【活き活き社会】女性自衛官の普通科中隊、戦車中隊への配置制限をついに撤廃

記事読了までの目安時間: 324


スポンサード リンク

女性自衛官がさらに輝ける時代に!

安倍政権下での女性自衛官の活躍がさらに広がりそうです。

 

防衛省は18日、女性自衛官に陸上自衛隊の普通科中隊、戦車中隊などへの配置を開放し、全自衛隊で配置制限を事実上撤廃すると発表した。

女性活躍推進に向けた取り組みの一環で、約6%にとどまる女性自衛官の比率倍増を目指す。

防衛省によると、全自衛官約23万人のうち、女性自衛官は約1万4000人。直接戦闘職域や肉体的負荷の大きい職域で配置を制限してきたが、機会均等の観点から段階的に門戸を広げ、昨年は陸自の対戦車ヘリコプター隊や海上自衛隊のミサイル艇などへの女性配置を解禁した。

今回の見直しで配置制限は、ほぼ撤廃される。ただ、海自の潜水艦隊員や陸自の特殊武器防護隊など3職域は、プライバシーや母性保護を理由に対象から外した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000024-jij-pol

記事でも触れられていますが、現在すでに陸自では戦闘攻撃ヘリのパイロットに女性隊員を任用することを決めています。空自でも女性自衛官の戦闘機パイロットの制限撤廃、海自では特殊部隊「特別警備隊」への女性自衛官の配置制限撤廃と、矢継ぎ早に施策を打ち出しています。

現在、女性自衛官の定員数は3部隊で約14,000人とされています。

女性自衛官の多くはこれまで、特定の職域に制限がかけられており、本人が就きたくても防衛省が母性保護という政策をとっており、危険度の高い戦闘職種、つまり小銃を用いて直接、前線で戦う「近接戦闘」などを行う陸自普通科中隊(ナンバー中隊)などには任用されていませんでした。

それでも93年以降は、政府が男女共同参画方針という政策を取り始め、女性自衛官を配置できる部隊が今日まで順次拡大されてきています。

米国防総省では2013年1月に女性兵士が地上戦の前線で戦闘任務に就くことを禁じる軍規の撤廃を発表していますが、『肉体的にも男性兵士と同じ能力を有する女性兵士をもはや除外する余裕は我が軍にアリマセン』とは、その当時のアメリカ軍のコメントです。

日本の自衛隊も同じ状況になっているのかは不明ですが、今後は3自衛隊で約14,000人いるとされる女性戦闘員である女性自衛官にも、男性隊員同様、危険で特別な任務が与えられてゆくことになりそうです。

一方で、ドイツやカナダ、フランス、オーストラリア、イスラエルといった国の軍隊では女性兵士を女性だからという理由で配置制限する施策はとっていません(それでも潜水艦だけはやはりまだ制限が多いようです)。

ナショナルジオグラフィックの報告では現在、この惑星では10か国余りの軍隊で女性兵士が白兵戦に就くことに制限を課していないとしています。

ドイツでは2001年に女性兵士の戦闘部隊への配属を許可して以降、女性の入隊者が大幅に増加していますが、フランスでは女性兵士の戦闘歩兵隊への配属も許可されているものの、大半の女性兵士は希望しなかったそうです。

典拠元

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7460/?ST=m_news

ただ、女性の配置制限はほぼ撤廃としながらも、海自の潜水艦隊員や陸自の特殊武器防護隊は除外されています。さらに引き続き、精鋭である第一空挺団や陸自随一の特殊部隊である特殊作戦群などに女性隊員が配置されるという報道は今回も見られません。

空自の新型輸送機C-2にトイレが複数設けられたのは今後増えるであろう女性パイロットや女性機上整備員、あるいは陸自の第一空挺団への配慮というわけでもないのでしょうが、いずれにせよ、今後さらに女性自衛官の持つ優れた空間認識能力や、女性の持つきめ細かな仕事などが自衛隊の最前線で試され、更なる活躍が期待されているようです。

でも、凛とした女性らしさを忘れては欲しくないですよね。


スポンサード リンク

あわせて読みたい