自衛隊のレーダーサイトと対領空侵犯措置(スクランブル)

記事読了までの目安時間: 1932

誰も近づけない見晴らしの良い山頂を占有し、ハイテク機器と数百人の人員、そして謎の超巨大ゴルフボール・・・!全国28か所で目を光らせる知られざる空自の秘密施設とは!

山へ登山やハイキングをしに行った先で、頂上に白いドーム状の建物を見たことのある人も多いと思います。これらは「レーダーサイト」と呼ばれる航空自衛隊の施設です。レーダーサイトの多くは高くて見晴らしの良い山頂(一等三角点の場合もあります)に設置されており、まさに航空自衛隊の”秘密”基地と言えるでしょう。ただ、電話帳に電話番号は出ていますが…。レーダーサイトの目的は日本周辺を飛行する航空機や大陸間弾道ミサイルの監視および、スクランブル発進した邀撃戦闘機に対する目標までのコース指示、いわゆる要撃管制が主です。また、そのロケーションの良さも活かして外国の各種無線の傍受も行います。たいてい、山頂まで車の通れる「防衛道路」が通っており、この道路は自衛隊の車両しか通行不可。管理運用しているのは航空自衛隊の航空警戒管制団、警戒管制隊です。これらレーダーサイトは全国に28箇所あり、本土から離れた島にも設置され、日本の四方を絶え間なく見張っています。なお、海上自衛隊でもレーダーを用いて監視をする「警備所」という施設を全国に複数持っており、こちらは海上を行き交う船舶の監視が任務となっています。それでは自衛隊のスクランブルレーダーサイトについて詳しく迫ってみましょう。

外国機による領空侵犯に対処する航空自衛隊のスクランブル任務とは

スクランブル―警告射撃を実施せよ

スクランブル―警告射撃を実施せよ

4906124267 | 田中 石城 | かや書房 | 1997-04

スクランブル(scramble)とは、主に外国の航空機による国際法に違反するような領空侵犯及び、領空侵犯のおそれに対する「対領空侵犯措置」のための航空自衛隊要撃戦闘機による緊急発進です。日本の空は24時間、航空自衛隊のレーダーサイトや、早期警戒機、さらには情報収集衛星によって絶え間なく監視されていますが、近年では周辺諸国との緊張の高まりから、航空自衛隊のスクランブルは多発傾向にあります。ひとたび領空侵犯があれば、夜中や吹雪であっても漆黒の空へと飛び立つスクランブル。さらに緊急性の高い「ホットスクランブル」もあります。北海道の防空を担う第2航空団(千歳)では主にロシア機の対処が多く、必要に応じて三沢基地の第3航空団からも戦闘機が出動します。一方で、九州沖縄の西方上空では中国軍機が活発になっており、空自では警戒をしています。

スポンサード リンク

対領空侵犯措置の法的根拠は

自衛隊法第84条(領空侵犯に対する措置)が根拠となっています。

第84条(領空侵犯に対する措置)
長官は、外国の航空機が国際法規又は航空法(昭和二十七年法律第二百三十一号)その他の法令の規定に違反してわが国の領域の上空に侵入したときは、自衛隊の部隊に対し、これを着陸させ、又はわが国の領域の上空から退去させるため必要な措置を講じさせることができる。

つまりスクランブルによる追い払いはこの84条が根拠となっているわけですね。

 

防空識別圏と領空侵犯、その対処方法

そして、航空自衛隊では防空のための作戦も定められています。


航空侵犯に対しては、「侵入する航空機の発見」「発見した航空機の識別」「敵の航空機に対する要撃(来襲する空中目標を撃破するため、戦闘機を発進させまたは地対空誘導弾を発射させること)・撃破」といった防空のための作戦が遂行されます。

引用元 航空自衛隊公式サイト
http://www.mod.go.jp/asdf/about/role/bouei/

日本の防空識別圏は1945年にGHQが制定した空域をほぼそのまま使用しており、航空自衛隊の対領空侵犯措置の実施空域に指定し

800px-Japan_Air_Self_Defense_Force_F-15ています。しかし、これは日本の領空の範囲を示しているわけではありません。防空識別圏を超えて周辺国の戦闘機や爆撃機が日本に対して威嚇因縁をつけに来ることを領空侵犯と呼び、国籍等の不明な航空機を彼我不明機(ひがふめいき)と呼びます。威嚇などの悪意か、単なるコースの間違いかは、レーダーで当該機の航跡を辿ればすぐにわかると言います。領空侵犯機に対しては、まずスクランブル発進した戦闘機が接近し、この航空機は何なのか?軍用機か?民間機か?韓国が飛ばしたチョコパイと宣伝ビラ付きの気球か?宇宙人か?と、パイロットが目視で詳しく確認する必要があります。そして、レーダサイトおよび戦闘機が直接、国際緊急周波数(ガードチャンネル)で「貴機は日本の領空を侵犯しようとしている。
進路を変更せよ」と周辺の国の複数の言語で呼びかけて警告します。しかし、侵犯機がそれを無視して侵犯を続ければ、航空自衛隊の怒りはマックスになり「出て行け」ではもう許してはくれず、実弾発射の信号射撃による警告や、日本の基地へ強制着陸をさせられる手はずになっています。領空侵犯機に対しては、過去、1987年に領空侵犯を行ったソ連機に対し、航空自衛隊の戦闘機が実際にM-61A1という20mm機関砲の発射による信号射撃警告を行ったこともあります。単なる脅しのつもりが、厳しい訓練で男性ホルモンが多く、喧嘩っ早い戦闘機パイロット同士、些細な挑発から勝利至上主義のオラオラ節に火がついて本気の喧嘩モードになり、取り返しのつかないことになるため、自衛隊では日本国憲法に則って、とくに慎重に対処しています。そのため、自衛隊が後に「悪質」と公式表明したこのソ連機侵犯事件でも撃墜は行わず、アメリカ政府にその慎重な対応を高く評価されています。

kuujigaiyousetumeiinyou0423

航空自衛隊の公式サイトから引用した上記イラストは、日本の航空自衛隊における防空作戦の例です。図中にある「CAP」とはCOMBAT AIR PATROL、日本語で戦闘空中哨戒あるいは空中警戒待機と言い、対象航空機の接近に対し、速やかに対処できるようにスクランブル用の戦闘機を事前に上空待機させてしまおうという戦術です。Combat Air Patrolの態勢では、戦闘機が効率的に空中警戒を行えるように、滞空時間の伸ばすための空中給油機も必要になります。戦闘機のみならず、敵機の攻撃から基地を守るため地対空誘導弾を配備する高射(ミサイル)部隊も連携して動いているのがよくわかると思います。スクランブルがかかると、このように航空自衛隊では各部隊がそれぞれ警戒体制に入ります。このように航空侵犯には、第一義的に航空自衛隊が対処する手はずになっています。

空飛ぶレーダー、E-2Cホークアイ&AWACS

img01-5
航空自衛隊では広い空域を警戒監視し、味方の戦闘機に対する管制を行うレーダを載せた航空機を用いています。グラマンE-2Cホークアイは元々、米軍の配備する艦載機で、昭和62年度より航空自衛隊で”実戦配備”されています。4時間程度の哨戒飛行が可能

US_Navy_081111-N-9565D-040_t._Brett_Whorley,_left,_and_Lt._Andrew_Leatherwood,_assigned_to_Airborne_Early_Warning_Squadron_(VAW)_115,_theで地上や海上のレーダーでは発見できない遠距離目標を空の上から補足可能で、さらに同時に250の目標を追尾して30の目標を要撃管制可能です。胴体の上には大きな円盤型レーダーが搭載され、毎分6回転して360度をカバーし、最大で500キロ以上も離れた遠距離を飛ぶ航空機を発見する能力があります。乗員は5名でパイロットとコパイ、そして電子システム担当のレーダー手が搭乗します。低空侵入機の早期発見は重要な任務です。そもそも、自衛隊の歴史の中でも汚点となったソ連空軍軍人による函館空港ミグ強行着陸が本機の導入理由になっています。さらに捜索・救難においても活躍し、通信の中継なども可能です。E-2Cは配備が30年を経過していますが、防衛省では新たにE-2Dアドバンスド・ホークアイの導入を決定しています。

 

さらに高性能!早期警戒管制機 AWACS エーワックス

AIR_E-767_AWACS_Top_JASDF_l

さらに、平成12年からは新型の「早期警戒管制機」として日本の空の目を担う、超高性能レーダー機E-767、通称AWACS(エーワックス)が配備されています。上記のホークアイも管制を行うことはできますが、限定的です。そこで敵機を機上レーダーで捕捉、さらに味方の迎撃機の誘導もできる機能がより強化され、機体を大型化かつジェット化したことにより、長時間の哨戒任務が可能になっているのがAWACSなのです。こちらも背中に「お皿」を乗せた大型のジェット機ですが、実はあのお皿、飛行中はクルクルと回転しているのです。この円盤は約10秒で一回転しますが、離陸時など電波を照射しない場合はそれより遅く回転します。この円盤は地上で電波を発射することは法令で許されないほど強力です。そのためこのエーワックスにはコックピット以外に窓がないのも特徴です。旅客機ではないし、必要がないばかりか、乗員を強烈な電波から防護しなければなりません。なお、安全な自軍の制空域でのレーダー監視が任務であり、戦闘空域での飛行は考慮されていませんので、固定武装はありません。長時間のフライトでは当然、乗員の食事も空の上で機上食ということになります。乗員にはレトルトタイプや弁当の食事が配給されています。密閉された4万フィートの上空で電子機器に囲まれて牛丼食べてるってすごくシュールですよね。なお、AWACSは空中目標の実を補足する空のレーダーですが、アメリカ軍には地上の車両などを補足する専門のE-8 J-STARS(Joint Surface Target Attack Radar System ジョイントスターズ)も配備されています。

ところで、日本のAWACSには女性乗組員も存在します。彼女のことを知りたければフォトジャーナリスト・宮嶋茂樹さんの「空飛ぶ大和撫子」をご覧くださいませ。そこには機上管制官の女性自衛官が掲載されています。

自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか? 主力戦闘機の秘められた実力を科学的な視点から徹底検証!! (サイエンス・アイ新書)
自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか? 主力戦闘機の秘められた実力を科学的な視点から徹底検証!! (サイエンス・アイ新書)
4797355271 | 青木 謙知 | ソフトバンククリエイティブ | 2010-09-18

領空侵犯機はどのような航空機か?

過去、航空自衛隊が公表している資料によると、戦闘機のほか大型の爆撃機や、電子偵察機などが日本の防空識別圏へ飛来しています。とくに「Tu-95」と呼ばれるロシアの大型の戦略爆撃機、さらには電子偵察機は日本列島付近を「パトロール」と称して威嚇的に周回し、自衛隊や在日米軍を挑発しつつ、その対応能力や電子情報などを収集しています。

800px-Энгельс_Ту-95МС_23_фото_4
航空自衛隊によるスクランブル発進の代表的な事例であった70年代の”東京急行 “でおなじみ、Tu-95の尾部機関砲。通常、上向きでロックされており、インターセプトされても、ヘタに動かさず「戦意は無い」ことを表明するという”仁義”らしき国際マナーもある。この尾部機関砲には、冷戦中の面白い話がある。冷戦中は迎撃に上がった米軍要撃戦闘機のパイロットに対し、ソ連機の尾部機銃手(ガナー)が嬉しそうにピースサインしたり、コーラの缶を見せたりしていた。米軍が撮影したそれらの写真は当時、日本の雑誌にも掲載されたが、空自機には「平和」と大きく書いた紙を見せたこともあるという。だが、現代の大型爆撃機では尾部銃座はことごとく廃止されており、Tu-95の尾部銃座にも、人員削減でもはや乗員はいないとか、遠隔操作式になったなどの話も聞く。いずれにせよ、冷戦時代の思わず頬が緩むような逸話だ。

1000

ロシアが去れば、中国が来る。こちらはH-6戦略爆撃機。航空自衛隊の邀撃機が撮影した写真です。H-6は巡航ミサイルや爆弾、機雷なども投下出来る多目的戦略爆撃機で、日本国の脅威です。中国軍が日本の離島などに上陸しようとする際に、自衛隊があらかじめ仕掛けておいた地雷を燃料気化爆弾で効率よく破壊してしまいます。このような外国軍機は私たちが寝ている間も絶え間なく、日本を盗ろうと列島を威嚇的に飛行しており、その対処に航空自衛隊は24時間気を休めることはできません。

北方空域と南西空域の防空

北方空域ではロシア軍の航空機による領空侵犯、また南西空域においては中国空軍機による恣意的、挑発的な領空侵犯が相次いでおり、近年では国籍不明の無人機と見られる航空機の問題も起きています。

“5分待機”のアラート任務とアラートハンガー

このような突然のスクランブル(緊急発進)に備えるため、要撃戦闘機はアラートハンガーと呼ばれる格納庫で機関砲に実弾を装填し、ミサイルを翼に吊り下げ、いつでも飛び立てる状態で24時間待機させています。アラートハンガーは滑走路のすぐ近くに設けられており、要撃戦闘機のパイロットももちろん、ハンガーに併設された待機室に交代で24時間詰めています。この待機状態をアラート任務と言います。3度の食事も食堂から車で運ばれ、パイロットは缶詰状態になりながら、テレビを見たり漫画を読んだり、時には腕立て伏せをしたりなどして男性ホルモンを増やし、最前線の兵士としての闘志を養いながら思い思いのことをして過ごしています。生理学上は、男性ホルモンの分泌が多いほど、闘争心旺盛であるとされています。そしてひとたび、発進のアラームが鳴り響けば、パイロットたちは即座に格納庫へ走り、F-15にかけられたラダー(梯子)を駆け上がり、5分以内に飛び立つことが求められています。ロシア機対処のため、千歳基地から飛び立ったF-15の場合、札幌市を越え石狩湾上空に抜けると、20mmバルカン砲をやにわに試射し、コンバットopenに向けて手際よく準備をします。しかし、航空祭でのスクランブル発進実演展示では、外国に手の内を明かすことを避けるため、わざと時間をかけてノロノロと手際悪く発進しています。なーんてね。

ホット・スクランブル ~緊急発進~ (徳間文庫)

ホット・スクランブル ~緊急発進~ (徳間文庫)

4198936609 | 高野 裕美子 | 徳間書店 | 2013-02-01

レーダーサイトでの領空監視は24時間体制、3交代勤務で緊張の連続。

headersps

網走分屯基地の三次元レーダーFPS-4。グラスファイバー製のレドームは、過去、白色カラーであったが、近年は特徴的な暗緑色カラーも多い。

上記写真の典拠元 航空自衛隊公式HP
http://www.mod.go.jp/asdf/special/webmagazine/vol11/

山の頂上で気が抜けない24時間態勢の空域監視はまさに最前線です。航空自衛隊北部航空警戒管制団第45警戒群(北海道当別分屯基地)では百人以上もの人員がいます。もともと当別分屯基地は昭和29年に米国空軍が開設したレーダーサイトで当時、米兵と米軍属が240名ほど居住しており、当別はだいぶ活気付いていました。その後、昭和34年にレーダーと兵舎2棟が自衛隊に移管されました。勤務する隊員たちはサイトの分屯基地内に併設している宿舎で寝起きし生活しています。もちろん、このレーダーサイト自体に100人が詰めて勤務しているわけではありません。要員は50名程度です。レーダーサイトでは電源が確保できなければレーダー装置を作動させることができません。このため、サイトではいかなる時も電源を喪失しないよう、非常用電源の確保も万全です。 離島のレーダーサイト 北海道では奥尻島の山頂にレーダーサイトが設置されています。島へはCH-47Jによる物資輸送が行われ、隊員への物資補給が欠かせません。

航空自衛隊の分屯基地(Sub air base)の種類

航空自衛隊の分屯基地(Sub air base)には主に、レーダー基地(レーダーサイト)と、地対空ミサイル基地の二つがあるのだ。
レーダーサイトでは主に日本の領空に近づく外国の航空機を監視したり、外国の無線を傍受したりするのが任務なんだ。一方、地対空ミサイルが配備されている分屯基地は航空自衛隊の基地や施設を敵の航空機や大陸間弾道弾から防空するのが任務だよ。通常、これらの分屯基地は、基地に比べて敷地は広くないし、ヘリポートのみだけど、北海道の八雲分屯基地だけは、航空自衛隊で唯一滑走路を有する分屯基地なのだ。この滑走路は基地の滑走路と比べてそん色なく、大型ジェット輸送機も離着陸可能で、95年に函館空港で起きたハイジャック事件では警視庁のSAP(SATの前身部隊)隊員を秘密裏に展開させるために空自のC-1輸送機が八雲に降り立ったこともあるのだ。戦争が起きた際に代替滑走路として使用されることを想定しているほか、民間機の緊急着陸の際にも使用が想定されているんだよコナン君。なるほどぉ。分屯基地はどちらも航空自衛隊の任務上、重要な施設であり、欠かすことが出来ない施設なんだね!

ゴルフボール”から”ガメラの甲羅”へ?

レーダーサイトの象徴ともいえるのが、前述したまるでゴルフボールの様な球形ドームのレーダーJ/FPS-2です。現在はさらに高性能なレーダーが配備されており、まるでガメラの甲羅のようなユニークなカタチをしたレーダーもあります。これは日本が開発した防空用の固定式警戒管制レーダー装置「J/FPS-5」と呼ばれるレーダーなのです。ステルスや弾道ミサイルも補足できる超高性能レーダーですが、一基あたりの設置費用が100億円以上とあまりに高額すぎ、配備は打ち切りとなりました。今後しばらくはJ/FPS-2で運用されますが、後継のJ/FPS-7の開発も進められています。いわゆる”丸見えステルス”です。

サイトを一般人が見学できる?

年に一回、開庁記念日に一般人も見学ができる場合がありますが、行われない年もあります。機密のカタマリである自衛隊レーダー施設は当然、レーダーそのものから付近の木々の様子まで写真撮影が制限される場合もあります。私服の警務隊や保全隊に「ようこそ!」されて写真を撮られ、公安警察と情報共有される覚悟があるのなら行ってみるのもいいでしょう。

サイトのメシは美味いのだろうか?・・ダレが作っている?

ははっ♪食いしん坊だよね。さて、レーダーサイトと一言で言っても、いろいろな部隊が置かれており、総務、人事、その他基地全般に関わる事務を行う群本部や、メイン部隊の監視管制隊。それにレーダーを保守整備する通信電子隊がいるのだ。そして、さらに補給、施設、車両、警備、厚生、給食、会計、消防、除雪などといった、サイト運営に関するあらゆる任務を遂行するための「何でも屋さん」が業務隊です。ご飯を作るのも業務隊のお仕事なのです。福岡と佐賀の県境の山頂に位置する背振山分屯基地は、元自衛官で漫画原作者の武論尊氏が勤務した部隊としても知られています。隊員はやはり九州出身者が多く、毎日の食事はできれば郷土の料理が食べたいとの声が多いことから、同サイトの隊員食堂では給養隊員が日々その声に応えているそう。そのなかでも、佐賀の郷土料理とも言える「シシリアンライス」が人気だそう。これはメシの上に生野菜と、いためた牛肉を載せた料理で、佐賀県の喫茶店では定番なんだそうですよ。無論、隊員にアキが来ないようにアレンジもしているようです。ううむ、レーダーサイトと一言で言っても、いろんな役割を持つ部隊がそれぞれ配置されているんだね。どの部隊もサイト運営には欠かせないんだね!

 

そんなレーダーサイト勤務になるには・・・?

レーダーサイトには、幹部の要撃管制員と曹士の警戒管制員が配置されていますが、当然、勤務する隊員は航空自衛隊の中でも高い状況判断能力と機密保持能力を持つ者が選ばれます。航空自衛隊の職種でも戦闘機パイロット同様、最前線ですから、希望者の倍率は高く、なれるのは一握りの適格者だけです。僻地だからと言って、決して島流しなんかじゃ・・・ありません。

レーダーサイトでは殉職事故も起きうる

山の上のレーダーサイトは静かで空気の良い(薄い)高原の別荘地に思えるかもしれません。しかし、これが北海道の奥尻島や当別などの真冬の積雪地なら話は別。敷地内から、サイトに通じる道路までの除雪はもちろん、航空自衛隊の航空施設隊が自前でやっていますが、過去にはあるレーダーサイトで、サイトへ通じる防衛道路の除雪作業において車両ごと谷へ転落するなどして、2名の殉職者も出ています。

レーダーサイトの警備・防衛について・・ダレが警備している?

MOLIBITO[守人] Vol.2 (電撃ムックシリーズ)

MOLIBITO[守人] Vol.2 (電撃ムックシリーズ)

4048678698 | 芦川淳 | アスキー・メディアワークス | 2009-05-18

さて、そんな重要施設であるレーダーサイトの警備ってどうなってるのでしょうか。山の上に戦車がいるのでしょうか。ゲリラ・コマンドゥ攻撃に対してどのような体制を取っているのか、ご紹介いたします。サイトの警備を行うのは航空自衛隊基地警備隊。隊員用には、64式小銃9ミリ拳銃が配備されています。航空自衛隊の基地警備隊が配備する64式小銃には、ダットサイトとフォアグリップが装備されており、なかなかオシャレな”CQB特化仕様”に仕上がっています。しかし、空自には戦車といった戦闘車両は当然無く、陸自と色違いのOD単色カラーになった「軽装甲機動車」が唯一の頼みです。世界的に見ても戦車を持つ空軍というのはおそらく無いでしょうから、特別変Jasdf_lavな事ではありません(むしろ、戦車があるほうが変!?)。当然、陸上自衛隊が貸してくれるわけでもありません。また、普段、陸自隊員が分屯基地内に警備要員として、いてくれるわけでもありません。このため、警備要員は航空自衛隊員(業務小隊)であり、自前で警備しなければなりません。最近になって、陸自と空自合同によるサイト警備訓練が行われるようになりましたが、有事には真っ先に敵の特殊部隊からゲリコマ攻撃によるロケット弾攻撃で壊滅させられる恐れがある重要施設なだけに、今後の防御力向上が期待されています。ただ、空自の大型の地上兵器としては、VADSと呼ばれる対空用の多銃身機関砲があります。いざとなれば(略)作戦です。怖い。なお、航空自衛隊で最強の陸戦部隊は「基地警備教導隊」で、全国の基地警備隊へコンバット・トレーニングを施す一方、有事には空自が自前で空自の関連施設を防護する特殊部隊的活動を行うものと見られています。

まとめ

  1. レーダーサイトAWACSは外国の航空機や弾道ミサイルを監視し、無線の傍受も行っている。
  2. レーダーサイトは要撃管制もする航空自衛隊の分屯基地
  3. レーダーサイトは機密性が高く、一般公開されてもレーダー自体は撮影禁止が多い。
  4. レーダーサイトには任務ごとに各種部隊が配置されている
  5. レーダーサイトの警備は空自が自前で行う
  6. レーダーサイトのごはんは美味しい
  7. 未確認飛行物体がレーダーにとらえられれば、直ちに戦闘機がスクランブル発進を行う
  8. スクランブルのために24時間体制でパイロットは待機している
  9. 侵犯機には国際緊急周波数による呼びかけや、信号射撃などにより、警告を行う
  10. 警告に従わなければ日本の基地に強制着陸させられる

このようにまとまりましたが、日本の空は24時間、レーダーサイトの警戒監視によって守られていることがよく分かったよね。

参考文献 日本防衛秘録/守屋武昌 MAMOR 2013年5月号



スポンサード リンク

あわせて読みたい