Pocket

 

「資格いっぱい取れるよ」と広報官が呟いていたのも今は昔。現在はそんなに甘くはない!

自衛隊でとれる資格は自分の職種で必要不可欠なものが優先されます。

バブルのころは自衛隊の入隊者が少なく、広報官は「資格が取れるよ」と囁いて入隊者を募っていましたが、今は自分の職種に関係のある資格しか公費で取らせてくれません。


スポンサーリンク

自衛隊でとれる免許と言えば、自動車の免許が有名だが・・・。

73式小型トラックを運転するために必要な普通免許、さらに必要に応じてけん引免許、大型免許などを取得させてくれます。

もちろん、バイクの免許も取れます。しかし、バイクを業務で運用する機甲科の偵察隊員や、白バイに乗務する警務隊員に限られます。また、海自と空自に自動二輪は配備されていないので取らせてもらえません・・・。

自衛隊の中で自動車の免許を取るには、自動車訓練所という自衛隊の中の自動車教習所に入校するのですが、民間よりとっても厳しいのです。この教習所には警察官や消防吏員が入校する場合もあります。

その他にも自衛官には職種に応じて色々な資格が必要になりますから、業務に関係する資格は公費で取得できます。

自衛隊の中で調理を行う隊員は調理師や栄養士の資格を取ることを部隊が推奨している場合もあります。

もちろん自費であれば、アマチュア無線の資格を取ろうが、行政書士の資格を取ろうが自由です。

ただし、除隊後の再就職のために行う就職補導では資格が取れる

任期満了前の任期制隊員には退職直前に就職援護の観点から、資格を取らせてくれる就職補導教育があります。

入隊3年目以降は技能教育もありますよ。

なるほど、自衛隊ではこの2段階で資格を取得することが可能なんだね。

自衛隊って資格を取得する機会がいろいろ設けられていてうらやましいね!


記事の執筆者・著作権者 jieitaisaiyou.com


スポンサーリンク