自衛隊の車両各種

記事読了までの目安時間: 943

自衛隊 戦闘車両各種

 73shiki_apc_2010_007
名称 概要

74式戦車

退役が進む第3世代戦車ながら、配備数では現在でも90式戦車と同様に陸自の主力戦車だ。

90式戦車(陸上自衛隊)

陸自において国産三代目となる主力戦車。戦車の砲塔内部に主砲と平行に取り付けられた機関銃は固定されているので砲塔や車体を動かして狙いをつける。

87式偵察警戒車

コマツが開発・製造し陸上自衛隊が装備している装輪式車両。調達価格は一両約2億5,000万円とされており、現在までに95両以上が調達されている。

61式戦車

陸上自衛隊が運用していた戦後初の国産主力戦車。2000年(平成12年)、全車が退役している。

73式装甲車

73式装甲車は60式装甲車の後継として1973年に制式化された装甲車。

87式自走高射機関砲

陸自が装備する自走式対空砲で1987年に制式化。搭載する機関砲は、地上目標に対する水平射撃も可能・74式戦車の車体を流用しているが一両あたり16億円でありやはり高価である。かつて陸自ではL-90という35mm2連装高射機関砲を配備していた。

89式戦闘装甲車

兵戦闘車(IFV)である。防衛省は略称を89FV(FightingVehicle)、広報向け愛称をライトタイガーとしているが、部隊内ではFVとも呼ばれる。主武装 90口径35mm機関砲KDE 副武装 79式対舟艇対戦車誘導弾発射装置×274式車載7.62mm機関銃

82式指揮通信車

主に師団司令部や普通科連隊本部、特科連隊本部などに1983年から配備されている。

96式装輪装甲車

自衛隊の装甲兵員輸送車としては初の装輪車両。車体カラーは他の陸自車両と同様の迷彩。写真は車体側面に滝川駐屯地のシンボルマークがつけられた96式。滝川駐屯地の部隊マークは石狩川にひそむ龍をモチーフにしている。自衛隊イラク派遣の際には、重機関銃装備の「B型」がサマワへ持ち込まれた。本来2色の塗料による迷彩塗装はオリーブドラブ一色に改められた。さらに、運転手用のワイヤーカッターや、キューポラの左右に上半身を保護する装甲板を追加する等の改修が行われたという。車体は圧延鋼板による溶接構造で、装甲防御力について防衛省は公開していないが、小銃弾や砲弾破片程度は十分に防御できると推測されている。

 

 自衛隊の汎用車両各種

名称 概要

業務車3号(陸上自衛隊)

業務車3号は、陸上自衛隊の装備。偉い人の移動用車両である。

業務車1号(陸上自衛隊)

業務車1号は隊員の移動や輸送に使用されています。OD色の車体が特徴で実は特注のカラーなんだとか。深いグリーンの塗色は自衛隊の旧型被服や装備品の大半がこの色。とりわけ陸上自衛隊はODが基本色となっている。車両も救急車や消防車など一部を除けば大半がOD。現在では経費節減のためにブラックの塗色で調達されるという。

73式中型トラック

主に陸上自衛隊で使用されている非装甲輸送車両。
写真は後部荷台に12.7mm銃機関銃を搭載した地対空戦闘仕様。

中型セミトレーラ

掩体掘削機を搭載した中型セミトレーラ牽引車

73式大型トラック

陸上自衛隊で使用されている輸送車両。

旧・73式小型トラック

日本国内で生産されていた四輪駆動車で、1970年代当時にジープのライセンス生産を行っていた三菱自動車が、それまで防衛庁向けに生産していた、J-3系やJ-50系をベースとした1/4tトラックの後継車として、防衛庁の要求に合わせて積載量の向上を図り、ミドルホイールベースのJ-24型を改良したものである。

新73式小型トラック

1973年(昭和48年)に採用された自衛隊の汎用小型軍用車両(トラック)である。

高機動車-災害派遣にも使用される汎用人員輸送車両。

トヨタ自動車が開発・製造し、陸上自衛隊が装備している兵員輸送用自動車です。通常、固定武装はないものの、ロールバーに銃架を取り付ける事で、5.56mm軽機関銃MINIMIの搭載が可能。タイヤ空気圧調整装置や撃ち抜かれて空気が抜けても一定時間走行が可能なランフラットタイヤを採用。自衛隊でも比較的新しい車両です。国際平和協力活動用に防弾板を追加したタイプもあり、断熱材仕様の幌を装備しています。

たまに温泉の駐車場に自衛隊のトラックが止まっており、中からは私服の隊員と見られる人たちが降りて来ることがあります。あれはいったい・・・?自衛隊のトラックで温泉へ入りにいくのは税金の横領行為?いいえ。大丈夫。結論から言うと税金の横領ではありません。自衛隊の車両を、隊員および隊員家族の福利厚生(遊び)に使用することは自衛隊法によって認められています。以前、とある県の海岸で親子がにぎわう休日に、隊員たちが自衛隊のトラックでやってきて、荷台からサーフボードを下ろしたところを市民から目撃され「突然自衛隊がやってきて不安になった」とか「税金で買ったトラックを遊びに使っていいのか」などの声が上がったと新聞で報じられましたが、前述したように自衛隊法によって福利厚生目的で車両を使うことは認められているので、法的には「何の問題も無い」というのが結論のようです。それにしても自衛隊のトラックが行楽にも使われるなんて、びっくりだね!もう山奥の温泉宿で自衛隊のトラックが止まってて私服の隊員がおりてきて温泉に入っても、文句を言ったりしないでね!

自衛隊 自走砲各種

名称 概要
75式155mm榴弾砲

陸上自衛隊に配備される自走式の榴弾砲。

60式自走無反動砲

陸上自衛隊に配備される。2008年3月31で引退した「60式自走106mm無反動砲」マメタン(2007年、陸自滝川駐屯地にて)陸上自衛隊の戦後初となる国産戦闘車両「60式自走無反動砲」。通称「マメタン」と呼ばれた戦闘車両の内部は、機械油が染み付いている。時代遅れの計器類が逆に歴史を物語る。戦車に似た形状から隊員らは愛称をこめて「マメタン」と呼んだ。マメタンは陸上自衛隊で1961年の配備以来47年間、全国の部隊で使用されてきた。しかしながら、老朽化や防衛のハイテク化が進み新たな対戦車兵器の導入により2008年3月31日、ひっそりとその役目を終えた。さて、この60式自走106mm無反動砲だが、砲の照準装置が少し変わっている。スポッティングライフルと呼ばれるライフル銃を照準装置として使用するのだ。もちろん、直接照準器も備えてはいるのだが主砲の上に単発式の12.7ミリライフルも搭載されており、これを標的に撃ち込んでから着弾の具合(曳航弾の航跡とも)を見て砲の照準を決めるという。演習訓練のドキュメンタリーにてライフルの射撃を見たことがあるが乾いた音を残して12.7ミリが撃ち込まれ標的付近に土煙が上がった直後、一瞬の間をおいて大音響が響き、106ミリの砲弾が標的に撃ち込まれていた。しかし、主砲の有効射程距離が7000Mであるのに対し、スポッティングライフルの射程は1000Mであったために、遠距離の敵に対する砲撃は事実上不可能であったという。色々と運用上の制約があった装備だが、北の守りを支え続けた豆戦車の偉大な功績を隊員たちは忘れることが無いだろう。

99式155mm榴弾砲

陸自の装備。。

203mm自走榴弾砲

陸自の装備。

67式ロケット弾発射機

陸自の装備。

96式自走120mm迫撃砲

愛称「ゴットハンマー」本車両はフランスのTDA社が開発した高性能砲、自衛用に12.7ミリ重機関銃を装備。北海道第七師団だけの地域限定商品である。車体の元は87式砲側弾薬車。普通科最大の火力装備であり射程距離は8キロ。将来的には16キロを超える誘導弾の開発も。砲弾の装てんは隊員が手動で行う。前方へ向かって撃つことは不可能。数回撃ったら探知される前にすぐに移動して別の位置でまた攻撃開始。400馬力を生かして迅速な機動が可能。とはいえ時代遅れな装備とされている(三推社 「陸自マニア」より)

自走多連装ロケット弾発射機 Multiple Launch Rocket System

227 mm ロケット弾12連装発射機(再装填時間: 8分)

地対空誘導弾車両
88式地対艦誘導弾
74式105mm榴弾砲

 その他車両

名称 概要
 坑道掘削装置 坑道掘削装置(こうどうくっさくそうち)は、坑道(トンネル)を掘るために使用されます。民生品であり、民生品での正式名称は「MRH-S100型ロードヘッダ」。北海道では第301坑道中隊(南恵庭駐屯地) および岩見沢に駐屯する第302坑道中隊が使用している。
 軽レッカ 陸上自衛隊の装備。主に普通科連隊(整備班)や後方支援連隊の整備大隊等に配備され、整備などに使用される。ベース車は73式大型トラック。
 航空機牽引車 自衛隊で航空機の牽引に使用されている車両。陸上自衛隊と航空自衛隊ではOD色に、海上自衛隊では黄色に塗られている。目立たないが縁の下の力持ちとはまさにこの車両のこと。
 81式自走架柱橋 陸上自衛隊の施設科に配備される。河川など車両が通行できないような箇所に迅速に橋を設置することが出来る。
 91式戦車橋 5分弱で架橋作業完了! 陸上自衛隊の施設科に配備される。
 87式砲側弾薬車 陸自野戦特科の装備。野戦特科部隊に所属し、203mm自走りゅう弾砲の給弾を行う。自衛用の12.7mm重機関銃M2を備える。前部の窓ガラスは、シャッターによって爆風や銃弾から守られる。
 滑走路用除雪車 駐屯地内の滑走路用に使用される除雪車両。
 野外支援車 陸自の装備。通称「トイレカー」。電磁波を利用して汚物を加熱処理する方式。加熱処理したものは灰となるためそれを廃棄する。日本は地震大国と言われている。移動式のトイレカーは災害派遣でもかなり重要な車両だろう。

 

自衛隊 土木・工事車両総合ページ 主に施設科の車両です

名称 概要
 トラッククレーン 主に施設科に配備される。
 75式装甲ドーザー 陸自に配備される装甲付ブルドーザー。戦車や装甲車を社会的配慮から投入できない事案の際は柔軟に活躍してくれそうだ。だって戦車じゃないもん!装甲車でもないもん!違うもん!武器ないもん!現在は施設作業車に更新中。製造は小松製作所。毎年行われる駐屯地記念祭での訓練展示では地雷原破壊後の地ならしに活躍する75式だがそのフォルムからは予想できないほどの高速で動き回る姿に観客から多数の驚きの声が漏れるのである。ほかにも陸自には中型ドーザ(リモコン装置付)という各種の土木作業を行う車両がある。人間が運転席で操縦することで動かすが、無人でリモコンで動かすことも可能。75式は装甲で人員を守るが、中型ドーザは危険な場所では思い切ってリモコン操作によって人員を守る。


スポンサード リンク

あわせて読みたい