条項として「日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者」と公表されています。くれぐれもそのような政党や団体を作ったり加入などしないでください。

よろしくお願いいたします。