自衛隊の戦闘装着セット

記事読了までの目安時間: 1317

陸上自衛隊の個人装備が戦闘装着セットだ!

sentsoutyaksettbanner

自衛官に貸与され着用する迷彩服や、バックパック、そのほか被服、個人装具一式。これらは一式で貸与され「戦闘装着セット」と呼ばれており、戦闘職種の陸上自衛官にとっては基本となる装備です。迷彩服、半長靴、雨衣で4キロ。防弾チョッキが約4.5キロ。吊りバンド、ピストルベルト、マグポーチ、救急品袋、これらで約1.5キロ。実弾入りのマガジン6本、手榴弾2個。これらだけで約3キロ。エンピ(携帯シャベル)が1キロ。ガスマスク(ポーチ込み)が2キロ。満水にした水筒1.5キロ。ケブラ鉄帽が1キロになります。

そして89式小銃銃剣で4キロ。これでおよそ23キロ。そして、レンジャー訓練や地獄の行軍になると背中に個人の携行品を詰めた戦闘背嚢(バックパック)を背負わなければなりません。小隊長や無線手は無線機も必要です。13キロ近いパンツアーファーストを携行する砲手もいます。 上にはセット以外の品目も含まれていますが、「戦闘装着セットのみのフル装備は総重量30kg」になります。

 

 

kojinsougu-2016-001kojinsougu-2016-002

迷彩服

迷彩服2型は耐熱加工されており、人体に対する高い防護性を有し、赤外線に対する偽装効果も備えている戦闘服です。自衛隊の迷彩服の解説はこちら

戦闘防弾チョッキ

陸自と空自に配備されている旧型の防弾チョッキは防弾チョッキという名称ですが、小銃の防弾効果はありませんでした。現在は改良された2型に移行しセラミックプレートを追加できる改良を施したものも使用されています。

スポンサード リンク

戦闘雑納

戦闘装着セットの一つでお尻の上あたりにベルトに付けて装着します。

弾帯

陸上自衛隊 弾帯ベルト (PX)
陸上自衛隊 弾帯ベルト (PX)
B009YDGK62 | 誠和商事 |

弾納やその他装具を取り付けるためのベルトです。通常はサスペンダーで吊っています。幹部隊員や砲手などは拳銃を携帯しますので、官品の革製拳銃ホルスターやレッグホルスターを吊り下げることもあります。

在庫販売 JME 陸自新迷彩 129 サスペンダー
価格:3890円(税込、送料別) (2017/3/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

91式弾帯、弾帯2型、弾帯3型があり米軍のものと似ていますが、細部が違います。海、空では旧式のバックルが金具になっているものが現役です。PX品でベルトの下に巻いて食い込みを和らげるクッションパッドが販売されています。

弾納

いわゆるマガジンポーチ。マガジンを収納するためのナイロン製ポーチ。64式と89式用、さらに9ミリ拳銃用のタイプがそれぞれある。後方職種ともなれば小銃をあまり扱わないので紛失防止も兼ねて弾納には実物の弾倉を入れないこともある。その場合、全弾装てんしたマガジンと同等の重量のオモリをわざわざ弾納に納めるというキ真面目な隊員も。

戦闘背嚢(せんとうはいのう)とは・・?

戦闘背嚢とは陸上自衛隊に配備されているコンバット・バックパックのことです。一般隊員用の「一般用」と空挺隊員向けの「空挺用」があります。旧型のsoubi73式背嚢はOD作業服時代に制式配備されており、現在の背嚢に比べ、ODカラーで横長になっているのが特徴ですが、現在のモデルは縦長スタイル、2型迷彩模様で機能的にも非常にシステマチックです。空挺用は降下の際には、身体の前面に装着し、降下中は足の下に吊り下げ、着地後に背負い作戦行動を展開するという運用スタイルを取ります。また、容量も一般に比べてかなり大きくなっており、こんなものを背負って戦闘する第一空挺団はやはり、精強かつ特別な死生観と言われるだけあります。かつて、陸上自衛隊第一空挺団に所属していた漫画家・板垣恵介さんの著書『200000歩2夜3日』では普通科時代の富士山麓合同演習における「富士山走破」のエピソードが描かれていますが、劇中、背嚢に以下の物が入っていることが説明されています。缶メシ(戦闘糧食I型)8缶、おかず缶8缶、缶入り飲料3本、袋入り菓子、着替え(防寒シャツ含む)、ベビーパウダーの缶、雨具、その他装備エトセトラ。重い。

【3月30日発売予定】陸上自衛隊迷彩戦闘背嚢(レプリカ)
価格:37584円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

160201-M-HF454-100
また、仮眠覆いという「寝袋」や、調理器具というより食器として使われることが多い飯ごうや、個人の私物も入っています。背嚢のサイドには水筒を装着できます。なお、武器や弾薬は別に携行するため、戦闘背嚢には入っていません。とは言え、やっぱり重い。体への負担を少なくするため、背負い部にはクッションパッドが内蔵されています。重い重いと言いますけれど、小銃手は3.5キロの89式小銃機関銃手はミニミ、砲手は13キロのパンツアーファウストなどを携行するので全体的な携行品はさらに重いのが実情です。さて、さきほどベビーパウダーについて書きましたが、自衛隊では隊員が行軍訓練の際に足の裏のマメ対策として、休憩のたびに足の裏にベビーパウダーを塗っています。行軍には必需品なんですよ。

「装具の点検」では中隊長が中身を一人ひとりチェックする

sentouhainou

陸上自衛隊ではヘルメットなど個人装具を身に着け、銃を持ち数十キロの長距離を徒歩で移動する行軍という訓練が行われます。行軍の前日には上官によって背嚢の中身を点検することも行われます。

※参考文献

『200000歩2夜3日』 板垣恵介 著

半長靴3型と戦闘靴2型

陸上自衛隊には現在、半長靴3型と戦闘靴2型があります。この半長靴、一言でいえば単なる貸与品の一つ。しかし、自衛官の心構えと気合を実によく表すものでもあるんです。それが自衛官に課せられた「半長靴磨き」です。自衛官は好きか嫌いかにかかわらず自分に貸与された靴は徹底的に磨き上げることを入隊直後より班長や先輩に厳しく指導されます。少しでも磨きが足りず汚れていれば、ヤキが入り・・じゃなかった、やり直しを命ぜられます。ベテラン隊員の半長靴を見て下さい。もはや黒い鏡です。この磨きには様々なテクニックが先輩より直々に受け継がれており、また様々な専用のクリームやそれぞれの隊員こだわりの道具を使います。その道具の中でも、「女性用のストッキング」は磨きに重宝されます。へえ~。靴磨きって自衛隊の伝統儀式なんだね。一方で、とても蒸れるため、水虫の元になっているのも事実です。水虫は自衛官の職業病、「水虫になって初めて一人前の自衛官」などと自衛官自らも自虐的におっしゃったりもしますが、その裏で「か、かゆい・・・」と悩んでいる女性自衛官も多くいます。でも大丈夫、自衛隊の水虫薬は強力で定評があります。

部隊によっては私物のブーツも着用でき、ダナーSDFが人気です。ダナー社が自衛官向けに販売している半長靴で女性自衛官向けもあります。

防弾というよりは防爆チョッキ

航空自衛隊 野戦迷彩 防弾ベスト・チョッキ(レプリカ)

航空自衛隊 野戦迷彩 防弾ベスト・チョッキ(レプリカ)

B00ENA0IB4 | 誠和商事 |

実は戦場で兵士が受傷する理由で最も高いのは銃弾よりも砲弾の破片なんです。
砲弾が着弾し、爆裂すると周囲に砲弾の破片が飛散し、兵員にダメージを与えます。
このような攻撃から身体防御をする手段として各国ではアーマーを研究し、兵士に支給しています。
引用元は防衛省の技術研究本部の公開情報であることを明記します。 http://www.mod.go.jp/trdi/research/dts2010.files/R5/R5-2.pdf(リンク切れ)

2014年9月27日に発生した御嶽山噴火により、40名近くが死傷した大参事でも警察、消防、自衛隊が救助活動を遂行しましたが、そのときに自衛隊員は万が一の火山弾の直撃から身を守るためヘルメット、さらには戦闘防弾チョッキを着用し、山へ登り救助を敢行しました。まさに砲弾の破片から身を守るという防弾チョッキの性能が用いられたのです。

自衛隊初の「戦闘防弾チョッキ」が登場

自衛隊における防弾チョッキの配備は陸自で1992年から始まりました。ちょうど迷彩服が2型に更新された時期に戦闘装着セットとして同時採用です。迷彩服の偽装効果を犠牲にしないため、チョッキ自体にも迷彩が施されています。マガジンポーチを収納するためのポーチも付属しています。制式名称は「戦闘防弾チョッキ」で、この初期型タイプは小銃弾に対する防弾性能がありませんでした。

防弾チョッキのセカンドバージョンが登場!今度はライフル弾を防げる!?

 長らく使用された「戦闘防弾チョッキ」に代わり、現在広く配備されている「防弾チョッキ2型」は大幅にデザインと仕様が変更され、マガジンポーチ付属型でダルマみたいにズングリムックリしていた前モデルに比べ、標準の状態ではすっきりとスマート。というのも、2型では米軍のPouch Attachment Ladder System(PALS・パルス)を参考にしたのか、チョッキ全体に個人装具取付用のテープが配され、ポーチ類が任意で取り付け可能になったからです。このシステムで各種のウェビング装備(ウェディング装備ではなく)を装着可能ですが、自衛隊独自の規格で米軍とは厳密には規格は異なっているようです。

米軍ではパルスに対応したポーチ類が民間の各社から多数販売されており、メディックや機銃手など兵士の特技ごとに好きな位置に自由に様々なポーチ類を設置することができます。陸自でもPXで買ったポーチ類を隊員が比較的自由に2型に配置していることが写真で確認されています。お役所的日本軍も進化したみたい。

2型の上から弾帯と弾帯吊りを装着する例もあります。また、ほかにも性能面で大きく改善された部分としては小銃弾に対して抗弾効果のあるプレートを挿入し防弾性能が向上しています。

さらに背中には、負傷時に他の隊員から引っ張ってもらうための取っ手がついています。肩部分と襟のアーマー・パッドが取り外し可能になり軽快です。とは言ってもかなり重いので、小柄な隊員や女性自衛官には大変です。

現在はさらに改良され、水中に落下した場合や負傷して手当が必要な際などにワイヤーを引き抜くことでチョッキを素早く分解できるクイックリリース機能を搭載した「防弾チョッキ2型(改)」の配備が進められていますが、今後は新型の防弾チョッキ3型が配備される予定になっています。

防弾チョッキと言えば、イラク戦争で米軍が撃ちぬかれた防弾チョッキの補修費用を兵士個人に請求していたことが判明しました。自衛隊では今後、そんなことが起きうるとは思えませんが、実際はわかりません。

参考文献 http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200602101724395

ちなみにこの防弾チョッキ2型を着用してみたい方はいらっしゃいますか。
苦行僧じゃないんだからいませんよね。
でも、もしいらっしゃれば、朝霞市にある陸上自衛隊の広報センター「りっくんらんど」にて展示されているので行ってみてくださいね。

自衛隊の現行配備「88式鉄帽」はどのくらい強いの?

160209-M-VZ995-106陸海空の常備自衛官には1988年に制式化された88式鉄帽というヘルメットが現行配備されています。88式は戦闘での使用を想定している自衛隊の主力ヘルメットで、形状はアメリカ軍で採用しているPASGTヘルメットと同タイプですが、細部が異なっています。

実はこの「鉄帽」、鉄製ではない!
gekitobashi
88式鉄帽は鉄製ではなく、とっても軽いケブラーと呼ばれる素材でできています。自衛隊では66式の頃からヘルメットを「てっぱち(鉄鉢)」と俗称で呼んでいますが、これは旧日本軍から呼称される伝統的な用語なのです。ケブラーは防弾チョッキでポピュラーな素材ですが、88式鉄帽の防弾性能は飛び散る榴散弾や砲弾の破片や、9ミリ拳銃弾から頭を保護するくらいの防護力が想定されています。このため、専ら榴弾の破片などを防ぐことが目的のようです。なお、海上保安庁や警察にも一般警察官用として88式ヘルメットをグレー色にしたものを配備しています。なお、海上自衛隊特殊部隊西部方面普通科連隊などでは水路潜入訓練の際に88式ヘルメットを使用せず、軽量なスポーツ用の「プロテック」ヘルメットを使用しています。

13年から配備の88式鉄帽2型とは?
U.S.,_Australia_execute_boat_raid_in_support_of_amphibious_assault_150711-M-PK203-105

2013年からは新改良された88式鉄帽2型が配備されるようになりました。防弾性能は旧型同様ですが、軽量化されており、4点式顎ひもも標準装備となっています。

旧型の66式鉄帽

rikusoukouhoseikunren
過去に陸自で広く配備されていたのが、米軍のM1ヘルメットを参考に日本国内で生産した「66式鉄帽」です。ところが、なかなか日本人の頭部とは合わないために、隊員からはあまり評判がよくありませんでした。おまけにヒサシの部分が長く、64式小銃の可倒式リアサイトと干渉してしまい、注意しないとリアサイトが前にパタパタ倒れちゃうのです。また、現在の88式に比べると材質も合金製でとても重いため、隊員に負担がかかっていたそうです。なお、現用の88式は66式に比べ300グラムも軽くなっているんです。一方で、この66式は完全に退役したわけではなく、後方部隊や予備自衛官補の訓練で貸与されることがあるほか、なんと防衛大臣や幕僚にも貸与されており現役なんです。自衛隊においては旧式装備は後方職種、詮ずるところ戦闘を主任務としない部隊に回されるのが常になっていますが、テッパチについても例外ではなく、まだまだ現役です。

鉄帽覆い

通常、66式、88式鉄帽には本体自体にあらかじめ陸自はOD、航空自衛隊は暗いグレー、海上自衛隊は明るいグレーの各色がそれぞれ下地として塗装されています。3自衛隊では迷彩のカバー「鉄帽覆い」をかぶせて使用します。

しかし、海自の艦艇で使用する場合は鉄帽覆いを用いません。第一空挺団はパレード時に自隊を強調するためか、ノンカバーの88式に第一空挺団のシンボルマークを描いた特別仕様の88式を被っています。

ライナー(中帽)

一方、自衛隊には中帽、ライナーと呼ばれる樹脂製ヘルメットも配備されています。これは工事のドカヘルと同等の強度を持ったもので災害派遣体験入隊で被るのも専らこれです。東日本大震災で救助や復興任務にあたった隊員たちはこのライナーに東北復興への思いを込めたメッセージ・シールを貼って活動しました。

自衛隊の「テッパチとウソッパチ」

一方で「ウソッパチ」なんてものがあります。旧型の66式鉄帽を模したプラスチック製のレプリカヘルメットなのですが、本物の鉄製ヘルメットに比べ軽いのでカバーをかけて”偽装”したうえでコッソリと愛用している隊員が多かったようです。形状は細部で異なるものの、カバーをかければまずバレず愛用者も多かったのですが、安全性に問題があり公式には使用は禁止されていました。

Photo by Gunnery Sgt. Ricardo Morales(PD)

先進装具システム

防衛技術シンポジウム2009で公表された技本が研究開発している次世代の銃を含む個人装具システムです。アメリカ軍でも一部は実戦導入されているようだがヘルメットにはGPSや無線装置が内蔵され見た目はまるで未来の兵士の姿。バイタルサインセンサと呼ばれる装置では隊員の生命状態をモニターできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自衛隊の戦闘装着セットとはこのように、ヘルメットから防弾チョッキやブーツまで含んでの貸与となります。

※参考文献
『学校で教えない自衛隊』荒木肇 著/並木書房 発行



スポンサード リンク

あわせて読みたい