自衛隊の緊急車両各種

記事読了までの目安時間: 241

自衛隊のパトカー、消防車、救急車など

自衛隊にも様々な任務の特性から、各種緊急車両を配備しています。警務隊が捜査活動で使用する覆面パトカー、野戦用の救急車、航空機用消防車、不発弾処理用の車両などが緊急車両に指定されています。また、ほかにも通常使用される自衛隊車両のうち、一部についてはサイレンと赤色灯を搭載して緊急車両指定を受けているものもあります。陸上自衛隊が主に使用する73式小型トラックのうち、部隊長が乗車する車両については赤色灯および前面赤色警光灯とサイレンが装備されており、緊急自動車扱いになっています。これは、災害派遣などで指揮車両が部隊の車列を先導することを目的としたもので、警察のパトカーの先導を待たずして自衛隊が独自に迅速に部隊展開ができるように考慮されています。

スポンサード リンク

自衛隊のパトカー

3自衛隊に編成されている司法警察組織である、警務隊の専用車両としてパトカーと覆面パトカーが配備されています。自衛隊内部の秩序の維持、交通統制や犯罪捜査に使用されるほか、逃げた自衛隊員を捕まえるために駅などに緊急走行で先回りするのも任務です。こちらは一般車両に偽装された覆面パトカー。内偵などに使用されます。警務隊にはほかにも白バイも配備されています。

 

救急車 (駐屯地・基地用および野戦用)

陸海空の自衛隊各部隊では、それぞれ救急車も配備されています。いずれも赤十字マークをつけて赤色灯とサイレンアンプを装備した救急車ですが、OD色になっています(白もあります)。そしてもちろん、赤十字のマークもついています。国際法では赤十字を付けた車両は軍用車両であっても攻撃の対象にすることは許されておらず、非戦闘車両という建前になっています。野戦で使用されるトラックのシャーシを利用した「野戦用1トン半救急車」のほか、通常タイプの駐屯地用救急車は駐屯地内と病院との間で患者搬送に使用されます。駐屯地用救急車は各駐屯地の業務隊が運用しています。

 

 

 

自衛隊の消防車


3自衛隊では、駐屯地、基地用として小型のポンプ車などが配備され、また、航空機を運用する航空部隊ではさらに大型の救難消防車が配備されています。駐屯地の近隣で民間の家屋などの火災が発生した場合も、要請があれば近傍派遣として出動できます。また、駐屯地ではヘリコプターの離着陸に備え、必ず小型ポンプ車が待機します。装備も車体色もいたって消防署の消防ポンプ車と変わらないものの、陸上自衛隊で使用される消防車の表記については「陸上自衛隊」および各駐屯地の「業務隊」表記が入り、自衛隊の桜星、自衛隊ナンバーとなります。陸自以外でも当然、消防車を所有しており、陸自より大型の航空機を運用する海自と空自では破壊機救難消防車や、大型化学消防車を持っています。航空自衛隊では芦屋基地にある第3術科学校で消防初級教育を受けそしてさらに再入校し上級教育へと進みます。自衛隊消防員の訓練は本職の消防吏員同様に厳しく、完全防護衣での放水訓練では、酸欠で倒れる隊員もいます。陸上自衛隊でも飛行場を有している駐屯地では大型消防車を所有しています。



スポンサード リンク

あわせて読みたい